派遣の悩み

無期雇用になると給料上がる?下がる?【経験者が昇給のコツを解説】

無期雇用になると給料上がる?下がる?【経験者が昇給のコツを解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
無期雇用へ転換するときに給料は上がる?下がる?上げたいときはどうしたらいい?

 

結論からいうと、無期雇用転換を理由に時給を上げるのはかなり難しい。派遣営業側を経験しているからこそ、ここの難しさが分かります。僕はかなりスタッフの時給上げに協力的でしたが、無期雇用のときに時給上げをしたことはないんですよね…。

本記事では時給上げが難しい理由と、どうすれば時給を上げられるのかについて解説していきます!【読了時間:4分】

完全無料&個人情報不要で派遣に関するお悩み相談受付中

面接、顔合わせ、在職中、退職、どんな悩みでもOK!悩みをササッと解決していきましょう! 詳しくはお悩み解決ページから!

派遣のお悩み解決ページ【完全無料&個人情報不要】

 

無期雇用になっても給料が上がらない理由2つ

無期雇用になっても給料が上がらない理由2つ無期雇用に転換できても給料が上がらない理由は下記の通り。↓↓

  • 派遣会社側の費用が増えるから
  • 無期雇用に転換するだけ悪くないから

 

無期雇用だと派遣会社側の費用が増えている

無期雇用になれても時給が上がらない一番の理由が「派遣会社側の費用が増えているから」です。

無期雇用の特徴は、派遣先を変更する際に働いていなくても給料が何割か支給されること。もしくは派遣会社次第では時給から月給へ切り替わったり、派遣会社の正社員と同じ待遇になることもあります。

 

「この費用があるんだから時給は上げられませんよ」というのが大抵の派遣会社の意向なわけです。

このタイミングで派遣会社は派遣先へ請求額を上げていることがほとんどですが、それでもスタッフさんへ還元してくれるところはほとんどありません。

無期雇用時に時給制のままなのか、月給制に変わるのか、派遣会社の正社員と同じ待遇になるのかは派遣会社次第です。

賞与や今後の待遇にも関わる大事な問題なので、早めに確認しておきましょう!

 

派遣会社は無期雇用に転換するだけ悪くないと考えている

派遣会社は「無期雇用に転換するだけいいでしょ?」と思っていることが、無期雇用転換時に時給が上がらない2つ目の理由です。

これは慰めに聞こえてしまうかもしれませんが、確かに無期雇用に転換してくれるだけ悪くはないんですよ…。

 

というのも、もっと酷い派遣会社だと「無期雇用転換前に違う派遣先へ飛ばす」とか「無期雇用転換する代わりに時給下げます」とかもあり得るんです。

実際に僕も、上記のようなことをされているという悩み相談を受けたことがあります。

 

そして、「時給が変わらず無期雇用化されるのは良くも悪くもない」ことを派遣会社側も理解した上で対応していることが多い。

だからこそ、このタイミングで時給は上げられませんと言われてしまうわけですね。

 

派遣営業時代の体験談

派遣営業時代の僕はどうしていたのかというと、やはり無期雇用化するタイミングでは時給を上げることはありませんでした。

とはいえ、スタッフさんから時給上げしてくれとお願いされたことは一度もありません。

 

なぜなら、1年ごとに出来る限り時給を上げていたから。多いときは50円くらい上げていましたし、どんなに少なくても20円くらいは上げていました。

ただ、大手のようにふざけたマージン設定ではなかった分、派遣先からの請求額が上がらなかったときは我慢してもらいましたけどね。

 

結論:無期雇用転換を理由に時給上げは難しい

無期雇用を理由に時給上げしてもらうのはかなり難しい。お願いするだけしてみてもいいんですけど、望みは薄いかなというのが現実ですね。

とはいえ、安心してください。「時給上げ自体を諦めろ」ということではありません!

 

ちゃんと他にも時給を上げてもらう方法はありますし、なんなら無期雇用を理由にするよりもずっとおすすめの方法があります!

もしかしたら、いまの派遣会社や営業さんを批判してしまう内容になるかもですが、時給上げを狙いたい方は是非このまま本記事後半を読み進めてください。

 

派遣で給料を上げたいなら無期雇用以外の理由がお勧め

派遣で給料を上げたいなら無期雇用以外の理由がお勧め派遣で時給を上げたいなら無期雇用以外の理由がおすすめ。具体的にはこれまでの「実績」を推していきましょう。

 

派遣の時給上げ理由はこれまでの実績がベスト

実績というのは具体的にいうと下記の通り。↓↓

  • 稼働年数
  • 業務態度
  • 派遣先からの評価
  • 派遣会社からの評価

 

欠勤なく1年稼働しただけでも充分な評価項目になります。その上で派遣先からの評価も良く、「これだけできる業務内容が増えました!」があればかなり時給上げしやすいです!

