仕事の悩み

仕事で何もスキルが身につかないなら転職すべきです【将来性は創るもの】

仕事で何もスキルが身につかないなら転職すべきです【将来性は創るもの】

 

何もスキルが身につかない仕事を続けるのが不安。

いまの仕事が将来性があるのか不安。

 

てんた
てんた
こんな悩みを解決します↑↑

 

本記事の結論

  • 仕事で何もスキルが身につかないなら転職するべき
  • 将来性は自分で創るもの

 

毎日おつかれさまです、てんたです。

本業と複業(本ブログ)で様々なスキルを身に付けながら、日々将来性を高めています。

そのおかげで個人で仕事を頂けるようにもなりました。

 

さて、本記事は、普段の仕事をしながら、[ 仕事でスキルが身につかない・将来性が感じられない ]と不安になっている方に向けた記事になっています。

転職する理由の中でも、スキルアップしない・将来性が不安というのはよくありますが、そんな状況を改善するには、結局、転職が一番なんです。

その理由とおすすめの転職エージェント・サイトを解説していきたいと思います。

 

いまの仕事では、スキルアップができないかもしれないと感じている方は必読です。

 

 

仕事で何もスキルが身につかないなら転職すべき理由を解説

仕事で何もスキルが身につかないなら転職すべき理由を解説

 

仕事でスキルが向上しないなら転職するべきと主張するのには、こんな理由があるからです。↓↓

  • 良い環境にいることが成長度を上げるコツ
  • 仕事のスキルを考えるなら年齢は避けられない
  • 将来ビジョンに必要なスキルが磨かれていないなら時間の無駄

 

 

環境で成長度は大きく変わる話

 

スキルを磨くというのは成長するということですが、悪い環境では成長する速さが激減してしまいます。

理由は簡単、[ 成長度=個人の努力×外部からの刺激 ]だからです。

環境を言い訳にするなと思うかもしれませんが、例を出して考えてみましょう。

 

たとえば、販売スキルを向上させたいときに、どちらのお店のほうが成長できそうですか?

A店:仕事で成果を出すことに興味がなく、世間話をしている従業員が多い

B店:お店全体で目標があり、全員がその方向に向けている

 

両方とも、個人で努力することは可能なので、個人の努力値は同じです。

ですが、外部からの刺激値でいえば、B店のほうが明らかに好影響が見込めますよね。

何事も一人で達成できることなんてありませんので、スキルを向上させたいなら環境を見極め、外部からの刺激値を高めることを考えてみましょう

 

会社に雇用されるなら年齢は重要

 

会社に雇用されるなら年齢は無視できないものです。

理由は、20代は経験値を積む年代であり、30代は培ったスキルを発揮していく年代と位置付けされているから。

ほとんどの会社がこの固定観念を持っているので、会社で働くなら20代のうちにある程度のスキルを持っておくべきです。

 

将来ビジョンに必要なスキルを向上できていないのは危険

 

仕事において、スキルアップを目標にする方もいますが、大切なのはスキルアップした後の将来ビジョン。

細かい話ですが、叶えたい将来ビジョンがあるのなら、そこから逆算してどんなスキルが必要なのかを理解し、向上させていくことが効率的です。

一見遠回りに感じることもあると思いますが、遠回りは一番の近道ですので、安心してください。

遠回りが不安な方はこちらの記事が必読です。↓↓

遠回りが一番の近道は本当です【転職の面接で毎回面白がられた話】
遠回りが一番の近道は本当です【転職の面接で毎回面白がられた話】20代前半で行動力を爆発させた結果、[ 遠回りこそが一番の近道 ]の意味を理解することができました。本記事で、この言葉の意味を解説していきます。...

 

いまの仕事で将来ビジョンを叶えるためになるスキルは磨けているのか。

もし、磨けていないのであれば、時間の無駄になりますので、ささっと転職したほうがいいです。

 

結論:スキルが身につかない環境にいるなら転職するべき

 

上記3つの理由から、スキルが身につかない環境にいるなら転職するべきです。

これを理由に転職される方は多いので、特に悲観的になる必要もありませんし、成長したい意欲があるのなら迷わず転職に踏み込んだほうがいいと思います。

 

ただし、特に将来ビジョンがなく、なんとなくスキルアップできないと思っているのであれば、まずは将来ビジョンを考えることから始めましょう。

目的のないスキルアップよりも、目標を叶えるためのスキルアップのほうが向上しやすいですからね。

将来ビジョンの作り方はこちらの記事を参考にしてみてください。↓↓

3分あれば読み終わります。

【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...

