派遣の悩み

【結論:違う職種なら希望ありです】同じ派遣先に再応募できるか解説

【結論:違う職種なら希望ありです】同じ派遣先に再応募できるか解説

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
一度応募した派遣先に再応募することって可能なの…?受かるにはどうしたらいい…?

 

結論からいうと、同じ派遣先に再応募することは可能です。「どうしてもその派遣先で働きたい!」という熱い思いのある方には朗報ですね。

ただし、一度応募した職種には基本的に二度目はないので、同じ派遣先に再応募するなら違う職種にしないとなんです。

 

こういう注意点とかがいくつかありますので、本記事で詳しく解説していきますね!3分ほどで読み終わるかなと思います。

同じ派遣先への再応募は違う職種なら希望有

同じ派遣先への再応募は違う職種なら希望有結論は、「同じ派遣先に再応募するなら違う職種へ」ってことなんですけど、段階を追って説明しますね。

ちなみに、本記事は僕の派遣営業経験が根拠になっていまして、要は実体験ですね。

 

再応募するケースは少なめです

まず、同じ派遣先に再応募するのがどのくらいあるのかってことなんですけど、実はあんまりないのが現状なんです。

というのも、同じ派遣先に再応募できない理由は2つありまして、下記の通り。↓↓

  • 派遣会社からの拒否
  • 派遣先からの拒否

 

派遣会社から「この応募者を他案件に流しても難しいだろうからな~」って思われてしまうのか、派遣先から「この応募者だと他職種でも採用したくないな~」って思われてしまうのか。

大体が上記2パターンのどちらかなんですよね。

 

派遣営業も他案件を紹介する必要はありますけど、あくまでも努力義務であって、必ず紹介して成果に結びつけないといけないわけではないですからね。

もしそうだったら応募者には良いサービスですけど、確実に派遣営業をやりたい人はいなくなりますから。(笑)

 

なので、大体の方が再応募しようとする時点で断られちゃいます。ただ、そうならないパターンも実際にありまして、それが「人柄面を高評価されたとき」

自分では分かりにくいですけど、ここの評価が重要になってくるんです!

 

人柄を高評価されないと再応募は不可能

人柄さえ高評価してもらえれば、合否は置いといて、同じ派遣先に再応募することは可能です。

なぜかというと、「採用基準は人柄と勤務条件に合うかどうか」という2軸で考えられているところがほとんどでして、人柄さえ良ければあとは条件が合うかだけという二段飛ばしみたいなことができるからです!

 

とはいえ、人柄を高評価されるって正直自分だと分かりにくいですよね。

なので、派遣営業経験から基準をお伝えしますと、下記の状況になっているときは人柄を高評価されていることが多いです。↓↓

  • 派遣営業からの連絡は電話が多い
  • 派遣先への紹介後も定期連絡がある
  • すぐに他案件の情報を提供される

 

あくまでも僕の経験上と派遣営業の性質を根拠にしているんですけど、上記の状況に当てはまる方は人柄面で高評価を受けていることが多いです!

先の見えない応募者にまで電話で連絡する派遣営業は滅多にいませんし、派遣先へ紹介した後も定期的に連絡してくるのはあなたを他社に獲られたくない証拠です。

 

1度目の応募が不採用だったときに直ぐに他案件を紹介してくれる派遣営業もあなたの人柄を高評価している可能性がめちゃくちゃ高い!

人柄が悪かったら絶対に一度採用に繋がらなかった時点で諦めますからね。

 

なので、とりあえず、上記の状況に当てはまる方だったり、派遣営業から直接「派遣先から高評価だったんだけど~」っていう理由を聴いているのであれば、再応募をしてみる価値はあります!

なんですけど、同じ職種に応募しても時期をずらさない限りほぼ不可能です。

 

「人柄面で高評価される」というのは、あくまでも再応募のスタートラインでしかないんですよ。

 

応募した職種と違えば可能性アリ

ここで記事の冒頭でお話したことが繋がってくるわけでして、同じ派遣先に再応募して、出来るだけ早く就業したいなら応募する職種を変える必要があります。

というか、応募する職種を変えないとほぼ不可能です。

 

なぜそう言い切れるのかというのは下記の通り。↓↓

  • 派遣先の担当者が同一人物だから
  • 不採用=充足もしくは人物不適合

 

派遣先に再度ご紹介できたとしても、紹介先の部門担当者が同一人物であれば採用に繋がることはないです。

これは僕の派遣営業の経験上100%ですし、あまりここを今すぐに拘ると派遣会社のブラックリストに載る可能性が高いので要注意ですよ!

 

そして、失礼な言い方で申し訳ないんですけど、不採用は基本的に「派遣先で人が充足しているのか、もしくは応募者の経験や人柄が合わなかったから」というのが理由です。

同じ派遣先で同じ職種に応募しても希望なんてないわけです。

 

結論:違う職種でもいいなら希望アリ

なので、違う職種でも良いのあれば、同じ派遣先に再応募しても希望はあります。

本当にその派遣先で働きたいならチャレンジしてみても良いかなと思いますし、可能性はゼロではないので、そこは安心してもらえたらなと。

 

とはいえ、「本当に再応募できるのか」「再応募してもダメなんじゃないか」って不安な気持ちがまだあるかなと思います。

そんな方に向けて、再応募を成功させるための注意点を3つお話しますので、もう少しだけお付き合いください!

 

同じ派遣先に再応募するときの注意点2つ

同じ派遣先に再応募するときの注意点2つ注意点は下記の通り。↓↓

  • 再応募するなら需要を確認
  • 派遣営業に面接対策を聴くこと

 

再応募するなら需要を確認しよう

法律的には同じ派遣先に再応募することは可能ですし、職種が違えば採用される可能性はあります。

だけど、そもそも需要があるのかどうかです。

 

派遣先が他職種で人を募集しているのか。その募集条件にあなたの条件が当てはまるのか。

まずはここを確定させないと考えるだけ時間の無駄ですし、ここが合わないようであれば他の派遣先を検討するしかないです。

 

なので、まずは担当の営業さんに同じ派遣先で自分が応募できる案件はあるのかを確認して貰いましょう!

担当営業があなたを高評価しているならすぐに返事をくれるはずですし、あなたから電話をしてみるのも全然OKです。

 

大事なのはスピードですので、ササっと確認してくださいね!

 

派遣営業に面接対策を聴くこと

もしも紹介して貰うことになったとしたら、このチャンスは絶対に逃すわけにはいかないですよね。

じゃあ、そのためにどうするのかって話なんですけど、絶対にしてほしいのが「担当の派遣営業さんに面接対策を聴くこと」です。

 

紹介する職種が違えば、面接対策も異なる。めちゃくちゃ当たり前の話ですよね。

でも、この当たり前の作業をしてくれない派遣営業もいたりするので、ここは自分から積極的にいくべきです!

 

これで面倒くさがる派遣営業ならそもそも付き合う価値はないですからね。

その上で、僕の派遣営業経験から伝えたい面接対策を下記にまとめておいたので、是非参考にしてもらって、成功する可能性を1%でも上げちゃってください!

職場見学の対策についてまとめた記事がこちら

派遣会社と派遣先の面接の違いについてまとめた記事がこちら

 

まとめ:顔合わせに進んだらあとは努力運

同じ派遣先に再応募することは可能ですし、顔合わせまで進めばあとは努力あるのみです。面接対策をササっとして、やるだけやってあとは運に任せましょう!

面接対策記事は読んでおいて絶対に損なしなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

本記事でご紹介した記事

職場見学の対策についてまとめた記事がこちら

派遣会社と派遣先の面接の違いについてまとめた記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!