派遣の悩み

派遣先を変えてもらうのは可能です【派遣営業経験者が注意点を解説】

派遣先を変えてもらうのは可能です【派遣営業経験者が注意点を解説】

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣先を変えてもらうことってできるの?

 

結論からいうと、派遣先を変えてもらうのは可能です。可能というか、意外と頻繁に起こることなんですよね。

ちなみに、僕は派遣営業の立場で経験していまして、だからこそ分かる派遣先を変えてもらう上での注意点と方法について3分ほどでササっと解説していきます!

派遣先を変えたいときのかなり重要な注意点3つ

派遣先を変えたいときのかなり重要な注意点3つより良い派遣先に移るためには、下記の3点がかなり重要になってきます。↓↓

  • タイミングが大切
  • 早めに情報収集をする
  • 紹介先がないなら派遣元変更もアリ

 

派遣先を変えてもらうにはタイミングが大切

ここでのタイミングには2つの意味があります。それは、営業に伝えるタイミングと退職するタイミングの2つ。ここを間違えるとただ失業するだけになるので要注意です!

まず、営業に伝えるタイミングなんですけど、最低でも就業開始してから3ヶ月は経っているのがベターです。この3ヶ月というのは最初に結んだ契約期間が目安。

 

この契約期間内に退職を希望すると、派遣元からの印象はかなり悪くなります。営業によっては次の派遣先を紹介して貰えないことも。

辛いかもですが、同じ派遣会社で続けたいなら耐える時間も必要かなと。

 

欲を言えば、最初の契約更新時に耐えられないかもしれないという話をして、次の契約更新時に退職するのがベスト!派遣先を変えるときに一番良いのは契約更新時ですからね。

理由としては、派遣会社が派遣先から信頼を損ねないで済むから。この時点で半年くらいは経っているはずなので期間としてはめちゃくちゃ短いわけではない。一度契約更新した事実も味方になってくれます。

 

派遣会社からあなたへの評価も悪くなりにくいので、営業に伝えるタイミングとしては契約更新時がおすすめですね。

もう1つの退職するタイミングは、新規派遣先を紹介して貰ってからが理想です。身体的に休みたいのであれば別ですが、出来るだけブランクはないほうが履歴書の受けは良いですからね。

 

早めに情報収集しておかないと機を失う

スムーズに次の仕事に移るためにも重要なんですけど、そもそも紹介候補先が全て充足のケースがあり得るわけです。

特に最近は人件費を削っているところも多いですし、直接雇用のみだけに切り替えているところもあったりします。退職が決まってからこれが分かってもただ焦るだけなので損でしかないですよね。

 

基本的に、派遣は人が集まればどんどん入れていくので、派遣で転職したいときはタイミングが大切になってくる。だからこそ、早めの情報収集が大事なんです!

担当営業に希望条件を伝えて、いくつか候補を出して貰うのが良きですね。メールでも電話でも会いに来てもらっても大丈夫なので、どんどん営業を使っていきましょう!

 

思い切って派遣会社を変えるのもアリ

派遣会社に対して不満があったり、営業と合わないと感じているのなら思い切って派遣会社ごと変えるのもアリです。

派遣会社によってスタッフ満足度や社風はめちゃくちゃ異なります。自分たちの利益しか考えていないところもあれば、スタッフ第一に考えるところも。営業に関しても同じことが言えますね。派遣会社を変えるメリットをまとめると下記の通り。↓↓

  • 希望と就業地のマッチ度が高くなる
  • 時給を上げれる可能性がある(50~100円)

 

デメリットに関しては上記の効果が期待できないこと。ただ、派遣会社によって扱う求人数も質も異なるので、一度比較するために話を聴きに行くのも良いかなと思います。

選択肢は多いほうが良いですし、可能性が広がるなら試してみるのもアリですね。

参考記事:おすすめの派遣会社3選についてまとめ

 

派遣先を変えたいなら準備をしてから行動しよう

派遣先を変えたいなら準備をしてから行動しよう派遣先を変えてもらう方法といっても特に特別なことはないです。既にお話した注意点3つと、これからお話することについて準備しておけば大丈夫ですよ。

 

派遣先を変えたい理由と希望条件を明確にする

派遣先を変えるとなると、派遣営業的には基本的に受けたくない頼みです。雇用事態を辞められるよりかはマシですけど、それでも渋ってくるはず。理由は下記3つ。↓↓

  • 派遣先と人員調整をしなければいけない
  • 補充人員を探さないといけない
  • 新規紹介先を探さないといけない

 

派遣先の状況によっては補充がすぐにできないところであったり、派遣元によっては紹介先を新しく見つけないといけないところもある。なので、おそらく、派遣営業は一度考え直すように促してくるはず。

そうなったとき、本当に派遣先を変えたいのなら、派遣先を変えたい明確な理由が必要になってきます。どうして、いま派遣先を変えたいのか。たとえば、こんな理由なら営業も納得しやすいです。↓↓

  • 派遣先からのストレスが耐えられない
  • 業務内容が精神的に苦痛なものがある

 

時給や勤務日数などを理由にするのは調整の余地があるので避けた方が良きで、どちらかというと精神的に苦痛などの健康問題や家族の介護の必要性と絡めるのがおすすめです。

無理させて病気になったら責任問題になるので、派遣会社としても折れるしかない。

 

でも、ここで大事なのは一貫性があることです。そんなの前に聴いたことないし、「真逆のこと言ってたじゃん」となるのは危険。派遣会社からの信用がなくなる可能性がありますからね。

だから、ちょこちょこ営業さんに相談しておくのがポイントです。信用がなくなるのは損でしかないので地道に計画的に進めるのが一番ですね。

 

納得する理由を伝える際に大事なことがもう1つ。それは新しく紹介してもらう派遣先の希望条件も伝えること。具体的にどんな就業条件で働きたいのか、いつまでに切り替えたいのか。

同じ派遣会社で働いていたい場合は、1ヶ月以上余裕を持って伝えておくのがいいと思います。1ヶ月もあればある程度の紹介候補先にはアプローチできますからね。

 

まとめ:派遣先を変えたいなら計画的に進めよう

派遣営業さんが悪い人でなく、ご紹介先が運よくあれば候補地を3つくらいは紹介して貰えるはずです。その中に働きたいところがなければ他の派遣会社を活用するのもアリです。

大切なのはみなさんが次に良い職場に出会えること。その為には現在の派遣会社からの信頼を失わず、計画的に進めていくことが重要になってきますからね。

 

本記事でおすすめした記事

参考記事:おすすめの派遣会社3選についてまとめ

参考記事:契約更新をしたくないときのおすすめ対応まとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!