派遣の悩み

派遣の求人でずっと掲載されている仕組みを解説【元派遣営業が語る】

派遣の求人でずっと掲載されている仕組みを解説【元派遣営業が語る】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣の求人に応募しようと思ってるんだけど、ずっと掲載されてる釣り求人って本当にあるの?何に注意しないといけないの?

 

結論からいうと、ずっと掲載されている求人だからといって、派遣登録者数を伸ばすための釣り求人とは限りません。

ずっと掲載されている派遣の求人の意味と仕組み、そして何に注意しなければならないのかを元派遣営業の経験から解説します。

ずっと掲載されている派遣求人の仕組み

ずっと掲載されている派遣求人の仕組みずっと掲載されている派遣求人だからといって、悪質なものと決め付けるのはかなり勿体ないです。

そうじゃない場合もあるんだよっていうリアルをお話します。

 

派遣登録者数を増やす目的の釣り求人は存在する

とはいえ、まずはここの存在をハッキリさせておきましょう。

世の中には確かに派遣登録者数を増やす目的の求人は存在します。数は少ないですが、これは事実です。

 

派遣登録者数を増やして、アピールできる実績を作って、他の案件に紹介できる人は紹介していく。

釣り求人から応募者が10人集まって、2人紹介できればラッキーって感じ。

 

ただ、これは法律的にアウトでありながらも、人を釣る求人だと証明するのがとっても難しい。

なぜなら、派遣会社としては逃げる理由を簡単に作れるからなんです。

 

たとえば、こんな理由で逃げることができます。↓↓

  • 応募条件に満たさない職歴だったから
  • 派遣先が求める人材像ではなかったから
  • 他社から紹介されたこともあり、派遣先が充足となったから

 

ただ、あとで詳しくお話しますが、上記の理由はめちゃくちゃよく起きることでもあります。

 

なので、元派遣営業の目をもってしても判別は難しいので、応募者だと尚更難しいんですよね。

でも、本当に釣り求人じゃない場合なんてあるのかっていうのを次に解説します。

 

よくあるずっと掲載されている派遣求人の特徴

釣り求人じゃないけど、ずっと掲載されている派遣求人にはこんな特徴があります。↓↓

  • 単純に人が集まらない
  • 人の出入りが激しい
  • 緊急的に人が欲しい場合がある
  • 受注して掲載したけどずっと忘れている求人

 

僕が働いていた派遣会社では、このパターンがかなり多かったです。個人的に一番多かったのが下記の2つ。↓↓

  • 単純に人が集まらず、派遣先に紹介できていない
  • 人の出入りが激しい

 

条件は悪くないはずなんだけど、なぜか人が集まらない。

ずっと掲載して、何回も更新しているのに人が集まらない。こういう求人は意外と多いんですよね。

 

僕も担当していた案件のうち、3割くらいはそういう求人がありましたね。

 

個人的にもう1つ多かったのが、人の出入りが激しい派遣先の求人です。

半年の中で3人派遣先に紹介したら、3ヶ月以内に2人は辞めてしまう。そんな派遣先の求人は人材枠の確保をするために、ずっと掲載していることが多いです。

 

他の案件に紹介するためにずっと掲載している求人以外にも、パッと見ただけでは判別がつかないような上記のような求人もあるわけですね。

僕が派遣営業として働いていたときは、圧倒的に上記のような求人が多かったです。

 

結論:ずっと掲載されているから悪質とは限らない

結論、ずっと掲載されている派遣求人だからといって、悪質と決め付けることはできませんし、何より決め付けてしまうのはめちゃくちゃ勿体ない。

 

僕が担当していた求人みたいに、応募してみればめちゃくちゃ歓迎されるものもあったりします。

知り合いも紹介してよ~ってこともあるかもしれません。

 

でも、当然ながら、釣り求人である可能性もあります。これだったら正直仕方ないかなと思います。

元派遣営業として無責任かもしれませんが、派遣ほど人の流れが激しいものはないですからね。

 

なので、そうならないように、出来る限りの対処をしておきましょう。ここからが大事なところですね。

 

ずっと掲載されている派遣求人の対処法

ずっと掲載されている派遣求人の対処法こちらも結論からいうと、釣り求人である可能性と、そうでない可能性の両方に対応できるようにしておく必要があります。

その為にできる最善のことをお話して終わりたいと思います。

 

