自己分析の悩み

【転職活動期間が1ヶ月は危険??】短くしすぎない転職活動の勧め!

こんにちは、てんたです!

 

転職活動には不安が付き物ですが、その不安から転職活動の期間を短くしてしまう方が結構多いです。

転職者さん
転職者さん
もうこの企業でいいから、早く決まってくれ~!

余裕がないとこんなことを考えたりするわけですよね。

 

 

ということで、本記事のテーマは、【転職活動期間が1ヶ月は危険??】短くしすぎない転職活動の勧め!についてです!

後になって後悔しないためにしっかりと時間を使うことをお勧めします!

 

てんた
てんた
最後までどうぞお付き合いください!

 

 

 

転職活動期間が1ヶ月は何故危険なの?

 

一般的な転職活動期間の平均は、3ヶ月と言われています!

働きながら転職活動を進める方が6割ほどなので、自己分析や書類作成、引継ぎなどに時間が掛かり、大体3ヶ月ほどで転職活動が終わります。

3ヶ月以上時間を掛ければ様々な企業を客観的に考えられますし、自分と向き合う時間が多ければ転職後の悩みも少なくなると思います。

 

てんた
てんた
ただ、もちろん、例外はあります!

転職活動を始める前から既に方向性や受けたい企業が決まっている方は1ヶ月で終わる方もいらっしゃいます。

また、あまり転職活動期間を作ってしまうと財政的に不安だという方は、早め早めに多くの企業と面接し、同じように1ヶ月ほどで転職活動を終えられる方もいます。

なので、これからお話する方のケースには当てはまりませんので、要注意です!

 

 

じゃあ、それ以外で転職活動期間が1ヶ月で終わってしまう人は、何で危険なの??っていうのが本記事の主なテーマですよね。

 

それはズバリ、上記以外の理由で、転職活動期間が1ヶ月で終わってしまう方は、後々になって後悔するケースが多いからです。

 

 

そもそも、転職活動期間が1ヶ月になってしまう理由は、主にこの3つです。

転職活動期間が1ヶ月になってしまいやすい理由

 

  • 応募する求人の比較対象が前職のため、安易に新しい転職先が魅力的に映ってしまうから
  • 転職活動の焦りから早く新しい転職先に身を置きたくなり、決断力が落ち、妥協してしまうから
  • 自己分析ができておらず、面接して良さそうな企業に惹かれてしまうから

 

このような理由で転職活動を1ヶ月ほどで終えてしまう方は、後々になって後悔し、再度転職活動をリスタートする結果になりやすいです。

だからこそ、転職活動期間を1ヶ月ほどで終わらせるのは危険なんです!

 

 

 

 

転職活動期間を短くしすぎないために

 

転職活動期間を短くしすぎないようにするためには、まずは自身の環境を整理しておくことが重要です!

 

財政面では、転職活動期間中の生活費を賄えるように、お金をある程度準備しておきましょう!

少なくとも普段の生活費の2~3ヶ月分はあると安心して転職活動に集中できます。

転職活動期間中だけアルバイトをするのも1つの選択肢ですが、しっかりと自分と向き合い、精神的なゆとりを持って進めていけるようにすることが優先ですからね!

 

また、この期間は精神的にキツくなりやすいので、ストレスを発散できるように気分転換を積極的に行いましょう!

友達と出かけるのもいいですし、実家に帰って少しのんびりするのもいいと思います。

精神的に追い込まれてしまえば、決断力の低下や妥協し始めることになるので要注意です!

 

 

 

まとめ

 

ということで、本記事では、【転職活動期間が1ヶ月は危険??】短くしすぎない転職活動の勧め!についてお話してきました。

 

転職活動の平均期間である3ヶ月ほどを目安に、時間とお金を確保して、ゆとりを持って転職活動することがおすすめです!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!