派遣の悩み

【元・派遣営業が解説】派遣のエントリーが通らない時の対処法2つ

【元・派遣営業が解説】派遣のエントリーが通らない時の対処法2つ

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣のエントリーが全く通らない。どうしたらいいの?

 

結論からいうと、取ったほうが良い選択肢は2つあるかなと思います。他の派遣会社でエントリーをするのか。正社員の枠で転職をするのか。

どちらの選択肢を選ぶべきなのかについてお話しますが、まずは何で派遣のエントリーが通らないのかについて解説していきます。

派遣のエントリーが通らない原因を解説

派遣のエントリーが通らない原因を解説主にこちらの3つがあるかなと思います。

  • 過去に所属していた際に問題があった
  • 他の応募者の選考を優先されている
  • 本当の募集の条件を満たしていない

 

過去の所属期間に何かしら問題があった

失礼な原因を先にお話してしまい申し訳ないですが、エントリーした派遣会社に過去に所属していて、そこで派遣営業から面倒だなと思われてしまった可能性もあります。

 

何でこんな失礼なことをお話するのかというと、実際に僕の派遣営業時代に似たようなことがあったから。

派遣先からクレームを受けたことがあったり、他のスタッフから苦情があったりですね。

 

ブラックリストなんてものは存在しませんが、基本的に登録者の情報は残っていますし、派遣会社内でも共有されていることがほとんど。

みなさんにそんなことがなかったことを願いますが、可能性としてはあり得るんだと理解してもらえると嬉しいです。

 

他の応募者の選考を優先されている

これもよくあるパターンでして、実際に僕も経験したことがあります。

応募者には選考中とか、先方に打診中とかって伝えておいて、実は他者を優先にして選考を進めているって感じですね。

 

これは派遣に限らず、正社員の転職でもよく使われています。

本当なら今週末までに結果が貰えるはずだったけど、先方から1週間遅らせてほしいと言われたら他者を選考中の可能性が高いですね。

 

「何を信じたらいいのかわからないよ」って思うかもですが、これは日常茶飯事で起きることなので、そういうものだと理解するしかないのかなと思いますね。

対策としては、自身の職歴やスキル、人柄面がよりマッチしている案件を選ぶこと。

 

これでもエントリーが通らない場合は、下記のことが考えられるかもですね。

  • 他者の職歴等のほうが優れている
  • そもそも募集していない
  • もしくは充足してしまった

 

本当の募集の条件を満たしていない

エントリーが通らない原因として、もう1つ考えられるのがこちらですね。

求人に記載してしまうと応募者が集まらないからといって、本当の募集条件が記載されていないことがありまして、これを満たしていないのかも。

 

「いや、求人にちゃんと記載しておけよ」って思うかもですが、派遣側はしたくてもできないのがルールなんです。

たとえばこちら。↓↓

  • 年齢の制限
  • 男女の制限
  • 派遣先が求める具体的な経験やスキル

 

派遣先から30代までしかご紹介されても取れないよって言われていても、求人に30代までと記載することはできません。

女性しか働けない仕事であっても、男性は駄目だと記載することはNG。

 

派遣会社によっては面接まで進めてくれるところもありますが、面接が良くてもそちらの案件には通せないために、「エントリーが通りませんでした」としている派遣会社も多いですね。

 

エントリーが通らないときの対処法2つ

エントリーが通らないときの対処法2つ待つという選択肢もありますが、おすすめの対処法は下記の2つになります。

  • 他の派遣会社にエントリーしてみる
  • 正社員として転職を目指す

 

他の派遣会社にエントリーしてみる

派遣会社を変えてみる効果は、下記の通り2つあります。

  • 採用基準が変わること
  • 案件の数や質が変わること

 

まずは、採用基準が変わることが一番の特徴ですね。

派遣会社や営業担当によって採用基準は変わりますし、他社ではエントリーが通らなかったけど、変えた派遣会社では通ったなんてことはよくある。

 

過去の職歴やスキルを重視するのか、それともこれからの意欲や人柄を重視するのか。

派遣先からの要望は少しありますけど、大抵は派遣会社の営業担当の判断になるので、1つの派遣会社でエントリーが通らなかったからといって大きく内容を変える必要はないです。

 

なので、エントリーに通らなかったことを深く考える必要はありませんし、数社にエントリーしてみてから考えるくらいでいいと思いますね。

 

そして、派遣会社によっては案件の数や質が大きく異なるのも上手く利用したいところですね。

 

医療系が強いところ、事務系が強いところ、大企業よりも小さめの派遣先に特化しているところなど、派遣会社によって案件の数はそれぞれ。

時給に関しても、派遣会社次第で同じ派遣先であっても100円以上差ができる場合もありますからね。

 

派遣会社によっては昇給がほとんど見込めないところもあったりするので、ここの差はかなり大きいかなと。

だからこそ、複数の派遣会社にエントリーしておくのがおすすめでして、応募者であるみなさんが派遣会社を見定めるくらいの気持ちがあって良いと思いますね。

 

下記の記事で、仕事が決まりやすい派遣会社を含めて3社ほどまとめてありますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

正社員として転職を目指す

エントリーが通らないときの対処法として、最後におすすめなのが正社員として転職を目指すことです。

 

これに関しては、勤務時間の制限などがなく、週5日のフルタイム勤務が出来る人に限られてしまいますが、チャレンジしてみる価値はあるかなと思います。

2021年の10月頃から転職市場へのコロナ影響も収まってくると予想されていますしね。

 

派遣も勤務条件に優遇が効いたり、良いところはありますが、こんな気持ちがある方は正社員の転職を一度チャレンジしてみるのも良いかなと思います。↓↓

  • 安定した環境で働きたい
  • 派遣の働き方にもう疲れた
  • 可能性があるなら正社員になりたい

 

ただし、派遣社員から正社員への転職は、正社員から正社員へよりもハードなのは事実です。

なので、必ずラッキーアイテムである転職エージェントを活用しながら、転職活動を進めていくことを強くおすすめします。

 

派遣からの正社員への転職であること、コロナの影響がまだ残っていることなども理由の1つですが、一番は転職の可能性が広がるからですね。

転職サイトだけでは限界がありますし、1つでも応募したいと思える求人が無料で増えるなら使っておいて損はないです。

 

おすすめの転職エージェントについては、下記の記事でまとめてありますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:エントリーが通らなくても落ち込む必要なし

派遣で転職しようと思えば、派遣会社のエントリーが通らないなんてことは意外とよくあります。

なので、落ち込む必要はありませんし、複数の派遣会社にエントリーするのも良くあるので積極的に行動していくのが良いかなと思います。

 

正社員の転職も可能ですが、対策を考えて、時間をかけて転職活動を行うことになると思うので、ある程度の苦労は覚悟しておくべきですね。

逆に、すぐに決めたいからとブラック企業に転職なんてことも起こらないように注意してくださいね!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!みなさんのお力になれたら嬉しいです!

 

本記事でご紹介した記事

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら