派遣の悩み

派遣で複数エントリーが必須な理由3つ【派遣営業経験者が解説】

派遣で複数エントリーが必須な理由3つ【派遣営業経験者が解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を、複業で転職ブログを運営しています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣の仕事に応募したんだけど、複数の派遣会社とか案件にエントリーしてもいいの?

 

結論からいうと、派遣で就業を目指すなら複数エントリーは必須になってきます。

複数エントリーすることで採用の可能性が高まり、より良い派遣会社で雇用され、より良い派遣先と出会える可能性が高まる。

 

タイミングがより重要な派遣の転職だからこそ、多少面倒でもしておくと良いかなと思いますね。

派遣で複数エントリーが必須な理由3つ

派遣で複数エントリーが必須な理由3つ複数エントリーが必須な理由は下記の通りですね。

  • 派遣会社次第で待遇が変わるから
  • 求人から分かることはほんの一部だから
  • 選考に時間がかかる可能性があるから

 

派遣会社次第で待遇が変わります

派遣の仕事に応募する際に、複数エントリーをしておくべき一番の理由が上記の通りです。

時給や手当の有無、昇給の可能性など、働く上で欠かせない待遇条件は派遣会社次第で大きく変わってきます。

 

たとえば、時給に関して言えば、同じ派遣先であっても派遣会社によっては200円以上差があることもよくあります。

年収で計算すれば20~30万くらいは差が出てきますね。

 

派遣会社ごとに時給の差が出てしまう理由は下記の通り。↓↓

  • 派遣先にとって重要な取引先になれているかどうか
  • スタッフよりも自社の利益を優先しているかも
  • 派遣会社の営業の交渉力の差

 

スタッフを大事に考えるところもあれば、自社の利益を最優先に考えるところもある。

これは一社に縛っていたら中々気付くのは難しいです。だからこそ、複数の派遣会社にエントリーして比較することが大事になってきます。

 

求人から分かることはほんの一部でしかない

転職では求人だけでは実際の内容は分からないことが多いのですが、派遣は更に内部が見づらくなっています。

これは派遣営業の経験があるからこそ分かること。

 

たとえば、求人を出す際、1件ごとに必ず変更するのは下記のこと。↓↓

  • 具体的に任される仕事内容
  • 時給
  • 勤務時間、曜日

 

上記のこと以外は、基本的に他案件と同じ文章を使って貼り付けています。

なので、たとえば、具体的にどんなスケジュールで仕事をしているのか、どんな人が働いているのか、派遣先はどんな雰囲気なのか等が分からないわけです。

 

求人には、わざわざ応募者がネガティブになる情報は入れませんし、面接で聞かれたら答えるというのがほとんど。

良い求人があったからその派遣会社1社に絞るというのはリスクが大きいんですよね。

 

転職はタイミングが大切ですので、逃がさないためにもここのリスクは避けておくのが良いかなと思います。

 

選考に時間がかかる可能性がある

派遣の選考は下記の段階に分けられます。↓↓

  1. 派遣会社と面談、登録
  2. 派遣先へ打診、提案
  3. 三者の顔合わせ
  4. 採用確定、入職手続き
  5. 勤務スタート

 

派遣先にもよりますが、派遣会社との登録面談から勤務開始までに早くても1ヶ月~1ヶ月半くらいはかかります。

経験上、どんなに採用したい人物でもこのくらいはかかっていましたね。

 

だけど、遅いところだと2、3ヵ月待たせてやっと紹介なんてところもあります。

それまでの連絡が遅かったり、応募者から連絡しないと返事をしてくれない派遣会社もあったりします。

 

何度も言いますが、派遣の就業はタイミング命です。

にもかかわらず、派遣先への提案が通ったのか、それとも無理だったのかに何週間も待っていられません。

 

派遣会社を1社に絞ってて、これだけ時間のロスをしてしまえば、他の派遣会社の案件も充足になってしまう可能性は大です。

こんな馬鹿馬鹿しいことはないですからね。

 

