自己分析の悩み

転職活動で70%の人が考えていない【自分に合った転職期間の決め方】

転職活動で70%の人が考えていない【自分に合った転職期間の決め方】

 

  • 転職の平均期間は3ヶ月らしいけど、自分の場合はどうなんだろう?
  • 転職期間てあらかじめ決める必要あるの?
てんた
てんた
こんな悩みを解決します

 

 

本記事のテーマは[ 自分に合った転職期間の決め方 ]についてです。

 

転職期間の平均は3~6カ月と言われていますが、それだけ時間をかけることが全員にとってベストというわけではありません。

人によっては、1ヶ月や2ヶ月以内に転職先を決めた方が良い場合があります。

つまり、ベストな転職期間は、自分の性格や環境によって異なり、自分に合った期間を決めて転職すべきということです。

 

転職活動を始める方はの70%は、自分に合った転職期間を考えずに、何となく進めていくので、後々計画性の無さを後悔する人は多いです。

本記事では、1ヶ月以内・2~3ヶ月以内・4~6カ月以内の3つのパターンに分けてお話していきます。

どの期間が自分に合っているのか、考えながら読んでみてくださいね。

 

 

この記事を読めば、

自分がどのくらい転職活動に時間をかけるべきか理解でき、その結果、納得した企業から内定を貰える可能性を高めることができます。

 

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

1ヶ月以内を目安に転職を終わらせた方がいい人の特徴

1ヶ月以内を目安に転職を終わらせた方がいい人の特徴

 

1ヶ月以内を目安に転職を終わらせるべき人の特徴はこちらです。↓↓

  • 既に退職が決まっており預金に余裕がない方
  • いち早く現職から退職したい方
  • 長期的なストレス耐性がない方

 

 

既に退職が決まっており預金に余裕がない方

生活の余裕は、転職活動の精神的余裕にも繋がります。

転職活動の平均期間は3ヵ月程度ですので、その間の生活費などを払えるだけの預金がないのなら、1ヶ月以内の転職を目指すべきです。

1ヶ月以内に終わらせるつもりで、自己分析や求人探し・面接などをしていくのと、何となく転職活動をしていくのとでは、結果が大きく異なります。

 

 

やりたいことが決まっている方

既に、次にどんな仕事に就きたいのかなど、やりたいことが決まっている方は、1ヶ月以内の転職を目指していいと思います。

特に、自分に合う企業が求人を出しているのかどうかは、運もありますので、いまのうちから求人をチェックし、良い求人があれば転職活動を進めていきましょう。



 求人数が圧倒的に多いリクナビNEXTで、早速求人をチェックしてみましょう

こちらから簡単に登録して求人をチェックリクナビNEXT

 

長期的なストレス耐性がない方

転職活動は、焦りや不安といった精神的な負担がかかってしまいますので、長期的なストレス耐性がない方は1ヶ月以内に転職を終わらせることをおすすめします。

ストレス耐性がないのに、無理して転職活動を長期間続けると、モチベーションがなくなってしまったり、最悪の場合は、うつ病になってしまうこともあります。

ストレス耐性については、大学受験や就活のときの状況が参考になるかと思います。

それでも、あまり分からないという方は、いつでも相談に乗りますので、テンタビュー公式TwitterへDMを送ってくださいね

 

 

 

1ヶ月以内に転職をするなら自分で転職活動を進めるのがおすすめ

 

自分で転職活動を進めるというのは、転職エージェントを活用しないということです。

その理由はこちら。↓↓

  • 転職活動が長引いてしまうことがある
  • 自分で行う方がスケジュールが立てやすい

 

転職エージェントは、履歴書・職務経歴書の作成や面接対策でとても役に立つサービスですが、転職活動が長引いてしまうリスクがあります。

というのも、転職エージェントは一人で何人もの顧客を抱えていますので、レスポンスが遅くなってしまうことも多いからです。

また、自分で転職活動を進めたほうが、スケジュールも立てやすいですし、反省と改善をするスピードも速くできます。

 

 

1ヶ月以内に転職するときの注意点

 

1ヶ月以内の転職活動では、転職エージェントの活用はあまりおススメできませんが、客観性を持つということはとても大切なことです。

というのも、短期間で自己分析をし、求人を探し、面接対策をするなど、やらなければならないことはたくさんありますし、分からないことも出てくると思います。

また、モチベーションを維持するという点でも、転職を経験している人の声というのはとても力になります。

 

 

てんた
てんた
企業は紹介できませんが、転職に関する悩みや不安についてはお力になれますので、何かあればいつでもご相談くださいね

 

