自己分析の悩み

転職した人が後悔しやすい3つのことを解説【転職前に知っておきたい】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職を経験し、現在は本業でエージェント業務を、複業で転職ブロガーをしています。

転職する前、最中に役立つ記事を書いています。

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決する記事になっています。↓↓

ごりー
ごりー
転職する人は何に失敗して、何に後悔するんだろう?

 

結論からいうと、転職した人が後悔してしまう主な要因は3つあります。

この3つをしっかり考えて転職活動に臨めば後悔する可能性は必ず減ります。

たった3つのことです。

 

たった3つのことでも、知らないと損をしてしまうのが転職なわけでして、

要は、転職って情報が大切なんだよってことですね。

本記事は5分あれば完読できますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

たった5分読むだけで、転職が失敗するリスクが必ず減ります。

 

本記事の内容

  • 転職で後悔する3つの要因
  • 後悔しないために出来ること

 

転職で後悔する3つの要因を解説

転職で後悔する3つの要因を解説

 

転職に失敗してから後悔するのは勿体ないですよね。

転職は情報をいかに上手く活用するかが大事になってきます。

ということで、どんなことで後悔しやすいのか、3つの要因を解説します。

 

自己分析の不足

 

まず、転職で後悔しやすいことの1つが自己分析の不足です。

「とりあえず、いまの職場から離れられればいいや」とか、

「とりあえず、給料を上げたい」とかの理由で転職する人がこの傾向にあります。

 

前職(もしくは現職)から解放されたい気持ちや、次の職場への期待感でこのようなことを考えてしまうのはとてもよく分かります。

でも、考えるべきなのは、前職との比較だけじゃないんです。

ここで考えてほしいのは自分の理想や考え、目標についてなんです。

 

たとえば、以下のことをフラットに考えてみてほしい。↓↓

  • 自分が何をしたいのか
  • どういう働き方をしたいのか
  • プライベートを優先させたいのか、いまは仕事を頑張りたいのか
  • 将来のやりたいことのために今どんな仕事をしたらいいのか

 

前職と比べてどうなのかではなく、自分の理想や考えなどを考えてどうなのかが大事です。

そこの軸をずらしてしまうことが後悔することに繋がってしまうので要注意です!

 

ごりー
ごりー
でも、自分がどうしたいのかなんてわからないよ!

大丈夫、今から考えればいいんです。

自己理解を深めるのは結構楽しいですし、しておいて絶対に損はありません。

自己理解を深めること、自己分析を行うことが転職で後悔しないためのファーストステップです。

 

自己理解を深めることに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので、

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。↓↓

こんな悩みを持っている方にこの記事はおススメです。

  • 自己分析をしても、自分の悪いところしか出てこない
  • 自己分析をしても、頭が止まってしまう ぜひ読んでみてくださいね
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

意外と多くの方が無視しがちなんですが、転職ではキャリアプランがめちゃくちゃ重要です。

これがある人のほうが少ないので、ここでの差別化が一番効果的ですね。

キャリアプランに不安がある人、そもそもキャリアプランがない人は必読の記事です。

転職ではキャリアプランで差別化すべきです【面接落ちやすい人必読】
転職ではキャリアプランで差別化すべきです【面接落ちやすい人必読】意外と多くの方が無視しがちなんですが、転職ではめちゃくちゃ重要なんだよっていうのが2つあります。それが自己分析とキャリアプランでして、本記事ではキャリアプランについて解説しています。...

 

他人の力に頼り切りだった

 

転職活動をしていけば必ず誰かの力を借りることになります。

それは決して悪いことじゃないです。

むしろ、客観的に物事を見ることはとても大事ですからね。

 

ただ、その力に頼り切りで転職活動を終えてしまうのは危険なんです。

 

例えば、転職エージェント

転職の知識や様々な企業の情報を専門としている方々なので、私たちが手に入れづらい情報を持っています。

企業が面接で聴いてくる項目であったり、重視しているポイントなどですね。

転職活動に対して不安で誰かと進めたい方にとっては、転職エージェントはすごくありがたい存在だと思います。

 

でも、大切なことって、自分で考えて、行動して、納得した答えは出すことなんです。

そうでないと、早期再転職をすることになりますし、精神的にも苦労することになってしまします。

転職エージェントに頼りきりでいると、どうしても自分の軸から離れていきやすいので、上手く付き合っていくといいですよ。

 

転職エージェントを使うこと自体は、良いことなので、おススメです。

転職エージェントの活用について深堀りしたい方は、以下の記事を合わせて読んでみてください。↓↓

  • 転職エージェントを活用しても受からないって本当?
  • エージェントを活用すれば受からない状況は変わるの?

