派遣の悩み

【結論:派遣先が大手だろうと関係ないです】派遣の職歴について解説

【結論:派遣先が大手だろうと関係ないです】派遣の職歴について解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣先が大手だと、面接のときに良い印象になるものなの?派遣の職歴ってぶっちゃけどう評価されちゃうの??

 

結論からいうと、派遣の職歴がある人は、「派遣で働いていた人」という一括りで見られるので、派遣先が大手だろうと関係ないです。

「派遣社員として○○の仕事を2年間していました」くらいの職歴内容だと、低評価を避けることは正直難しい。

 

じゃあ、どういう風に派遣の職歴を伝えればいいのか、転職の面接では派遣の職歴についてどう見られるのかということを本記事で解説していきます!

3分ほどで読み終わりますので、是非最後までお付き合いくださいねー!

 

派遣の職歴は大手だろうと関係ない

派遣の職歴は大手だろうと関係ない派遣で働いていれば、派遣先が大手だろうと関係ありません。理由はシンプルに、「正社員への転職だと派遣の職歴自体が低評価になってしまうから」ですね。

 

正社員への転職だと派遣の職歴は低評価

そもそもの話になりますが、派遣社員は社会的地位が低いですよね。正社員を目指す転職活動においては、必ずと言っていいほど派遣の職歴は低評価に繋がります。

何で派遣の職歴が低評価になるのかというと、正社員と比較したときに、下記の理由があるからですね。↓↓

  • 派遣は受かりやすいから
  • 派遣は業務負担が少ないから
  • 派遣で働く人へ偏見があるから

 

派遣って基本的に早い者勝ち採用なので、正社員採用と比べてかなり受かりやすくなっています。就業条件さえクリアできれば採用。その後に他者と選考はしないのが原則。

なので、「派遣先が大手だろうが、所詮は受かりやすい派遣だもんね」って思われてしまうのが1つ目の理由です。

 

そして、派遣の良いところでもあるんですけど、「正社員よりも業務負担が少ないから」というのも低評価の理由ですね。

やらなくていい業務内容があったり、勤務日数に制限があったりというのは、派遣で働くメリット部分です。ただ、正社員採用の際はそれが逆に苦しめてくることになるわけです。

 

でも、ここまでの低評価に繋がる理由は、あくまでも「派遣について少しでも知識のある人」が思うことでして、ほとんどの人は「派遣で働く人へ偏見があるから」低評価になっています。

事実であるとも言い切れないし、絶対に間違っているとも言い切れない難しいところですね。

 

ちなみに、派遣会社には高評価です

正社員採用時に不利になりやすい派遣の職歴ですが、当然ながら派遣採用時には高評価になりやすいです。嬉しくないかもですけど。(笑)

理由は、派遣会社からしたら、「派遣の働き方に不安がない人の方が安心できるから」ということですね。参考までに。

 

結論:派遣先が大手だろうと意味ないです

一旦結論を言いますと、「派遣先が大手であれば高評価に繋がる」ということは決してないです。派遣で働いている以上、正社員採用のときは派遣の職歴が障害になってしまうのがほとんど。

もっと具体的なことをいえば、「派遣で働く人は変わり者が多い」みたいな偏見をされてしまう可能性が高い。

 

肩書きだけで判断される書類選考ではめちゃくちゃアドバンテージですし、面接まで進めたのなら伝え方を工夫しないと採用にまで繋がりません。

じゃあ、どうやって工夫すればいいのか。派遣の職歴に対して不安を感じている方は、ここからがめちゃくちゃ大事なお話になります!

 

派遣の職歴を上手く伝える方法

派遣の職歴を上手く伝える方法派遣の職歴を上手く伝える方法は意外と簡単です。それは、「基礎情報以外の価値ある情報を伝える」ということ。これだけで評価は大きく変わります。

 

面接では価値ある情報を伝えないと意味がない

せっかく、書類選考を突破して面接まで進めているのに、書類に書いてあるようなことしか言えないのはめちゃくちゃ勿体ないです。ハッキリ、ここで損しています!

もちろん、基礎情報を伝えることも大事ですけど、下記の情報だけを伝えているようだと採用されるのは厳しいですね。↓↓

  • 職種
  • 勤務期間
  • 退職理由

 

一方で、伝えるべきは下記の情報になります。↓↓

  • 実績
  • 応募先で活かせる経験・スキル

 

過去の職歴を伝えるときに大事な2つのお話が上記の通りですね。

まずは何といっても実績の部分。出来るだけ数字で、多少話を盛るくらいで伝えるのがベストです。販売や営業なら売上の話を、事務や介護系の話なら作業時短の話などなど。

 

「いやー、どうしても実績が見当たらない」という人は、応募先で活かせる経験やスキルを話すこと!

たとえば、「ここでは○○の仕事を3年間していまして、○○をこなすためには△△が必要でした。この経験は、□□のような人材を求めている御社において活かせる経験だと思っております」みたいなことを話せばOK!

 

正社員の職歴でもそうですが、派遣の職歴の場合は、特に「実績」と「応募先企業で活かせる経験やスキル」を伝えることはめちゃくちゃ重要です。

話の種を与えるのは応募者であって、そこを深掘りするのが面接官くらいの流れを作っていきましょう!

 

紹介予定派遣だったと伝えるのもアリ

ちなみにですが、6ヵ月以内に辞めた派遣の職歴を伝えるときは、「紹介予定派遣だったけど、こちらから辞退しました」というセリフを使えます。

微力ではあるんですけど、一般派遣で6ヵ月で辞めたと伝えるよりかは印象が良いですね。もしくは産休代替で契約満了とかですね。参考までに。

 

まとめ:派遣の職歴はスキルや実績で勝負すべき

派遣の職歴に大手かどうかは関係ない。派遣の職歴があるなら、そこで培ったスキルや実績、応募先で活かせるものをアピールすべきです!

これが本記事の総結論ですね。

 

おすすめの参考記事

参考記事:派遣に関する無料相談受付ページ

参考記事:未経験職種への転職についてまとめ

参考記事:利用者思いのエージェント「アーシャルデザイン」についてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!