 

 

将来性は自分で創るもの

将来性は自分で創るもの

 

仕事の将来性も大事ですが、自分の将来性にフォーカスするほうがより重要。

なぜなら、個人で稼ぐ時代はもうとっくに始まっているからです。

 

仕事の将来性ではなく、自分の将来性を意識しよう

 

近い未来、会社に所属してその1つの収益から生活していく人は激減していくと思っています。

なぜなら、どの会社も、そうしなければ優秀な人材が集まらなくなるから。

もちろん、すぐにそのような時代になるとは思いませんが、2020年以降は、働き方や生活の仕方が大きく変わっていきますので、準備しておく必要があります。

2020年以降に企業から求められる人材像について、知りたい方はこちらの記事をどうぞ。↓↓

【コロナで求められる人材は変わる】2020年以降に企業が求める人材とは
【コロナで求められる人材は変わる】2020年以降に企業が求める人材とは本記事では、「2020年以降に企業が求める人材」についてお話しています。本記事を読めば、これからどんな人材が採用されるのか理解できます。...

 

じゃあ、そんな時代を生き抜くために、何が必要になるのか。

それは、自分の価値を上げることです。

自分の将来性は自分で創っていくものなので、この意識を持って、今のうちに必要なスキルアップをしていくことが重要になります。

 

これから未経験でスキルを磨くならエージェントは有効的

 

さて、これから新たに未経験で転職し、スキルアップをしていきたいと考えているのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。

なぜなら、転職エージェントを活用すれば、未経験であっても、面接まで進む確率が高まるからです。

また、未経験歓迎の求人自体がそれほど多くはないので、転職エージェントを活用した方がより多くの求人を見ることができます。

 

下記に僕のおすすめの転職エージェントをまとめておきます。↓↓

ネットの評判ではなく、口コミを重視して選びましたので、ぜひ参考にしてくださいね。



リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は2つあります。

まず、求人数が他社よりも多いので、自分の条件に合う求人を見つけられる確率が高いこと。

そして、営業力の高いエージェントが揃っているので、企業との交渉に強いことです。

たとえば、年収の交渉が不安という方や自分を引っ張ってほしい方に向いています。

 

こちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】




マイナビジョブ20’s

イナビジョブ20’sの特徴はこちらの2つ。

業界、職種ごとに特化した専門のエージェントが揃っていること。

そして、こちらのエージェントはヒアリング能力が高いなので、面談よりも相談に近いスタイルでサポートを受けられます。

自分の意思を大事に転職を進めていきたい方に向いています。

 

こちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’s

 

転職エージェントが自分に合わなかったときの対処法

上記2つは、転職インタビューなどで、活用した方の満足度が高いことからおすすめしていますが、エージェントも同じ人間ですので、どうしても自分に合わないエージェントはいます。

もしも、そのエージェントに当たった場合は、担当の変更を申し出れば、他のエージェントに変えることができますので安心してください。

 

自分で転職を進めたいなら行動を早くすること

 

転職エージェントに頼らず、自分で転職を進めていきたいのであれば、エージェントではなく、転職サイトに登録しましょう。

ただし、一人で進める分、モチベーションの維持が難しくなる方が多いので、出来るだけ行動は早くすることを心掛けると良いですね!

 

おすすめの転職サイトはこちらです。↓


リクナビNEXT

こちらは求人数が多いことが特徴なので、転職活動には欠かせない転職サイトです。

実際に、転職した方の8割がリクナビNEXTを活用しています。

こちらから簡単に登録→リクナビNEXT

 

てんた
てんた
もしも、不安や悩みがある場合は、Twitterのアカウントのほうにメッセージを送ってくだされば、いつでも相談に乗りますからね

もちろん、無料です!(実際に、相談に乗った方から聞かれたので明記しておきます。)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!