 

 

2~3カ月を目安に転職を終わらせた方がいい人の特徴

2~3カ月を目安に転職を終わらせた方がいい人の特徴

 

2~3ヶ月以内に転職を終わらせた方がいい方の特徴はこちらです。↓↓

  • 預金が生活費2、3ヶ月分ほどある方
  • 時間をかけつつ、早めに転職したい方
  • すぐに現職から退職したい方

 

 

預金が生活費2、3ヶ月分ほどある方

預金が普段の生活費の2、3ヶ月分ほどあるのなら、2~3ヶ月ほど時間をかけて転職活動をすることをおすすめします。

退職してから転職活動をする中で、生活費が払えなくなるというのが一番怖いことですので、転職期間×普段の生活費ほどの預金があるのなら、焦らずに転職活動をしていきましょう。

本当に生活費の余裕は、転職活動での精神的余裕に繋がりますからね

 

時間をかけつつ、早めに転職したい方

時間をかけつつ、早めに転職したいという方も2~3ヶ月以内に転職活動を終わらせることをおすすめします。

というのも、僕の経験談や転職した方の声を聴くと、3ヶ月以上転職活動を行うと、モチベーションが低下したり、生活面の不安から悪い焦りが出てきてしまうことが多いんです。

2、3ヶ月あれば、自己分析を細かくしたうえで、自分に合った企業を見つけることは充分に可能です。

質の高い転職活動の期間になるように、転職で使える知識をできるかぎり入れておきましょう。

 

転職で役に立ついくつかの記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてくださいね

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】
転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】この記事を読めば、転職活動は何のために行うのか、転職活動で必要な準備や転職エージェントについてなど、転職に役立つ情報を知ることができます。...
【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法
【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法この記事を読めば、自分に自信がなくても、どうすれば内定を貰えるようになるのかが分かり、転職活動の道筋が必ず見えてきます。...
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

すぐに現職から退職したい方

いますぐにでも現職をやめて、転職したいという方は、一見1ヶ月以内に転職するべきなんじゃないの?って思うかもしれませんが、そのような方が適しているのは2~3ヶ月以内の転職期間です。

というのも、仕事をやめるのは、いますぐでも良いんです。

ただ、次の職場を決めるのは2~3ヶ月ほど時間を空けた方が、再転職のリスクを大幅に減少させることができるんです。

 

はじめの1ヶ月は自己分析を徹底的にしても構いません。

何が原因でやめたかったのか、何がしたいのかなどを明確にしてから、求人探しや面接に臨んだ方が必ず良い成果がでます。

とても重要な自己分析ですので、関連する記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてくださいね。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

退職する勇気が中々でないという方は、退職代行サービスを活用しましょう。

自分で退職するよりも、ストレスを受けずに退職することができますし、やめづらい企業ほど、その効果は大きいです。


安心・低費用・確実にやめられる退職代行ガーディアンがおすすめですので、まずは、こちらからチェックしてみましょう【退職代行ガーディアン】

 

 

2~3ヶ月で転職するなら転職エージェントは最適

 

転職エージェントを活用するなら2~3ヶ月ほどの時間の余裕はあったほうがいいです。

理由は先程述べたように、転職活動が長引いてしまう可能性があるためです。

1ヶ月以内の転職では、時間がないため返って転職活動を難しくさせますが、2~3ヶ月ほど時間があるのなら、転職エージェント活用のメリットは活きてきます。

転職エージェントを活用するメリットとデメリットについては、こちらの記事でまとめてありますので、ぜひ読んでみてください。

【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット
【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット 今のところ転職サイトを活用していて、自力で転職活動を行っているんだけど、これから転職エージェントを使おうか迷ってる。。。 ...

 

転職エージェントを活用するなら、この2つのどちらかを活用すれば間違いありません。

 



リクルートエージェント

他社よりも圧倒的に求人数が多く、企業との交渉力が優れていることが特徴です 

こちらから簡単に登録【リクルートエージェント】

 




マイナビジョブ20’s

 20代に特化されており位、ヒアリング能力に優れており、相談しやすいエージェントが多いことが特徴です。

こちらから簡単に登録マイナビジョブ20’s

 

 

2~3ヶ月以内を目安に転職するときの注意点

 

2~3ヶ月以内の転職で気を付けることは、面接される企業を見極めることです。

2~3ヶ月以内の転職では、一見、時間が多くあるように思えるので、採用されてもあまり入社したいと思わない企業の面接にいってしまうことがあります。

はじめのうちは、練習がてら面接にいくのはアリですが、ある程度耐性ができたら、それ以上は時間の無駄ですのでやめておきましょう。

 

気が進まない企業の面接に行くべきか迷ったら、こちらの記事は必読です。

【転職で気が進まない会社の面接】行くか迷う時に使える3つの判断基準
【転職で気が進まない会社の面接】行くか迷う時に使える3つの判断基準この記事を読めば、気が進まない会社の面接に行くかどうかの基準ができ、時間を無駄にせずに済みます。 面接に行くかどうかで悩んでいる方は必読です。...

