仕事の悩み

転職したら雑用ばかり【結論:職歴雑用は無駄なので転職すべきです】

転職したら雑用ばかり【結論:職歴雑用は無駄なので転職すべき】

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

エージェントを本業でしながら、この転職ブログを複業で運営しています。月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿中です。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
せっかく転職したのに雑用ばかりで暇。こんなんなら再転職したほうがいいのかな?

転職した先で雑用ばかり任せられてしまうことはよくあります。実際、僕も転職して1~2ヵ月くらいは雑用の仕事が多かったですからね。

だけど、その段階で再転職しようとは思わなくて、それはこれからお話する再転職に踏み切るべき境界線を超えていなかったからです。

 

ですが、本記事を読んでみて、再転職に踏み切るべき境界線を越えてしまっている方はササっと転職活動を始めた方が良いと思いますね!

4分ほどで読み終わります。

再転職に踏み切るべき境界線3つ

再転職に踏み切るべき境界線3つ前提として、相手がどう考えているのかを知ることは大切です。職歴や資格が足りない場合、初めのうちは雑用ばかりなんてことはよくありますからね。

その上でどんな場合なら転職を検討すべきか、下記の3つをお話します。↓↓

  • 雑用以外に研修予定があるのか
  • 雑用のみで2ヵ月が経った場合
  • 雑用ばかりなのに残業や疲労が酷い

 

雑用以外に指導もされないならきっと変わらないです

未経験で転職してきたり、資格やスキルが不足している場合、最初の頃はできることが少なく雑用があるのは仕方ないです。

僕もこのような状況で転職して、初めの1~2ヵ月は雑用が多かったですしね。

 

ただ、なんでそれでも再転職に踏み切らなかったのか。それは雑用があっても同時並行で研修を行ってもらえていたからです。

上司の仕事に同行させてもらったり、座学をしてもらったりですね。

 

僕が入社した会社は研修制度が整っていなかったですし、人もそこまで多くなかったので、指導ができない時間があって、そのときに雑用をこなすのは仕方なかったんです。

本記事を読んでいる方も似たような状況かもですが、そのときに大事なのは研修計画があって、少しずつでも実行できているのかどうか。

 

なんの研修計画もなしに、説明もないまま雑用だけやらされているとなると、おそらく3ヶ月くらいまでは雑用が続きますし、その後も大した仕事はさせてもらえないはずです。

そういう企業は人を育てる気もないですし、人を育てる気がない企業は離職率も自ずと高くなるんですよね。要はあまり良い企業じゃないんだよってことですね。

 

なので、まずは研修計画がしっかりあるのかをヒアリングしてみてください。あるならなぜ実行できないのか、いつ頃から実行できるのか、納得した説明があるのか。

もしも、ここで納得できない場合はササっと転職活動を始めるのが良いと思いますね。

 

雑用ばかりで2ヵ月が経ったら危険です

面接時に聴いていた仕事内容をさせてもらえず、雑用ばかりで2ヵ月が経過した場合、そろそろ真剣に再転職を検討すべきかなと思います。

1ヵ月くらいなら全然あり得る話なので、まだ様子見をしたほうがいいよって思いますが、2ヵ月が経過するとなると赤信号に近い黄色信号という感じですね。

 

確かに、仕事を振り分けるのが苦手な上司だったり、繫忙期とかで忙しいから研修できないなんてことはよくあります。

なんですけど、人を大事に育てる意識のある企業は必ず何かしらの説明があるので、それもなしにただ雑用をさせられっぱなしというのはあまり良くないわけです。

 

なので、1つの判断基準として、雑用ばかりの勤務が2ヵ月経過した場合は真剣にこれからのことを検討してほうが良きです。

まずは、上司にどういう状況なのかをヒアリングすること、その内容によって再転職を検討する。

 

研修期間に研修もさせて貰えないなんておかしな話ですからね。

 

雑用ばかりなのに残業が多かったりストレスが多い

雑用ばかり任せて研修をしてもらえないにも関わらず、残業が多いとか職場からのストレスが多いというパターン。

これが一番最悪ですね。

 