こんな悩みを解決します↑↑

結論をいうと、エージェントを活用すれば爆速で進展することもあります。

転職エージェントを活用すると受からないは嘘です【内定が出た経験あり】
転職エージェントを活用すると受からないは嘘です【内定が出た経験あり】転職エージェントの活用は有益な手段ですが、活用する人次第で感想が180度変わります。 エージェントをうまく活用して、独力でも内定率を上げられる人にはメリットでしかなので、口コミがめちゃくちゃ良いです。...

 

転職エージェントを活用することは無駄にはなりません。

有益なものはドンドン利用したほうがいいです。

本記事では、転職エージェントを信用できないという方に向けて、 転職エージェントの信用性と正しい活用方法について解説していきます。

https://tenterview.com/careeragent-trust-bestway/

 

周囲の力に頼れるのも素晴らしいことですが、そこに頼り切りにならないことが重要です!

特に重要なのは、意思決定を必ずご自身で行うということです!

誰かの意見に流されて行動してしまえば必ず後悔することになります。

 

誰かに「ここで本当にいいよね??」と聞くのではなく、自分自身に聞いてあげましょう。

自分で意思決定をすることが後悔しないためのポイントになります。

 

転職活動の時間の少なさ

 

転職活動の時間が少ないのも、転職後に後悔しやすい要因です。

転職活動にかける時間は平均で3ヶ月ほどでして、その中の行動割合はこんな感じ。↓↓

  1. 転職を決意→0
  2. 自己分析→2週間~1ヵ月目
  3. 求人探しと応募→1ヵ月~2ヵ月目
  4. 面接→2ヵ月目
  5. 採用→3ヵ月目

 

時には時間を掛けることも大事です。

特に、転職は出来るだけ上記の順序を守って、ある程度の時間をかけることで、

自分が納得できる選択肢を見つけることができます。

 

といっても、転職活動中は生きた心地がしないですよね。

不安な気持ち、辛い気持ちはよく分かります。

新しい環境に早く身を置きたい気持ちも分かります。

 

でも、絶対に焦らないこと、これが大切です。

しっかりと自分と向き合って、友人や家族と話して、客観的に考えて、そこからご自身の考えに立ち返って、しっかりと整理していきましょう。

 

 

 

転職で後悔しないために出来ること

転職で後悔しないために出来ること

 

最後に、転職で後悔しないために出来ることを解説して終わりたいと思います。

それはズバリ、有益な情報を収集すること。

転職では、客観的な考え方を忘れないようにすることが大切ですからね。

 

有益な情報をうまく使えば難しくない

 

転職活動をしていて、最初に応募した企業から内定を貰えて転職できる人は滅多にいません。

ほとんどの人が必ず不採用の経験をするはずです。

そのまま不採用が続いて転職が出来ない人と、その後自分が希望する企業に転職できる人の違いは何なのか。

 

それは、主観的な考えに固執せず、失敗や客観的な考えを上手く自分に取り組めるかどうかです。

 

自分は、面接官からどう映っているのか。

自分の職歴や志望動機は、どう受け止められているのか。

企業が求めているような人材像なのかどうか。

 

転職活動中は上記の疑問や不安が出てこないように、しっかりと考え込みましょう。

最後に、その為に役立つ記事を貼っておきますので、ぜひ合わせて読んでみてくださいね。↓↓

転職はやる気次第でかなり成功率は変わってきます。

ただし、やる気と言っても、根性論なんかではないです。

経験やスキルがないと難しいのが転職ですが、経験やスキルがない人の攻略口は正にこのやる気の部分になります。

転職はやる気次第という言葉の意味を解説【決して根性論ではないです】
転職はやる気次第という言葉の意味を解説【決して根性論ではないです】転職はやる気次第でかなり成功率は変わってきます。 ただし、やる気と言っても、根性論なんかではないです。 経験やスキルがない人の攻略口は正にこのやる気の部分になります。...

 

前職を辞めた理由を正直に答えすぎて、不採用とされた方はめちゃくちゃ多いです。

面接で前職を辞めた理由について聞かれたときは、誠実になるべきですが、正直にならなくても大丈夫。

本記事を読めば、前職を辞めた理由の伝え方のコツを理解できます。

転職で前職を辞めた理由の上手い伝え方【正直になりすぎるのは危険です】
転職で前職を辞めた理由の上手い伝え方【正直になりすぎるのは危険】前職を辞めた理由を正直に答えすぎて、不採用とされた方はめちゃくちゃ多いです。 面接で前職を辞めた理由について聞かれたときは、誠実になるべきですが、正直にならなくても大丈夫。...

 

てんた
てんた
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!