結果が出るまで見分ける方法はないです

残念ながら、元派遣営業の目をもってしても、釣り求人であるかどうかを見極めるのは困難です。

つまり、結果が出るまでは見分ける方法はないってことですね。

 

もちろん、地域の相場よりも遥かに好条件の案件なんかはめちゃくちゃ怪しいですよ。他の派遣会社と比較すると時給の差が300円くらいあるとかですね。

※時給の差で考えるなら100~200円の差はあり得ます。

 

でも、こんな案件だって真っ当に人を紹介している可能性もありますし、派遣会社がただの交渉上手だっていう場合もあります。

なので、申し訳ないですけど、一概には断言できないのが本音ですね。

 

じゃあ、どうすればいいのか。それが次にお話する満足度の高い派遣会社から選ぶという対処法です。

 

満足度の高い派遣会社から選ぶことが大切です

派遣会社って全国に3万以上もあるってご存知でした?

みなさんが知っているような大手から、地域密着の企業まで3万以上も派遣会社は存在しています。

 

でも、満足度の高い派遣会社というのは、この母数の中でも2~3社くらいしかありません。

 

もちろん、満足度の高い派遣会社であっても、人と人が関係したビジネスなので、どうしても合う合わないはあります。

でも、派遣営業や会社としての誠実さの平均が高ければ必ず満足度に現れます。

 

ということで、おすすめの派遣会社がこちらです。↓↓

テンプスタッフ:スタッフ満足度を重視する方向け

マイナビスタッフ:有名な会社や求人数を重視する方向け

 

女性から圧倒的に支持されている派遣会社

女性であれば派遣会社は一択なんじゃないって思うくらい女性から支持されているのがテンプスタッフです。

 

女性からの支持が凄い理由は、派遣社員や応募者へのフォローアップが他社よりも優れているから。

たとえばこちら。↓↓

  • 応募した案件に受からなくても他の派遣先を紹介してくれる
  • 派遣先を変えたいときに転職先を提案してくれる
  • 日々のフォローが丁寧な営業さんが多い

 

正直、派遣営業は多くの応募者や在籍者を抱えるので、対応が雑な営業さんのほうが圧倒的に多いです。

全く会いに来てくれない営業であったり、交渉事に尽力してくれない営業だったり。

 

でも、テンプスタッフの凄いところは、ここの評価が毎年圧倒的に高いということなんです。

 

実際に、派遣営業時代にテンプスタッフで雇用されていた方を面接したことがありますが、噂通りのスタッフへの尽力っぷりでした。

毎年スタッフ満足度で上位を争っていることが表に出ている企業なので、派遣営業として求められる能力や人柄も高いんですよね。

 

なので、女性であれば、まずはこちらの派遣会社を使ってみるといいんじゃないかなと思いますね。

テンプスタッフ:スタッフ満足度を重視する方向け

 

求人数がめちゃくちゃ多い派遣会社

ブランド力があると知っている安心感も出てくるので、人の集まりやすさがかなり変わってきます。

これは応募者でもそうですが、求人を依頼する派遣先も同じことが言えますね。

 

つまり、ブランド力がある派遣会社はそれだけ抱えている求人数も多いんだよってことですね。

つまり、みなさんの選択肢が増えるということ。

 

選択肢が増えれば就業の可能性も高くなってきますし、何よりブランド力があるからこそ、交渉力も自然と高くなってきます。

例えば、給料の交渉や勤務日数の調整など、ブランド力があれば最初から有利な立場で交渉の席に立てます。

 

そんな派遣会社がマイナビスタッフというところですね。

他の派遣会社では掲載されていないような企業も多いので、求人探しの際は、他の派遣会社を併用してでも使ってみると良いかなと思います。

 

せっかくの可能性を狭める必要はありませんからね。

マイナビスタッフ:求人数の多さを重視する方向け

 

まとめ:派遣会社選びから釣り求人を避けよう

釣り求人を判別することは難しいので、そもそもの派遣会社選びから対処しておきましょう!というのが結論になります。

 

考えすぎてタイミングを失うというのは勿体ないですからね。派遣は人の流れがかなり激しい。

だからこそ、1週間や2週間の応募のズレが明暗を分けることもあります。

 

注意しながら、しっかり行動していきましょう!

 

本記事でご紹介した派遣会社

スタッフ満足度を重視する方向け→テンプスタッフ

求人数の多さを重視する方向け→マイナビスタッフ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!