未経験の職種だったり、転職したての頃は仕事ができなくて当然ですし、経験があったとしてもやり方が異なる場合は分からないことがあって当然。

中途採用であっても、慣れるまである程度の期間を見越して、その後に実績を出して貰うと考えるのが一般的です。

 

にも関わらず、キツイ言葉で責め立てたり、邪魔者扱いされたり、毎日残業させられたりするなら早めに転職を考えたほうがいいと思いますよ。

なぜかというと、指導をしてもらうとか雑用以外に仕事を貰う以前の問題だから。

 

そういう企業だとこれから仕事を教えて貰ったり、出来ることが増えても精神的にキツイことは間違いないと思いますし、他にも良い企業はいくらでもあります。

経験が足りないならまずはそこで耐えるのもありですが、言い方が悪くて申し訳ないですが、雑用の経験を積んでも転職では活きないですからね。

 

資格を取ってから辞めるか、もしくは一度転職エージェントとかに相談して、他に良いところがないか検討してみるのが良いかなと思います。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

再転職する上で注意すべきこと2つ

再転職する上で注意すべきこと2つここからは再転職をする場合の注意点についてお話します。

同じような企業に引っかからないように、しっかりと転職できるようにするための大切な2つのことについてです。↓↓

  • 未経験の職種への転職について
  • 職歴の伝え方について

 

未経験の職種への転職は苦労必須です

僕も過去に未経験の職種へ転職して苦労した経験がありますが、おそらくほとんどの方が同じような道を歩むと思います。

未経験の職種への転職は苦労必須です。

 

いくら応募しても書類選考で落とされたり、内定を貰えてもブラック企業企業が多いとか、経験がないからこそどうしても選択肢は少なくなってしまう。

ある程度妥協しないといけないことはあるかと思いますが、とにかく大事なのは研修制度が整っているのかどうかです。

 

研修制度が整ってさえいれば、多少人間関係で苦労したり残業があったとしても、身になる経験を積めますし、それからさらに良い企業へ経験者として転職すれば問題なしです。

研修制度については求人票にしっかりと記載されているのかを確認して、面接で深堀りするのが良いですね。

 

ですが、そもそも書類選考で落とされたり、ブラック企業ばかり受かっていても仕方がないので、未経験職種への転職に特化した転職エージェントを使ってみるのをおすすめします。

下記の転職エージェントはかなり人気なので、早めに行動して話を聴いてみるのがいいと思いますよ!

就職Shop(リクルート運営の転職エージェント)

 

研修中だった職歴は伝えなくても良い

職歴に関しては全てを正直に話す必要はありません。退職理由なんかが正にそうでして、たとえば下記のようなことを言ってしまう方は意外と多い。↓↓

  • 人間関係で上手くいかず退職した
  • 仕事内容が思ってたのと違った
  • 通勤時間の長さに耐えられなかった

 

もし、僕が正社員枠の面接を担当していたら、どの理由であってもマイナスな評価を与えますし、そこから大きな挽回がない限りは不採用にします。

消極的な退職理由を伝えてくるのか、積極的な退職理由を伝えてくるのか、一緒に働きたいと思うのはどっちなのか一目瞭然ですよね。

 

消極的な退職理由を伝える方のほうが早期退職の可能性は高く感じますし、印象は決して良くないので要注意。

要注意ですが、そんなに難しい話でもないので、良かったら下記の記事を参考にしてみてくださいね。

職歴の伝え方についてまとめた記事はこちら

 

まとめ:しっかりと状況を確認しましょう

これから指導が始まるならOK。転職して1ヵ月くらいまではそれでも仕方ない。

ただ、それ以降も研修をさせてもらえなくて、続けたい理由がないならササっと転職しても良いと思いますよ!

 

しっかり研修制度が整っているところで経験を積んで、そこから経験者として再転職するのがベストですね。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

本記事でご紹介した記事

職歴の伝え方についてまとめた記事はこちら

就職Shop(リクルート運営の転職エージェント)