転職インタビュー

コロナ禍でクビになり転職を成功させたい方は必読【転職サポート体験談】

コロナ禍でクビになり転職を成功させたい方は必読【転職サポート体験談】

 

相談者さん
相談者さん
前職では営業していましたが、コロナウイルスの影響でクビになってしまいました。

転職自体がはじめてなので、どうしたいいのかよく分かりませんし、転職できるかどうかさえ不安な気持ちでいっぱいです。

こんな私は、転職を成功させるために何からしたらいいでしょうか?

 

こんな悩みを解決した転職サポート体験談の記事です。

 

相談者さんのように、コロナウイルスの影響でクビにされた方は何人もいますし、

これからもしばらくは増加していくと思います。

ですが、悲観ばかりしていても仕方がないです。

 

相談者さんのように、コロナでクビになっても1ヶ月で転職を成功させることはできます。

じゃあ、どうすればいいのか。

ここを本記事で解説していきます。

 

どの職種にしたらいいか分からない→自己分析が大切

どんな職種にしたらいいか分からないなら自己分析をすること

 

相談者さん
相談者さん
正直、コロナでクビになってからあっという間すぎて、次にどんな職種をしたいのかが全く思い浮かびません。

 

てんた
てんた
どんな職種にしたいのか分からない場合は、まず、自己分析をしましょう。今回の転職活動における重要な基礎になります。

 

 

クビになってから時間があまり経っていないけど、

生活していくためにも早く転職活動をしないといけませんよね。

でも、焦っていきなり求人をみたり、応募することは絶対にやめておきましょう。

 

次にどんな職種をしたいのかを分からない方は、

圧倒的に自己分析が足りていない状態です。

 

そのまま転職活動を進めても、内定を貰えずに失敗するか、

1ヶ月後に働きたくなくなって失敗するかの2択のみです。

 

相談者さんに提案した自己分析方法はこちらの2つです。

  • 過去・現在・未来の視点で考える自己分析
  • 転職サイトを活用した自己分析の方法

 

詳しくは、こちらの記事にまとめてありますので、ぜひ読んでみてください

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

 

 

短期間の転職活動は1人で考えすぎないこと

短期間の転職活動は1人で考えすぎないこと

 

相談者さん
相談者さん
自己分析の結果、人事に絞ることになりましたが、これからどのようなペースで転職を進めたらいいですか?

 

てんた
てんた
仕事をしていない現在では、1週間のうちに少なくとも2、3社は受けていきましょう。1ヶ月で転職活動を終わらせたいのなら、1人で考えすぎないことも重要です。

 

 

転職活動のペースは、当然ながら人によって異なります。

こうしたほうがいいはあっても、こうしなければならないはありません。

 

いつ頃から働き始めたいのかを軸に考えて、

1ヶ月かけるのか、3ヶ月かけるのかなどを決めていきます。

 

正直、相談者さんはとても良い質問をしてくれました。

 

転職活動を始める人の5割近くは、

この転職活動のペースや期限について考えずにダラダラとしてしまいます。

 

計画性のない転職活動は、無駄に時間がかかってしまったり、

モチベーションを維持できなくなることが多いんです。

 

なので、この段階で考えることはこちらの2つです。

  • いつから働き始めたいのか
  • どのくらいまで転職活動をできるのか

 

お金との問題も絡んできますので、しっかりと考えてみましょう。

 

 

 

コロナでクビにされたことの伝え方

コロナでクビにされたことの伝え方

 

相談者さん
相談者さん
この3日間で、とりあえず5社応募しました。面接では、コロナでクビにされたことを正直に話すべきかどうか迷っています。どう伝えたらいいですか?

 

てんた
てんた
事実は正直に伝えるべきですが、正直に伝えるだけでは不合格になりやすいです。

ここで重要なのは、こんな人材をクビにするなんて勿体ないと思わせるように伝えることです。

 

 

コロナでクビにされたという事実は隠しても仕方がありませんし、

企業もそのような状況は仕方がないと考えているところがほとんどです。

 

ですが、「なぜ、転職をすることになったんですか?」と聴かれて、

コロナでクビになったからと伝えるだけでは不十分です。

 

コロナでクビになったことは事実として伝え、

それプラスでこれからの意欲を説明する必要があります。

 

たとえば、こんな伝え方があります。

面接官
面接官
なぜ、転職することになったんですか?
てんた
てんた
転職理由としましては、コロナ影響により前職を退職しなければならなかったことが大きな原因です。ですが、これまでに培った○○のスキルをより活かせるようキャリアアップも考えていましたので、これらのタイミングが重なり、今回転職活動を行っております。

 

あくまでも一例ですが、

コロナの影響でクビになったことと、これからの意欲について話していますね。

 

この後に、おそらく、キャリアアップや将来ビジョンについて深堀りされたり、

どのような準備をしてきたかを聞かれるかと思いますので、

そこでさらに意欲を伝えることが大切です。

 

 

最終面接までいけば採用はうそです

内定率を50%から90%に上げた誰でも簡単にできること

 

相談者さん
相談者さん
3社の最終面接に残りました!1ヶ月以内の転職成功のためにも、ここで落ちたくはありません。最終面接では何に気を付けたらいいですか?

 

てんた
てんた
あと少しですね!最終面接で重要なのは、その企業に入社したい意欲をどこまで伝えられるかです。

 

 

最終面接で内定を貰える確率は50%ほどです。

入社意思を確認されるだけだから余裕なんて思っていては、

内定を貰える可能性は落ちてしまいます。

 

じゃあ、どうすれば、内定を貰える確率を50%以上に上げるのかというと、

入社意欲をエピソードで伝えることが大切です。

 

実際に、僕はこれを実践してから90%以上内定を貰うことができました。

詳しい内容については、こちらの記事でまとめてありますので、ぜひ読んでみてください

【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

 

コロナでクビになっても再転職はできます

コロナでクビになってもまだまだこれから

 

ということで、ここまで、コロナウイルスの影響で営業をクビにされるが、

その後1ヶ月で転職を成功させた方の転職サポート体験談についてお話してきました。

 

コロナウイルスの影響で、転職活動は成功できないと悲観的な声もありますが、

今回の相談者さんのように1ヶ月で転職活動を成功させた方がいるのも事実です。

 

 

  • 転職活動を出来るだけ早く終わらせたい
  • 転職活動が成功する気がしない
  • 一人で転職活動をしていくのが不安

 

上記のことを思っている方は、

無理せずにラッキーアイテムを活用していきましょう。

 

ラッキーアイテムというのは、マリオでいう巨大化できるキノコでして、

転職でいえば、転職エージェントがラッキーアイテムになります。

 

紹介して貰える案件や応募可能な求人があれば、

面接対策や履歴書等の添削までしっかりとサポートをしてくれます。

転職エージェントの信頼もありますので、選考も進みやすい。

 

でも、当然ながらご紹介先がないこともあり得わけです。

だから、転職エージェントはラッキーアイテムでしかないんだよってっことですね。

うまくいけば、2週間で転職活動を成功させることができます。

 

おすすめの転職エージェントと併せて、

下記の記事で詳しく解説していますので、

ぜひ併せて読んでみてくださいね。↓↓

【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社
【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社本記事では綺麗ごとばかりの怪しさ満点の内容ではなく、転職エージェントを活用することのデメリットもしっかりお話していきます。3分ほどで読み終わりますので、じっくり読んでみてくださいね。...

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!