派遣の悩み

派遣とアルバイトの違いを解説【将来を見据えて派遣がおススメです】

派遣とアルバイトの違いを解説【将来を見据えて派遣がおススメです】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣とアルバイトって何が違うの?どっちの働き方がおすすめ?

 

結論からいうと、将来を見据えて働きやすさを調整できる派遣がおススメです。

ただ、一概にみなさんが派遣の働き方に合っているとはいえません。みなさんがどんな働き方をしたいのか、どんな仕事をしたいのか。

 

それに対して、派遣とアルバイトではどんな違いがあるのか。ここを本記事で解説していきます。

 

派遣とアルバイトの違いを解説

派遣とアルバイトの違いを解説アルバイトのことは熟知しているかと思います。なので、派遣を多めに解説していきますね。

 

アルバイトは責任の程度が低く、就業しやすい

大まかにいえばこんな感じかなと思います。↓↓

  • 責任の程度が低い
  • 就業しやすい
  • 給料が低めの傾向

 

まずは、責任の程度が低いことが特徴ですよね。

 

業務内容も限られてきますし、結果を求められることも少ないはずです。

正社員からアルバイトに移ってしまうと、責任の軽さから正社員へ戻れないなんて人は多くいますよね。

 

コロナ影響で採用枠が減った職種もあるかと思いますが、派遣や正社員よりかは就業しやすいですからね。

応募も簡単、面接もほとんどが1回のみ。でも、アルバイトは良いことばかりじゃないですよね。

 

残念ながら、給料は低めの傾向があります。最低時給のところも少なくないですね。

派遣はそれに比べるとかなり高めになりますね。ということで、派遣の特徴について解説していきます。

 

派遣は就業条件が緩い正社員のイメージ

派遣の特徴はこちら。↓↓

  • 責任の重さが正社員と近め
  • 時給が高め
  • エージェントがサポートしてくれる

 

派遣のイメージは働き方を緩くした正社員って感じです。勤務日数、勤務時間、業務内容などを調整して働けるのが派遣の大きな特徴。

ただ、アルバイトというよりは派遣のほうが経験やスキルを求められます。

 

もちろん、無資格や未経験で就業できる派遣の求人もありますが、アルバイトよりかは仕事に対する責任は大きくなってきます。

 

ただ、その分時給は高めの傾向となっています。

 

職種にもよりますが、同じ施設で働いていてもアルバイトより400円以上高いなんてことはよくあります。

経験やスキル次第で交渉も可能なので、そこはアルバイトよりも期待できるんじゃないかなと。

 

何よりも自分でその交渉をしなくて良いのが大きなメリットです。派遣先が決まれば、それ以降は派遣営業もしくはエージェントの担当がつきます。

彼等がしてくれるのは主にこちら。↓↓

  • 契約更新の交渉
  • 時給や勤務日数などの就業条件の交渉
  • 仕事内容で派遣先に改善してほしいことの交渉

 

自分から時給の交渉をしたいなんて人は滅多にいないはず。

派遣営業との相性もあるかと思いますが、彼等を上手く利用すれば働きやすさを追求することが可能です。

 

ただし、派遣営業が派遣先に打診したりなど、就業まではアルバイトよりも時間がかかる傾向なので、そこだけ少しばかりの我慢がいりますね。

差としてはアルバイトよりも1週間から3週間くらい時間がかかります。

 

結論:皆さんの求める働き方次第だけど派遣はおススメ

簡単にまとめてみます。派遣とアルバイトで差が出るのはこちら。↓↓

  • 時給
  • 責任の程度
  • 就業までにかかる時間

 

ここを比較して、どちらが良いのか、どちらが自分の求める働き方と合うのかを考えてみましょう。

アルバイトもいいですが、いずれ正社員に戻りたいのであれば、派遣のほうが職歴的に格好はつきますね。

 

個人的には、派遣営業の経験があるので派遣にチャレンジしてみても良いんじゃないかなと思いますね。

ということで、もう少しだけ派遣に特化したお話をしていきます。

 

派遣でチャレンジしてみるのもアリです

派遣でチャレンジしてみるのもアリです経験やスキル、資格などがアルバイトよりも重視されますが、その分、職歴的にはアルバイトよりも今後に活きてきます。

元派遣営業として、少しだけ真実をお話して終わりたいと思います。

 

派遣で苦労すると言われていることの真実

まず、よくある派遣の苦労話をご紹介します。それがこちら。↓↓

  • 派遣営業もしくは面接官と合わない
  • 就業地を紹介して貰えない
  • 契約更新が続くのか怖い

 

まず、面接官や担当の派遣営業と波長が合わないなんてことがあり得ます。

 

スタッフ満足度の高い会社でも全員が人柄的に優れているわけではありません。人と人が関わることなので、正直仕方のないこともあります。

 

でも、同じくらい派遣営業と合う可能性もあります。

 

アルバイトの面接官や上司、先輩にも同じことが言えますが、こればっかりは受けてみないと分からないのが現実ですね。

また、就業地を紹介して貰えないなんてことも起こり得ます。双方の条件が不一致だったり、派遣先が充足というパターンは多め。

 

応募した人全員を紹介できるわけじゃないですし、経験やスキルが乏しければ応募した派遣先以外も難しい可能性は高いです。

もちろん、応募する求人にもよりますけどね。

 

そして、派遣で働いたことがない人が特に不安に思うのが契約更新について。

 

3ヵ月更新とか半年更新とかって聞いたことがあるかもしれません。有期雇用だからこそ、短期間の契約を更新していくことを不安に感じやすい。

 

でも、意外と更新は続いていくもんなんだよっていうのがリアルな意見。

 

元派遣営業時代は、更新していく人の方が圧倒的に多かったです。もちろん、こんな理由で契約更新をストップしたときもありました。

  • 派遣先が求める勤務姿勢、能力に追いつかなかった
  • 派遣先でトラブルを起こしていた

 

期限が決まっていない派遣の場合は、基本的に更新は続いていきます。問題なく仕事ができて、人間関係も問題なければ滅多なことがない限り継続です。

なので、あまり警戒しなくていいんじゃないかなと思いますね。

 

派遣で働くメリットは3つ

本記事の前半でお話した部分ですね。

メリットもあるんだよねって再確認してほしいのがここの部分です。具体的には下記のこと。↓↓

  • 時給が高め
  • 職歴受けがアルバイトよりも良い
  • 時給上げなどの交渉を派遣営業がしてくれる

 

全てが思い通り、希望通りに進むことはありませんが、このメリットに期待してチャレンジしてみるものアリかなと思います。

経験や資格がなくても働ける職種もありますので、ぜひ求人を探してチャレンジしてみてくださいね。

 

おすすめの派遣会社2つ

最後に、おすすめの派遣会社2つご紹介して終わります。それがこちら。↓↓

スタッフ満足度を重視する方向け→テンプスタッフ

求人数の多さを重視する方向け→マイナビスタッフ

 

テンプスタッフに関しては、女性の応募者であれば、まずはここを活用してみるのがおすすめです。

女性に特化されていて、毎年スタッフ満足度でトップ争いをしていますからね。求人数も多いですし、派遣会社としてはかなり大手です。

 

マイナビスタッフに関しては、求人数の多さと、有名企業の求人が多いところが大きな特徴です。

まだどんな職種に応募したいのかが決まっていない方に特におすすめですね。正社員を見据えた紹介予定派遣なんてのも多いですから。

 

働き方を調整しやすく、時給も高い派遣でぜひチャレンジしてみてください!本ブログでは派遣の面接対策なども解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!