 

 

 

4~6ヵ月以内を目安に転職すべき人の特徴

4~6ヵ月以内を目安に転職すべき人の特徴

 

4~6ヵ月以内を目安に転職すべき人の特徴はこちらです。↓↓

  • 何となく程度に転職を考えている方
  • やりたいことが全く思いつかない方
  • 働きながら転職をしたい方

 

 

何となく程度に転職を考えている方

現職を急いでやめたいとも思わないし、気が向いたら転職を考えようかなと思う方は、4~6ヵ月ほど時間をかけて転職活動をしましょう。

この場合、転職に対する動機も特にないので、まずは、本当に転職が必要なのかどうかから考えた方がいいです。

転職活動は、仕事や普段の生活における不満や不安を解決できるものです。

解決したいものがなければ、これからに備えて、経験を積んでおくのもアリです。

 

やりたいことが全く思いつかない方

現職をやめたいし、転職したいけど、やりたいことが全く思いつかないという方は、4~6ヵ月ほど時間をかけて転職活動をすることをおすすめします。

求人を探しながらやりたいことを模索するのもありですが、自分が何をしたいのかを徹底的に考えることが重要です。

転職したいのにやりたいことが決まらない場合にすべき3つのことについてまとめた記事がこちらですので、ここで悩んでいる方は必読ですよ。

転職したいのにやりたいことが決まらない方へ【するべき3つのこと】
転職したいのにやりたいことが決まらない方へ【するべき3つのこと】この記事を読めば、転職したいけどやりたいことが決まらないときに、何をすべきかを3つの観点から考え、転職活動の方向性を良い向きに整えることができます。...

 

働きながら転職をしたい方

働きながら転職をしたいと考えている方は、4~6ヵ月かけてゆっくりと転職活動をしていきましょう。

普段の仕事で忙しいと思うので、焦らずに、計画的に転職活動を進めていければ、半年後には今よりも良い環境に移れているはずです。

 

 

将来ビジョンやキャリアプランを決めておこう

 

4~6ヵ月の転職活動は、正直、時間の余裕があります。

なので、転職の面接では、ほとんどの確率で聴かれる将来ビジョンやキャリアプランについて考えておくことをおすすめします。

 

  • 将来どのような仕事をしていたいのか
  • 将来どのような生活を送っていたいのか
  • そのためには何をしていけばいいのか

などなどを考えていきましょう。

面接で、「これから御社で経験を積んで、考えていきたいと思います」はNGですからね。

将来ビジョンやキャリアプランについての記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】
将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】将来のビジョンというのは、自分自身の人生がどうなっていきたいのかを考えることです。将来ビジョンを持っていると、その後の人生が大きく変わってきます。...
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...

 

 

4~6ヶ月以内を目安に転職するときの注意点

 

時間があるからといって、ダラダラと転職活動を進めると、当然ながら良い結果は待っていません。

転職活動を成功させるためには、どれだけ知識を入れておくかが重要です。

自己分析の内容や面接対策、企業に関することなど、知っておけば役立つことが多くあります。

 

それらを4~6ヵ月の間にしっかりと吸収しておけば、想像の何倍も良い環境に移ることだってできます。

また、現職をやめる時期についても、はやめに上司に相談しておくべきですので、油断せずに計画的に進めていきましょう。

仕事をやめる決まりについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓↓

【仕事を辞めるのを言い出せない方へ】いつ言い出すべきか解説 仕事辞めようと思うんだけど、いつ言うべきかな? 仕事を辞める連絡はどうやって伝えるべきかな? こんな悩み...

 

 

 

自分に合った転職活動期間をベースにしていく

自分に合った転職活動期間をベースにしていく

 

ということで、ここまで1ヶ月以内・2~3ヶ月以内・4~6カ月以内の3つのパターンに分けてお話してきました。

その中の特徴で、自分に合うパターンがあれば、ぜひその転職活動期間をベースにして、これからの行動を決めていけば、より質の高い転職活動をすることができます。

つまり、より良い環境へ転職できるというわけです!

 

てんた
てんた
みなさんの転職が成功しますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!