自己分析の悩み

【プレッシャーに弱い人へ】転職のプレッシャーの対処法を解説します

【プレッシャーに弱い人へ】転職のプレッシャーの対処法を解説します

 

転職がうまくいかなかったらと考えるとプレッシャーに負けそう。

転職したいけど、プレッシャーに弱い自分ができるか不安。

 

てんた
てんた
こんな悩みを解決します↑↑

 

本記事の結論

  • プレッシャーを不安ではなく活力に変える習慣を身に付ければ怖いものなし
  • 転職の不安やプレッシャーに負けそうなら一人で立ち向かわないこと

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

今でこそ年収400万円UPの転職を成功したとアピールできていますが、転職活動中はいくつかのプレッシャーと闘い、苦戦するときも多かったです。

ただ、運の良いことに、僕はポジティブな人間だったので、転職のプレッシャーを活力に変えることに大して苦労はしませんでした。

 

じゃあ、ネガティブで転職のプレッシャーに弱い人は苦労するしかないのかと聞かれれば、答えはNO。

少し時間をかければ、不安やプレッシャーを活力に変えるのは誰にでもできることです。

ということで、本記事では、転職のプレッシャーに弱い人に向けて、転職のプレッシャーの対処法を解説していきます。

 

転職のプレッシャーの対処法を解説します

転職のプレッシャーの対処法を解説します

 

結論からいうと、転職のプレッシャーの対処法は、不安やプレッシャーを活力に変える習慣を身につけることです。

段階を追って解説していきますね。

転職で起こり得るプレッシャー

 

まず、転職で起こり得るプレッシャーについて軽くお話します。

挙げるとキリがないので、いくつか代表的なものを挙げます。↓↓

転職のプレッシャーの例

  • 転職が失敗するかもしれない
  • 現職を辞めなければよかったと後悔する
  • 無職になるかもしれない
  • 周囲からの期待
  • お金がなくなるかもしれない

 

ここの時点で気分が悪くなっている方は、休憩してから戻ってきてくださいね。

まあ、どれも現実に起こり得るものばかりですし、実際に僕が体験したプレッシャーもあります。(あとで体験談をお話しますよ)

もし、転職活動がうまくいかなければ、みなさんもこれらのプレッシャーと闘わなければいけません。

 

転職でプレッシャーに負け続けると厳しいです

 

もう少しだけ怖い話を続けますね。(このあとはポジティブな内容です

たとえば、転職活動がうまくいかずに、無職になるかもしれないプレッシャーが襲ってきたとします。

ここで一度や二度くらいならそのプレッシャーに負けて落ち込んでしまっても、這い上がるのは難しくないです。

 

ただ、これが何度も何度もプレッシャーに負けていくと、精神的に立ち直れなくなる可能性が大です。

それは転職活動をしている、もしくは検討している方なら想像したくもないほどに、予想ができるはず。

じゃあ、これをどうやって防げばいいのか。

 

それが、不安やプレッシャーを活力に変える習慣を身に付けるという方法です。

 

プレッシャーを活力に変える習慣を身に付けよう

 

プレッシャーを活力に変えるということは、簡単にいえば、不安なところを見ずに、ポジティブな面を意識するということです。

理想的なのは、切り替えた後に、ワクワクするようなメンタルになれるようにすること。

2つの例を出しますので、なんとなくのイメージを掴んでみてください。↓↓

  • 転職できるかどうか不安

  →でも、転職できたらいまの生活よりももっと充実した生活が送れる!

  • 家族の反対を押し切った分、良いところに入らないと

  →いや、ここで家族を見返してやるくらいの気持ちでいこう!

 

文章を見るだけだとめちゃくちゃ簡単に感じますよね。

でも、いざやってみるとできる人は少ないですし、継続できる人はもっと少ないです。

ただ、継続していけば、人が変わったくらいにポジティブなメンタルを持てるようになりますし、転職に限らず他の場面でも大きく役に立ちます。

 

より具体的にイメージできるように、僕の体験談についてお話していきます。

 

転職のプレッシャーを活力に変えた体験談

 

僕がその当時に闘っていたプレッシャーがこちらです。↓↓

  • 無職が続いてしまうプレッシャー
  • 貯金がなくなるプレッシャー
  • 家族からのプレッシャー

 

まず、既に起業活動に失敗し、アルバイトもしていなかったため、無職が続くかもしれないプレッシャーがありました。

そして、それに付随して貯金がなくなるかもしれない不安もあったり、そうなったときに手助けをしなければならない家族からのプレッシャーも感じていました。

言葉だと本当に軽いんですけど、実際に経験すると、プレッシャーに弱い方は軽く鬱になるかもしれません。

 

