派遣の悩み

派遣先を全然紹介してもらえない理由を解説【結論:諦めが大事です】

派遣先を全然紹介してもらえない理由を解説【結論:諦めが大事です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を、複業で転職ブログを運営しています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣会社から全然案件を紹介してもらえない。どうしたらいいの?

 

結論からいうと、派遣会社から全然紹介してもらえないときは諦めが大事です。

この状況だと粘っても紹介して貰える可能性は低いですし、就業を急いでいるなら尚更諦めが大事。

 

でも、これだけだとちょっと説得力に欠けるかなと思うので、派遣営業経験を基により詳しくお話していきますね。

派遣会社から全然紹介してもらえない理由

派遣会社から全然紹介してもらえない理由派遣営業経験から正直にお話すると、派遣会社から全然紹介してもらえない理由は主に下記の3つです。↓↓

  • 所有案件が充足している
  • 派遣会社から評価が悪い
  • 所有していない案件を求めている

 

所有案件が充足していると期待できない

派遣会社によって紹介可能な案件数は異なりますが、タイミング次第でこれらが全て充足している可能性があるんです。

つまり、応募してもご紹介してもらえないということですね。

 

「いや、そんなことあるの?!」って思うかもですが、僕も派遣営業として経験済みです。

応募者の希望もあるので、所有している全ての案件が対象になるわけじゃないですけど、特定の地域のものが全て充足とかはよくある。

 

紹介したいのに所有案件が充足している状況は、派遣営業としてもかなり損。

なので、これって実はとても分かりやすくてですね、面接の際に下記の様な対応をすることが特徴となります。↓↓

  • 通勤時間の許容範囲を聴いてくる
  • 他の案件の説明もされる
  • 応募案件の厳しいことばかり話す

 

露骨に他の案件を紹介してくるときもありますし、通勤時間の許容範囲を聴いてからじわじわと話しを詰めていくるときもある。

充足じゃないときはストレートに応募したところしか話さないのでかなり分かりやすいはずです。

 

ちなみに、「充足なのになんで求人を掲載しているんだよ」って思うかもですが、理由としては主に3つくらいあります。↓↓

  • 派遣登録者数を増やす目的
  • 他の案件に流す目的
  • 空きが出るか微妙な状況

 

派遣の釣り求人について気になる方は下記の記事で解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

派遣の釣り求人に関してまとめた記事はこちら

 

派遣会社からの評価が良くない可能性もある

派遣会社や応募した派遣先によって求める人材像は変わってきます。資格や経験、業務に対する耐性などが評価対象ですね。

派遣会社から全然紹介してもらえないときは、ここで良い評価を貰えなかったのが理由かも。

 

これは応募者の方が悪いというわけではなく、あくまでも相手が求めている人材像と合わなかったということ。

なので、ここで落ち込む必要はありません。

 

次は自分の特徴と求められている人材像がマッチングするような求人に応募すればOKですし、多少歩み寄りすれば派遣の高評価は簡単に取れます。

ただし、注意点が1つだけあります。

 

それは人柄の印象だけはぶれないようにしようってことですね。

挨拶や面接中の態度、相槌や声のトーンなどは面接官もかなり見ています。ここの評価が良くないと派遣先に紹介してもクレームを受ける可能性大。

 

それならそもそも紹介する必要はないよなってなりますよね。そんなに難しいことはありませんので、ちょっと意識して面接に臨んでみてください。

これだけで採用率は大きく変わりますからね。

 

所有していない案件を求めている

派遣会社が受注していないところでの就業を求める場合、大体下記の2パターンが起こり得るかなと思います。

  • 紹介してもらうまでにかなりの時間がかかる
  • そもそも紹介してもらえない

 

どちらの状況になるかは派遣会社と営業担当次第。

営業さんのやり方にもよりますし、その時の忙しさとかにもよってきますよね。新規取引の場合、派遣会社と派遣先で契約するまでに早くても1ヶ月。

 

長ければ3ヵ月くらいの時間がかかる場合もあります。

なので、基本的には面接時点で紹介先があるのか、既存先で今後空きが出る可能性があるのかをヒアリングしておくことが大事ですね。

 

紹介してもらえないときは諦めが大事です

紹介してもらえないときは諦めが大事です本記事の結論は上記の通り。

紹介してもらえない状況で応募者が粘っても上手くいくことは本当に極稀。基本的には諦めが大事だよねって考えが良きですね。

 

ずっと探してくれる営業はいないです

派遣営業は法律で応募者に対して紹介先を探す努力をしなければならないと決められています。

「だけど、それって具体的な数字とかないよね」っていうのが派遣営業の本音かなと思います。

 

他にもやらないといけない仕事はありますし、一人の応募者に対して何十件もテレアポとかはしていられない。

応募者としても、2ヵ月、3ヵ月も待っているのは時間がかなり勿体ないですよね。

 

なので、お互いにとって粘りすぎは良くないので、ある程度紹介先を探したところで派遣営業としても諦めの線引きをします。

 

じゃあ、どのくらいの期間で線引きをされてしまうのかというと、おそらくどの派遣営業でも1~2週間。

よくあるのは、「面接から1週間以内に連絡がなければ不採用として考えてください」というセリフですね。

 

目安は1~2週間。それ以降はキッパリと諦めるのが大事です。

 

他の案件のタイミングを逃さないことが重要

派遣で就業をしたいのなら、2ヵ月といわず2週間でも待つのは勿体ないです。

なぜかというと、派遣の転職は正社員のときよりもタイミングが大切になってくるから。本当に人が欲しくて、それに適した応募者がいるならどんどん紹介を進めていきます。

 

なので、基本的に可能性が低い状況で待つことは損でしかない。

キッパリと諦めて他の案件に応募する。もしくは他の案件を同時並行で進めていくなどをして、他の案件のタイミングを逃さないことが大事になってきます。

 

いち早く就業先を探したいのなら、尚更複数エントリーはしておくべきですね。

なんで複数エントリーをする必要があるのかについて解説した記事もありますので、気になる方は読んでみても良いかもですね。

派遣の複数エントリーが欠かせない理由をまとめた記事がこちら

 

まとめ:ささっと諦めて次に期待しよう

面接時に紹介してもらえそうな雰囲気がないのなら、ささっと諦めていきましょう。

派遣会社はそこだけじゃないですし、探したら意外と良いかもって思える求人があるものです。

 

もしかしたら、派遣先は同じでも、派遣会社を変えたら採用されたなんてこともありますからね。

良いことに期待しながらレベルアップをして、どんどん応募していきましょう。

 

ちなみに、おすすめの派遣会社については下記の記事でまとめてありますので、他の派遣会社を利用する予定なら一読の価値はあるかなと思います。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

もし、記事を読んでいられないという方は、下記からおすすめの派遣会社へ直接飛ぶこともできます。↓↓

リクルートエージェント:エージェントの営業力を生かしたい方向け

マイナビジョブ20’s:転職初心者やヒアリングを重視してほしい方向け

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!