退職の悩み

仕事を辞めたいときに考えるべき3つのことを解説【新卒からの転職】

仕事を辞めたいときに考えるべき3つのことを解説【新卒からの転職】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を、複業として転職ブログを運営しています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
新卒で入社してからずっと転職したいとか考えている。どうするべきなの?

 

結論からいうと、新卒で入社してから何年も経っていなくても転職したいのならしたほうが良いと思います。

転職すること自体は何にも悪いことはないです。

 

でも、世の中にはこのような状況で転職したことが原因で、ドンドン市場価値を落とし続けてしまう人がいるのも事実。

最終的にどこにも正社員として雇ってくれない、面接にも進めないなんてことに。

 

そうならないためにはどうしたらいいのか。

それは本記事でお話する3つのことを真剣に時間をかけて考えて、意識して行動していけば必ず市場価値を高めながらやりがいのある仕事と出会うことができます。

新卒で仕事を辞めたいときに考えるべき3つのこと

新卒で仕事を辞めたいときに考えるべき3つのこと新卒で仕事を辞めたいときは、まずは下記の3つを考えてみてほしい。ここを考えているかどうかでこれからのキャリアが大きく変わっていきます。↓↓

  • ここまでで何を得たのか
  • 未来に対するウォンツがあるのか
  • 自分の市場価値について

 

新卒で入社してから何を得たのか考えよう

まずは、新卒で入社してからこれまでに何を得られたのかを考えてほしいです。

3ヶ月なのか、半年なのか、1年なのか、働いている期間はそれぞれだと思いますが、いずれにしても何も得ていないのに転職をするというのはあまりおすすめできません。

 

なぜかというと、何も得られていない状態だと次の転職に活かせないから。

次の転職に活かせないということは、転職出来たとしても職場や就業条件が悪化した環境になってしまいやすいです。

 

そうなると転職した意味がないですし、無駄に短期の職歴を増やしてしまうのはマイナス要素が強いですね。

でも、何を得たのかというのは決して難しいことじゃなくて、たとえば下記のようなものでもOK。↓↓

  • やりたい仕事を見つけることができた
  • 営業の仕方、モノの売り方が身に付いた
  • 社会人基礎力が身に付いた

 

得るものは出来るだけポジティブであることがポイント。それが必ず次の転職活動に活きていますからね。

 

未来に対するウォンツがあれば何とかなります

次に考えてほしいのが「自分は一体これからどうしたいんだろう」ということ。

どんな生活をしたいのか、どんな仕事をしたいのか、どうやって人々に貢献したいのか等、キャリアプランを考えるのは転職活動で一番大切なことです。

 

小さいことでも、大きいことでも構わないので、自分が本当にしたいと思える未来に対する意思を見つけてほしい。

若いうちに見つけておけば、より自分の未来に対する期待値は上がりますし、いまの生活が必ず楽しくなります。

 

参考までに僕のキャリアプランの一部をお話しますね。↓↓

  • 本ブログ(テンタビュー)を通じて、1人でも多くの人に仕事を楽しめるようお手伝いをすること
  • サッカークラブのオーナーになり、1人でも多くの人生に感動と夢を与えること

 

じゃあ、その為には今何をしないといけないのか、どうすればそのキャリアプランを叶えることができるのか。

それによっては今の仕事を続けたほうが良いかもしれませんし、転職したほうが良いかもしれない。

 

目先のことに集中するのも大切ですが、何のために毎日頑張るのかという目的はあったほうが良いんじゃないかなと思いますね。

 

自分の市場価値を客観的に考えるのは大切です

最後に考えて欲しいのが、「転職するとして、自分はいまどんな市場価値を持っているんだろう」ということ。

持っているものと、持っていないものを整理してみましょう。

 

一番分かりやすいのが転職サイトを見てみて、転職したいと思える候補をいくつかピックアップし、そこの求められている人材を見ること。

たとえば、下記のようなことが書かれているかと思います。↓↓

  • 社会人経験3年以上
  • 営業経験1年以上

 

抽象的な人物像についてはどうにかなるかと思いますが、絶対条件である経験に関してはどうすることもできません。

転職したい企業が求めている人材に対して、自分はいまどのくらいの位置にいるのか。

 

いまの仕事を辞める前に必ず考えておくことをおすすめしますし、場合によっては辛いかもですが、いまの仕事をもう少し続けたほうが良い可能性もあります。

それでも、モチベーションにはなると思いますので、ぜひ一度考えてみてくださいね。

 

新卒から転職するときに役に立つことを解説

新卒から転職するときに役に立つことを解説もしも転職に踏み切るのであれば、下記の2つは新卒で入社してすぐの転職に必ず役に立ちますので、ぜひ参考にしてみてください。↓↓

  • 経験に頼らない面接の仕方
  • 経験がないときに役立つラッキーアイテム

 

経験に頼らない面接力がないと受からない

新卒で入社してすぐの転職になると、どうしても経験が浅くなってしまい、履歴書や職務経歴書においては不利になりやすいですよね。

だからこそ、重要になってくるのが経験に頼らない面接力です。

 

たとえば、下記のような要素がありまして、面接における話し方や聴き方に問題がないことが前提ですが、下記3点はかなり大切になってきます。↓↓

  • 自己理解度の高さ
  • 求めている人材像に近づける努力
  • 将来に対する成長意欲のアピール

 

まず、新卒間もなく転職希望者に対して、ほとんどの企業が自己理解の欠如を心配します。

というのも、自己理解をあまりしてこなかった人ほど、社会人に慣れるまでの難しい期間に耐えられなくなり、早期退職をする傾向にあるからです。

 

だからこそ、しっかり自己理解ができている上で、前向きに転職していきたいんだとアピールしていく必要があります。

 

また、企業が求めている人材像に少しだけ近づける努力も大事になってきます。

全てを近づけようとすると企業にも自分に対しても嘘をつくことになるので、それは将来的に必ず辛くなるのでおすすめはしません。

 

だけど、「チャレンジ精神のある方」「成長意欲の高い方」など、少しエピソードを交えながらアピールすれば辛くならないなっていうところまでは近づけた方がいいです。

経験以上に「人柄や自社に適したマインドの有無」を気にするところも多いですからね。

 

将来に対する成長意欲というのは、まさにキャリアプランのことですので、ぜひ一度考えてみてくださいね!

キャリアプランについてまとめた記事はこちら

 

経験がないときに役立つラッキーアイテム

新卒からの間もない転職だからこそ活用してみてほしいのが転職エージェントです。

転職エージェントについて悪いイメージとか怖いイメージを持っているかもですが、転職エージェントはただのラッキーアイテムでしかないんですよ。

 

転職サイトには掲載されていない案件を紹介してくれたり、応募先が決まればその企業用の面接対策を教えてくれたりするのがメリット。

だけど、そもそも紹介先がないかもしれないし、全て任せっきりになるとあとで後悔するかもしれないのがデメリット。

 

もうお分かりの通り、活用してみて希望する案件がなかったり、紹介先がないと言われたら切っちゃえばいいだけの話なんです。

逆にもしかしたら、「こんな企業あったの!?」って思える案件があるかもしれない。

 

応募したい案件があれば、教えてくれる面接対策はかなり有益ですし、エージェントの紹介ということで採用される可能性も高くなります。

だからこそ、ラッキーアイテムでしかないわけです。

 

特に、これから未経験の職種にチャレンジしてみたいという方は、普通に応募しても書類選考で落ちる可能性が高いので、そういうときにエージェントは役立ちますよ。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:何も考えずに新卒から転職するのはダメ

結論は上記の通りで、何も考えずにネガティブな退職理由で転職に臨んでも必ず上手くいきませんし、転職できてもブラック企業へというのが多いです。

転職自体は悪いことではないので、しっかりと対策をして臨みましょう。

 

特にお金がかかることもありませんし、必要なのはちょっとの考える時間と変わりたいという気持ちだけです。

僕にも出来たことなので、みなさんにも絶対にできますよ!

 

本記事でご紹介した記事

キャリアプランについてまとめた記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!