ただ、僕はもともとポジティブだったこともあり、これらのプレッシャーを活力に変えることは難しくなかったわけです。

たとえば、こんな感じ。↓↓

  • 無職が続いてしまうプレッシャー

 →どうせ無事に転職できて、その後はこんなに休めないんだから今のうちだ

  • 貯金がなくなるプレッシャー

 →お金がなくなる経験をいまできてるのはめちゃくちゃ良い経験

  • 家族からのプレッシャー

 →転職することをとやかく言われてるけど、結果で納得させてやろう

 

毎日のようにこのようなプレッシャーを活力に変える思考作業をしたことで、正しい努力を継続することができ、年収400万円UPという成果を出すことができました。

 

結論:不安を活力に変える習慣を身につけば怖いものなし

 

成功する人ほどメンタルを重視しますし、失敗する人ほど小手先のテクニックにこだわります。

これは、50人くらいの高校生の前でもお話したことですが、結果を出しているからメンタルが強くなるのではなくて、メンタルが強いから結果を出せるんです。

この順番は間違えたら絶対にダメ。

 

転職も同じように、プレッシャーを活力に変える習慣があれば、必ず上手くいきます。

自分の未来に自信が出てきますし、その自信は面接のときにめちゃくちゃ役立つ。

時間がかかるものなので、いまからでも始めていきましょう。

 

お金の不安はプチアルバイトで解決できます

 

ちなみに、転職活動中のお金の不安は、プチアルバイトで解決するのが一番です。

普通のアルバイトは短期に向かないですし、都合が悪いですよね。

かといって、短期バイトをするために登録会とかに行くのも面倒。

 

そんなときに使えるのがプチアルバイト(超短期バイト)でして、面接・履歴書の必要がなく、アプリで完結することができてしまうんです。

おすすめは、超短期バイトで利用率1位のシェアフル。↓↓

※ちなみにCMで有名なUbereatsは5位です。

 



 こちらから簡単に登録→スキマ時間で働くなら「シェアフル」

 

プレッシャーに弱い人は一人で立ち向かわないこと

プレッシャーに弱い人は一人で立ち向かわないこと

 

プレッシャーに弱くて転職に自信がない方は、無理して一人で立ち向かう必要はないです。

転職は一人でしないといけないルールはないです

 

転職を一人でしないといけないルールなんてないので、ドンドン周りを頼ってしまえばいいんです。

ただ、ここで重要なのは、転職経験がある方に頼るということ。

一人で悩み苦しむよりも、確実に良い結果を出します。

 

転職において客観性はめちゃくちゃ重要です。↓↓

転職活動は自分だけですべきではないです【客観性を持つべき3つの理由】
転職活動は自分だけですべきではないです【客観性を持つべき3つの理由】この記事を読めば、転職活動を自分1人だけでする必要がないと分かり、精神的に楽に考えながら転職活動を進められるようになります。...

 

おすすめの転職エージェント

 

おすすめの転職エージェントを2つご紹介しておきます。

キャラクターが異なるエージェントなので、自分に合う方を選んでいただければ大丈夫。

ただし、エージェントも同じ人なので、どうしても合う合わないは出てくるときがあります。

もし、エージェントと合わないと感じたり、頼りないと感じたらすぐに担当変えを申し込めば、違う担当がすぐについてくれます。

 



リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は2つ。

まず、転職した人の8割が活用しているという実績から分かる求人数の多さ。

そして、営業力が高く、企業間との交渉に長けているエージェントが揃っているということ。

どんどんエージェントに引っ張っていって欲しい方に向いています。

 

こちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】

 



マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴も2つ。

まず、20代の転職に特化しているため、20代ならではの悩みや不安に感じることを理解しているエージェントが揃っているということ。

そして、ヒアリング力が高いエージェントが揃っており、面談というお堅い形ではなく、相談に近い形でサポートを受けることができます。

ぐいぐい感のあるエージェントを使うのが不安な方に向いています。

 

こちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’s

 

転職エージェントのメリット・デメリットについてまとめた記事がこちら。↓↓

【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット
【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット 今のところ転職サイトを活用していて、自力で転職活動を行っているんだけど、これから転職エージェントを使おうか迷ってる。。。 ...

 

個人的に転職サポートを行っています

 

個人的にですが、無料で転職サポートを行っています。

これまでに本ブログを通じて12人の方の転職相談に乗っていて、現在は3人の方の相談を受けています。

興味がある方は、Twitterのアカウントのほうをフォローしていただいて、メッセージを送ってくれれば、いつでも相談に乗りますからね。

 

Twitterのアカウントは問い合わせページにも記載されています

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!