派遣の悩み

派遣を契約満了前に辞めたい【元派遣営業が辞めるコツを解説します】

派遣を契約満了前に辞めたい【元派遣営業が辞めるコツを解説します】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーをしています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
いま派遣スタッフとして働いているけど、契約満了前にできれば辞めたい。契約っていうくらいだし、辞めるのはできないのかな?

 

結論からいうと、派遣会社はスタッフが辞めるのを止められないのが本音です。ただ、当然ながら辞めないように交渉はしてきます。

それをどう掻い潜るのか、ここを本記事で深堀していきます。

 

結論:派遣スタッフが辞めるのは止められない

結論:派遣スタッフが辞めるのは止められないこちらが結論になりますね。解説していきます。

 

派遣会社から訴えられる不安はしなくて大丈夫

会社員として大事なのは、会社の利益を上げること。

ただ、個人的にはスタッフの人生を優先にしたい。派遣営業時代は、この2つのバランスを考えなければいけませんでした。

 

じゃあ、派遣スタッフが辞めたいと言ってきたらどうしていたか。

 

まずは、辞めたいと思う理由を聴きます。そして、そこに交渉や改善の余地があるなら取り組みます。

それでもどうしようもないなら、止めずに背中を押す。まあ、こうするしかないですよね。自分たちの利益のために、派遣スタッフの人生を狂わせたら元も子もないですもん。

 

つまり、スタッフが契約満了前に辞めたいと言ってきても、止められないのが本音です。

 

契約満了前に辞めると会社から訴えられると心配かもですが、そんな心配はいりません。実のところ、そんなことは日常茶飯事で起きていますからね。

 

勤務初日から来なくなる人もいますし、1週間後には辞めたいという人も多いです。

なので、ぶっちゃけ、辞めるのは絶対に可能です。ただし、簡単に辞められるとは限りません。

 

派遣会社が交渉してくる3つの理由

結局は止められないのが本音ですが、それでも交渉は必ずしてきます。

 

それには下記の3つの理由があるわけです。

  • 派遣先に迷惑がかかる
  • 代理がすぐに見つかるとは限らない
  • 派遣元としてのイメージが悪くなる

 

時系列的にも、上記の理由で派遣会社は困るわけです。

これらは、みなさんへの交渉材料としても使ってくるはず。「契約満了前に辞められるのは流石に先方にも失礼じゃない?」とかですね。

 

辞めることは可能です。

でも、必ず上記のような理由で何度か止められると思います。後ほど辞めるコツを解説してきますが、この手間は覚悟しないといけませんね。

 

元派遣営業が契約満了前に辞めるコツを解説

元派遣営業が契約満了前に辞めるコツを解説
  • 改善できない理由を作る
  • 正直にもう無理だと話す

上記の2つに限ると思います。

 

改善できない理由を作る

本当の退職理由を話しても通用しない、交渉されて負けるかもって予感するときに使うのが良いです。

 

いまの派遣営業の方々を困らせるような発言かもですが、逆に元・派遣営業が言うので間違いないです。

じゃあ、改善できない理由ってなんだよって思いますよね。たとえば、下記のことが使えたりします。

  • 両親の介護に専念しなければならなくなった
  • 次の仕事先から就業開始日を指定され、断ると不採用になるから
  • 病気が見つかり、手術する必要があるから

 

不自然にならないように、うまく理由を作るのがポイントですね。上記の理由を言ったときに、証拠を出せなんていう派遣会社は滅多にありません。

逆に、そこまで追求してくるような会社に所属しているなら、退職エージェントを利用してでも辞めるべきですね。

 

なので、病気が見つかり手術する必要があるからといっても、退職するのに診断書を持ってこいというところはないです。

 

心配であれば、2つ目の理由を使うのが無難ですし、一番おすすめですね。どんな理由を述べるにせよ、不自然な理由にならないようにするのが大切です。

 

正直に無理だと話す

もしかしたら、今後もこの派遣会社にお世話になるかもしれないし、活用したい気持ちはある。

嘘なんてついて辞めたくない。

 

このような考えがある方は、正直に退職したい、就業を続けるのは無理なんだと話しましょう。

 

改善できない理由を述べるよりかは退職に手こずる可能性はありますが、心が痛みにくいかなとは思います。

ただし、みなさんが述べる本当の退職理由によっては、今後その会社からサポートを受けられない可能性も十分にありますからね。

 

もちろん、出戻りするケースがないわけではないですが、余程の信頼関係があり、人柄的にも評価されていないと難しいです。

どちらを選択するかは、みなさん次第。

 

ただ、何かを得るには何かを失わないといけないのが世の法則ですので、そこは何を失うことにするのかという選択をしっかり考えないといけません。

 

ちなみに、派遣切りの場合でも満了前に辞めれます

感染症のせいで話題になった派遣切り。

 

直雇用の社員を守るために派遣社員を切って、人件費を削減する。既にこれを経験された方もいるでしょうし、これから経験するという方もいるかなと思います。

 

結論をささっというと、派遣切りの場合も契約満了前に辞めることはできます。

 

というより、この場合のほうが辞めやすさはありますね。なぜなら、一言、こう発すればOKですから。↓↓

「次の仕事場に影響してしまうので、〇月〇日までに辞めたいです」

 

派遣切りにさせてしまった派遣元も、派遣先もこう言われたらどうしょうもないですし、申し訳ないと思うべきなのは会社連中ですからね。

なので、このような状況になったときは、安心して上のセリフを伝えてあげましょう。

 

今から退職後に備えて動いていこう

今から退職後に備えて動いていこう転職の成否は、準備の出来次第で大きく変わっていきます。なので、今から少しずつでも退職後に備えて行動しておきましょう。

 

しっかりと準備した人しか転職できない時代

退職後のプラン、もしくは転職活動は早めに考えて行動しておきましょう。感染症のせいで、有効求人倍率は例年と比べて落ち込んでいるのが現実ですからね。

 

もちろん、転職が無理なわけではありません。

ただ、なんとなくでも受かっていた人が受からなくなり、しっかりと準備した人だけが転職をしていける。

 

そんな時代がもう少し続いていくかなと思います。

ただ、2021年の10月頃からコロナが流行り始める前くらいのレベルに転職市場が戻るとも言われているので、チャンスがないわけでは決してないです。

 

特に、これから契約満了前に辞めて、次の派遣先や転職先を見つけないといけない方は早めの行動をしておくべきですね。

派遣なら他社の面接に進んでおくとか、正社員の転職なら転職エージェントを活用してみるとか。

 

派遣は早い者勝ちな要素が強いですし、求人掲載ギリギリになるとどうしても採用人数は限られているのでかなりシビアな競争になる可能性が高い。

だからこそ、早めの行動でチャンスを逃さないことが重要になってきます。

 

おすすめの派遣会社と転職エージェントについてまとめた記事を貼っておきますので、良かったら参考にしてみてくださいね。↓↓

正社員の転職を成功させたい方はこちらの記事

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!