リスクを避けるためにも、複数エントリーが望ましいです。

 

派遣で複数エントリーする際の注意点

派遣で複数エントリーする際の注意点派遣で複数エントリーするのはもちろんOKですし、より良い派遣先で就業を目指すなら必須かなと思います。

ただし、下記の2点には注意が必要です。

  • 派遣会社には最低限のマナーでOK
  • 派遣の選考スピードを理解しておくこと

 

派遣会社には最低限のマナーでOK

複数エントリーをすることで心配なことがいくつかあると思います。たとえば、面接の段階で複数エントリーしていることを正直に話した方がいいのかどうか。

これには選択肢が2つあります。

 

まず、1つ目が正直に話す場合。正直に話すことも大切ですが、正直に話したからと言って人柄面で大きく評価されることはありません。

「他も受けてるんだ…。どっちが優先なんだろ」って思われるのがほとんど。

 

なので、正直に話す場合は、「御社の案件を第一優先に考えています」と伝えてあげてください。これだけで面接官はかなり安心します。

もちろん、みなさんが興味のある案件ならですよ。

 

逆に、正直に話さないのなら、それはそれでOKです。

ただし、派遣会社が困ることは避けられませんので、できるだけ早く状況を報告してあげましょう。

 

こんな感じで、派遣会社には最低限のマナーができていればOKです。

他のサイトでは企業が運営しているところがほとんどなので、中々正直にならなくてもいいよとは言っていないかもしれません。

 

でも、一番大切なのは働く側のみなさんが納得したお仕事に就くことですからね。

変に派遣会社に気を遣わなくていいので、最低限のマナーをもって対応してあげましょう。

 

派遣の選考スピードを理解しておくこと

派遣会社の選考に関しては先ほど下記の通りとお伝えしましたね。↓↓

  1. 派遣会社と面談、登録
  2. 派遣先へ打診、提案
  3. 三者の顔合わせ
  4. 採用確定、入職手続き
  5. 勤務スタート

 

複数エントリーすることは比較対象もできるのでめちゃくちゃ良いこと。だけど、日程の調整などで苦戦する可能性も出てきます。

なので、面接に行ったときに必ず選考のスケジュールを確認しておきましょう。

 

他の派遣会社にエントリーしているかと思われるかもですが、そこは「早めに仕事に就きたいので」と答えておけば大丈夫。

逆に、面接官から「1週間後までに連絡がなければ不採用で」と言われたら、それは不採用の可能性がかなり高い。

 

どちらにせよ得られる情報としては価値が高いので、聴いておくと他にエントリーした方を進めやすくなりますし、精神的にも落ち着けます。

忘れずに、必ず聴いておきましょうね。

 

まとめ:派遣で複数エントリーはしたほうが良い

複数エントリーしてもOKというより、したほうが良い。これが本記事の結論ですね。

採用の可能性を高め、より良い派遣会社で雇用され、より良い派遣先で就業をしたいのであれば必須になってきます。

 

個人的には、下記の派遣会社は登録や面談をしておいて損はないかなと。

大手だからこその求人数の多さと、派遣先に大手が少ないからこそ仕事が決まりやすいのと、スタッフ満足度で毎年上位にくる派遣会社の3つ。↓↓

求人数の多さを重視→マイナビスタッフ

仕事の決まりやすさを重視→派遣のお仕事探しはジョブリンク

スタッフ満足度を重視→テンプスタッフ

 

どの派遣会社であっても、どんな営業担当がつくかどうかは面接まで分かりませんし、営業担当も同じ人間なので合う合わないはあるかと思います。

そういう意味でも複数エントリーは絶対にしておいた方が良いですからね。

 

おすすめの派遣会社についてさらに詳しく知りたいという方は、下記の記事でまとめていますので良かったら参考にしてみてください。↓↓

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!