派遣の悩み

派遣の契約更新をしたくない【流れと転職で役立つことを解説します】

派遣の契約更新をしたくない【流れと転職で役立つことを解説します】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣の契約を更新したくないんだけど、伝えるのが怖い。退職の流れってどんな?

 

過去に僕が派遣営業をしていたとき、その会社で雇用している派遣社員のうち、3割くらいが半年以内で契約更新を拒否していました。

派遣営業経験者としては自慢できることではないんですけどね。(笑)

 

ここでなにが言いたいのかというと、契約更新したくないってのは珍しくないよってことです!

特に初めて派遣をしている方にとっては「怖い」イメージがあるかもですが、本当にそんな大したことではないですからね。

 

とはいえ、何も知らずに無策に進めてしまうと、おそらく派遣営業の思惑にハマってしまうかなと思うので、本記事で情報を入れて貰えたらなと思います!

3分ほどで読み終わるかなと思います。

派遣の契約更新をしないときの流れ

派遣の契約更新をしないときの流れ辞めさせないために、派遣会社がどんな対策を練ってくるのか。流れを知っているだけで、精神的にかなり楽になります!

そんな派遣を辞めるまでの流れがこちら。↓↓

  • 派遣営業に辞める意思を伝える
  • 派遣先と元と3者で退職時期を決める
  • 転職先を探す

 

計画的に早く辞める意思を伝えよう

契約更新をしないと決めたときに、まずしないといけないのが「営業担当に意思を伝えること」ですね。

どんな担当者なのか次第ではありますけど、かなり緊張しやすい部分になります。

 

というのも、辞める意思を伝えてから即日に辞職日を決められるわけではないので、まずは出来るだけ早めに営業担当に辞める意思を伝えないといけません。

営業担当が退職を受け入れたとしても、その後に派遣先が受け入れてくれるのかはまた別問題ですしね。

 

契約期間を必ず守らせる派遣先もあれば、仕方ないといって辞めさせてくれるところもあったり、本当に派遣先によって変わってきます!

じゃあ、どうすればすんなりと辞められるのかというと、下記の2つを意識することが大切です。↓↓

  • 転職計画を基にして退職日を伝える
  • 退職希望日の1ヶ月前には必ず伝える

 

そして、上記2つの伝えるコツに加えて大切なのが交渉力

どんな派遣会社でも急に人材の空きが出てしまうのは避けたいですし、派遣先もシフト制であれば穴が開いてしまうので、ほぼほぼ引き留めに遭うのは間違いないです。

 

もちろん、契約更新をせず、契約期間満了に伴って退職するというめちゃくちゃキレイな退職方法であれば何の問題もないです。

だけど、たとえば、契約更新をしないと伝えるのが満了日の2週間前だったり、来月のシフトが出来上がっている状態で来月はもう入りませんってなると、かなり厳しくなってきます。

 

だからこそ、先程お伝えした「退職希望日の1ヶ月以上前に伝える」ってことが大切なんですけど、それに間に合わなかった場合は交渉をするしかないわけです!

じゃあ、その交渉で何が大切なのかというと、下記の3つ。↓↓

  • 相手の話をよく聴く
  • 申し訳ない意思を表す
  • でも辞めないといけない理由を伝える

 

流れ的にも上記の通りですので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

派遣営業と辞める時期を決める

辞める意思を伝えた後は、退職時期を明確にしていきます。

先に退職時期を明確にしておくと不安になるかもですが、これをしないと下記のことで損をしてしまいます。↓↓

  • 転職活動が長引きやすくなる
  • 転職先が見つかりづらくなる

 

一番最初に受ける悪影響は、転職活動が長引いてしまうことですね。

これって転職あるあるの1つなんですけど、退職時期を決めておかないと、想定よりもダラダラとした転職活動になるんですよね。

 

お金を稼げている安心感や日々の疲れ、忙しさが大きな要因。ダラダラとしているうちに応募したい求人がなくなってしまうなんてのもあるある。

応募したい求人の無い転職ってかなり無意味ですよね。

 

正直これは序の口というか、あくまでも計画的にしたほうが転職活動は捗るよって話なんですけど、実はもっと大事なことがあります。

それは、そもそも退職時期が決まっていない人をある程度の母数がある中で、採用したいと思うかなってことです。

 

かなりストレートに言ってしまって申し訳ないんですけど、僕が面接官だったら採用したいとは思いません。

実際に、「転職しようか迷っている」とか「転職するなら今週中には現職場に伝えないと」って伝えてくる応募者を採用したことはないんですよ。

 

というのも、本当に現職を辞められるのかわからないし、引継ぎや後任探しで想定より時間がかかる可能性はめちゃくちゃあるじゃないですか。

派遣先としても採用計画が立てられないので、「退職日を決めてきてから出直してください」ってなるわけです。

 

退職時期が決まっていることって本当にめちゃくちゃ重要です。

いつから次の職場で働けるのか、いつ現職を退職できるのか、ここを確定していないと残念ながら話になりませんので、絶対に決めておきましょう。

 

転職先を探す

金銭面で余裕がある人は在職中に企業を絞っておいて、退職後に一斉に面接をしていく進め方がいいかなと思います。

在職中の転職活動だと面接の日程調整がしづらいですし、何より日々の仕事の忙しさに加えて転職活動のストレスが来るので、精神的にも肉体的にもかなり大変になってきます。

 

金銭的に余裕があるのなら、無理して追い込むよりも、今後のキャリアプランを考えつつ、企業選びをしていくほうが個人的にはおすすめです。

ただ、仕事が見つかっていない状態で退職を迎えるのが不安という方もいますよね。現情勢では無理もない。

 

在職中に転職先を見つけたい!!こんな方に向けて、最後に対策をお話して終わりたいと思います。

 

在職中に転職を成功させる方法

在職中に転職を成功させる方法こんなことを解決する方法になります。↓↓

  • 求人を探す時間が無い
  • 面接対策をしている余裕がない
  • 仕事と転職を両立する自信がない

 

在職中に転職するならアイテムを使おう

結論からいうと、在職中に転職をするならアイテムを使ったほうが良きです。

上記の悩みを解決できますし、転職活動の時間が短いなら絶対に欠かせません。いやいや、そもそもアイテムって何ぞやって話ですよね。

 

それはズバリ、転職エージェントのことです。予想できていた人もいるかと思いますが、大事なのはアイテムという捉え方。

もっといえば、転職エージェントはラッキーアイテムみたいなもんなんです。

 

というのも、転職エージェントの役割ってこんなことがあります。↓↓

  • 希望条件を満たす企業を探す
  • 履歴書や職務経歴書を修正する
  • 特有の面接対策を教えてくれる

 

良いことばかり述べましたが、転職エージェントを使うから絶対に成功するわけではありません。

希望の条件を満たす企業がない場合もありますし、職歴やスキル面からご紹介が難しい場合もあります。紹介してくれたところが微妙なときもあります。

 

だけど、活用してみないと分からないし、上手くいけば2週間くらいで内定を貰える可能性もある。

エージェントが介入してくれるからこそ選考が進む場合もある。

 

このメリットとデメリットがあるからこそ、転職エージェントはラッキーアイテムってことなんです。

ただでさえ時間のない在職中の転職活動なら、ここの併用は絶対にしておくべきかなと思いますね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました!