自己分析の悩み

転職したいのにやりたいことが決まらない方へ【するべき3つのこと】

転職したいのにやりたいことが決まらない方へ【するべき3つのこと】

 

  • 転職したいけどやりたいことが決まらない
  • やりたいことが決まらないときは何をすべき?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事のテーマは[ やりたいことが見つからない方がすべき3つのこと ]についてです。

 

転職したいけど、中々やりたいことが見つからない、もしくは決まらないという状況に悩んでいる方はとても多いです。

転職しようと思えばほとんどの方が通る道なので、あまり不安に思う必要はありません。

ですが、やりたいことが決まらず、何をすべきか分からないという状況で、求人に応募したり、面接を受けたりすることは絶対にしないほうがいいです。

なので、転職したいのにやりたいことが決まらないという方は、まずは、これからお話する3つのことに取り組んでいってください。

必ず、転職活動が良い方向に向きます。

 

この記事を読めば、

転職したいけどやりたいことが決まらないときに、何をすべきかを3つの観点から考え、転職活動の方向性を良い向きに整えることができます。

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

やりたいことが決まらない方がすべき3つのこと

やりたいことが決まらない方がすべき3つのこと

 

転職したいのにやりたいことが決まらない方がすべき3つのことはこちらです

  • 自己分析をする
  • 働きたい職種の良いところを考える
  • 将来どんな生活をしたいのかという観点から考える

 

 

自己分析をする

 

やりたいことが決まらない方は、まず、自己分析をしましょう。

自己分析は、転職活動におけるコンパスのような役割を持っているので、転職を成功させる上で絶対に欠かせないものです。

自己分析をすれば、何をすべきか、何をしたいのか、何ができるのかなどを明確にしていくことができます。

 

ですが、ただ漠然と自己分析をしていても、中々やりたいことは出てきません。

自己分析は、段階的に、順序を追って考えていくことが重要です。

自己分析の詳しいやり方については、こちらの記事でまとめてありますので、ぜひ読んでみてください。

なんとなく自己分析をしていたという方は必読の内容です。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

 

働きたい職種の良いところを考える

 

やりたいことが決まらないと悩む方の多くが、職種の悪いところにばかり目がいってしまいがちです。

悪いところしか見ていなければ、やりたいと思う意欲は生まれてきませんし、働き始めれば、嫌だと感じることは何かしら出てきます。

だからこそ、悪いところが出てきても耐えられるように、自分にとってのその職種・職場で働くことの良いところを考えるべきです。

僕が転職活動したときも、[ 1年間という長く辛いであろう研修期間 ]よりも、[ 研修が終わった後の自分がしたいと思える仕事内容 ]を考えていました。

悪いところを考えても、頑張ろうという気持ちにはなれません。

頑張ろうと思えるのは、自分にとって良いことが待っているからです。

やりたいことが決まらない方は、そこを考えるべきです。

 

 

将来どんな生活をしたいのかという観点から考える

 

自己分析の1つでもありますが、将来どんな生活をしたいのかを軸にして考えるのはとても重要なことです。

というのも、将来どんな生活をしたいのかによって、これから選ぶべき職種や業界、身に付けなければならないスキルが変わっていく可能性があるからです。

たとえば、[ 将来は海外でできるだけ働かずに生活したい ]という目標があったとすれば、こんなことが考えられます。

  1. できるだけ働かなくてもいいように収入源を確保する必要がある
  2. 収入源を確保するために、YouTubeやブログなどの複業を始めたい
  3. 自分には○○に興味があるし、得意だから○○を軸にYouTubeやブログをしよう
  4. ○○の複業に活かせるような本業を探そう

 

やりたいことが決まらないときは、このように人生のある地点から逆走して考えるのも効果的です。

企業によっては、このような将来ビジョンを入社してから一緒に考えさせられるところもありますし、将来ビジョンがなければ面接でマイナスな評価を受けることもあります。

将来ビジョンやキャリアプランについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】
将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】将来のビジョンというのは、自分自身の人生がどうなっていきたいのかを考えることです。将来ビジョンを持っていると、その後の人生が大きく変わってきます。...
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...

 

 

 

やりたいことが決まらないなら仕事はまだ辞めないほうがいい

やりたいことが決まらないなら仕事はまだ辞めないほうがいい

 

転職活動の流れは大体こんな感じです。

  1. 自己分析
  2. 求人に応募
  3. 面接
  4. 企業決め

 

やりたいことが決まらない方がすべき自己分析は、転職活動における最も重要な準備になります。

土台が決まっていないのに、その上に積み重ねていけば、必ずいつか崩れ落ちることになりますので、まずは、焦らずに土台である自己分析をしていくことが大切です。

 

そして、現状がこの段階であれば、仕事をやめるのはまだ早いです。

人によってはこの部分を考えだすのに、1ヶ月かかる方もいますし、3ヶ月以上かかる方もいます。

その間無職になれば、生活的にも精神的にも不安定になってしまいます。

 

転職活動を成功させるには、モチベーションをいかに維持していくかも大切ですので、このような不安は絶対に避けるべきです。

そもそもの転職活動についての知識・理解を深めたいは、こちらの記事は必読です。

転職活動で起こる不安や流れについてまとめてあります。

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】
転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】この記事を読めば、転職活動は何のために行うのか、転職活動で必要な準備や転職エージェントについてなど、転職に役立つ情報を知ることができます。...

 



 とりあえず、転職サイトに登録して、求人をチェックしてイメージを湧かせるのもアリです。

その場合は、求人数が他社よりも圧倒的に多いリクナビNEXTがおすすめです。

こちらから簡単に登録→リクナビNEXT

 

 

 

やりたいことが決まらないのはチャンス

やりたいことが決まらないのはチャンス

 

やりたいことが決まらない状況をネガティブに捉える必要は全くありません。

これから選択できるということを楽しめたり、ポジティブに捉えることできれば、意外と転職活動はうまく進みます。

悲観的にならず、先ほどお話した3つのことを実践して、転職活動の方向を良い方向に定めていきましょう。

やりたいことが決まれば、その後は行動あるのみです。

 

何か不安や悩みがあれば、いつでも相談に乗りますので、Twitterにメッセージを送ってください

問い合わせページやサイドバーに本ブログアカウントを貼っています。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!