派遣先からの評価が良いことは前提条件ですので、日頃からコミュニケーションも取っておきましょう。

 

ただ、評価項目よりも重要なのが「時給上げを狙うタイミング」です。

というのも、時給上げを狙えるのは下記のような限られたタイミングになります。なぜかというと、それ以外のタイミングでは派遣会社側からはぐらかされるだけだから。

  • 契約更新のタイミング
  • 派遣先への請求上げのタイミング

 

派遣スタッフからすると、派遣会社がいつ派遣先へ請求上げ交渉をしているのか分からないですよね。僕みたいに「絶対に請求上げしてみせるから待ってて!」とスタッフに言う営業は滅多にいないはず。(笑)

なので、基本的には契約更新のタイミングで交渉すべきと覚えておきましょう!

 

交渉の仕方は意外と簡単。先程の実績要素の中で使えるものを洗い出して、契約更新の可否を聴かれるタイミング、もしくはその前に営業さんへ相談する。

たとえば、下記のような文章になります。↓↓

現在の派遣先で勤務開始して1年になりますが、こなせる業務も増え、どんどん新しい業務を任されるようになっています。今後もモチベーション高く業務をしていけるよう、少しでも時給を上げていただけると幸いです。

 

「派遣スタッフが何も言わなければ昇給する必要ない」と思っている派遣会社はたくさんありますので、必ず自分から発信していきましょう!

特に大手派遣会社に雇用されている方は絶対に自分から発信してください!

 

これまでの時給上がり具合が肝心

本記事を訪れている方は無期雇用で悩んでいるので、恐らく2年以上派遣スタッフとして働いているはずですよね。そして、「無期雇用にしてもらえるみたいだけど、時給は上がらなそうで悔しい」なんて気持ちがあるはず。

そんな方は「これまでの時給上がり具合」を必ずチェックしてください!

 

2年から3年働いていれば最低でも1回は昇給していないとおかしい。金額としては30~50円くらいですね。

これよりも下回っているなら、必ずこれまでの昇給具合に満足していないと伝えていきましょう!

 

「他の派遣会社のスタッフはこのくらい時給上がってるらしいんだけど」みたいな情報があると尚良しですね。

それでも時給上げをしてくれないようなら他の派遣会社に転籍することも検討したほうがいいです。

 

しっかりとした実績があれば、スタートから無期雇用で採用してくれるところもありますし、時給も50~100円アップくらいはよくあります。

スタッフ思いになってくれる派遣会社に雇用されていることが一番重要ですので、転籍も検討しておきましょう!

【一度は試すべき】派遣営業経験者の僕がおすすめする派遣会社3つ
【一度は試すべき】派遣営業経験者の僕がおすすめする派遣会社3つ全国には3万を超える派遣会社があるので、どこを使えばいいのか分からなくなってもおかしくないですよね。ただ、元・派遣営業の立場からいうと、おすすめできるのは3つ。...

 

まとめ:時給上げは早めに伝えていこう

派遣で昇給を狙う場合、計画的に進め、タイミングを逃さないことが重要!

どうやって進めればいいのか、可能性はどのくらいあるのかなど、いつでも完全無料&個人情報不要で相談に乗りますので、早めに相談しにきてくださいね!

 

完全無料&個人情報不要で派遣に関するお悩み相談受付中

面接、顔合わせ、在職中、退職、どんな悩みでもOK!悩みをササッと解決していきましょう! 詳しくはお悩み解決ページから!

派遣のお悩み解決ページ【完全無料&個人情報不要】

 

関連のおすすめ記事

【一度は試すべき】派遣営業経験者の僕がおすすめする派遣会社3つ
【一度は試すべき】派遣営業経験者の僕がおすすめする派遣会社3つ全国には3万を超える派遣会社があるので、どこを使えばいいのか分からなくなってもおかしくないですよね。ただ、元・派遣営業の立場からいうと、おすすめできるのは3つ。...
【簡単に異動は勿体ない】無期雇用派遣にして貰えない時の対処法を解説
【簡単に異動は勿体ない】無期雇用派遣にして貰えない時の対処法を解説無期雇用にして貰えないで悩む派遣スタッフは結構多いです。「これが派遣で働くってことなんだ」というのは大きな誤解。本記事を読めば、その悩みを解消でき、尚且つ今後どうすればいいのか明確になります。...

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!