転職活動の悩み

転職はアルバイトしながらでも受かる【けど、普通のバイトは危険です】

転職はアルバイトしながらでも受かる【けど、普通のバイトは危険です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣のお悩み解決記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
アルバイトをしながらでも転職は出来るのかな?お金を稼いでおきたいけど、転職活動が疎かにならないか心配。

 

転職活動をしていたら誰でもぶち当たるお金とアルバイトの問題について、解説していきます。

 

転職はアルバイトしながらでも受かるのか解説

転職はアルバイトしながらでも受かるのか解説結論からいうと、アルバイトしながらでも転職は可能です。けど、普通のバイトはめちゃくちゃ危険です。ここを甘く見ると痛い目に合います。

 

アルバイトしながらの転職の落とし穴

確かに貯金が尽きてしまうのはめちゃくちゃ困るし、それは絶対に避けたいです。避けたいんだけど、いまのみなさんにとって大事なことって何でしょう。

うんうん、愚問ですよね、転職活動を成功させることが何より大事ですよね。

 

アルバイトをしながらというのも、その成功のためなんじゃないの?って思うかもですが、実はそうとは言い切れないんです。

 

アルバイトしながら転職をしようとすると、多くの人がこんな落とし穴にハマることになります。

  • 転職に向き合う時間が減る
  • アルバイト生活の楽さから抜けられなくなる
  • 面接の時間が取りづらくなる

→結果的にアルバイト生活が長引き、転職するまでに時間がかかる

 

こうなったら、マジで抜け出すのが大変です。別にアルバイト生活が悪いとか言ってるわけではないんですよ。

キャリアプランから逸れて、ただ楽な方へと進んでいくのが良くないと思うんです。

 

もう一度言いますが、みなさんにとって大事なことは転職活動を成功させることのはずです。

 

普通のアルバイトだと、それは助けではなくリスクになる可能性のほうが大きい。じゃあ、転職中に最適なお金の稼ぎ方は何なのか、ここを解説していきます。

 

転職中に最適なのは今どきのアルバイトです

結論をいうと、転職中に最適なのは今どきのアルバイトです。

 

今どきのアルバイトというのは、短期的に自由に働くことが出来るアルバイトのことだと思ってください。

たとえば、UberEatsとかシェアフルとかですね。

 

なぜこの今どきアルバイトが転職中に最適なのか。理由はこちらの3つです。↓↓

  • スキマ時間に働ける自由さ
  • 履歴書不要の面接なし
  • 1週間後に辞めても全く問題ない

 

何といっても、スキマ時間に働ける自由さが魅力ですよね。

普通のアルバイトをしてしまうと、事前に数週間先のシフトを決めておかないといけません。

 

そうなると、軸が転職ではなくアルバイトになっていき、思い描いた転職活動から離れていっちゃうわけです。

軸が転職活動からズレないというのは、転職を成功させる上でめちゃくちゃ大事なことです。

 

あとは、面倒なアルバイト用履歴書を作成する必要がなかったり、面接をしなくてもいいのが助かりポイントですね。

 

急に決まる転職予定にも対応しやすいので、言ってしまえば急に1週間後に辞めても全く問題ありません。

これらが今どきのアルバイトのメリットになります。

スキマ時間で働くなら「シェアフル」

就業先が安定していないのが唯一のデメリット

転職中の今どきアルバイトのメリットを解説してきましたが、当然ながらデメリットもあるわけです。

 

それは、就業先が安定していないということ。

つまり、登録してみないと、始めてみないとどのくらい働けるのか分からないということですね

 

まあ、これは普通のアルバイトでも同じようなことが言えますし、仕方ないことなのかなと思います。

 

感染症のせいで普通のアルバイトの求人が減り、今どきのアルバイトに流れてくる人が増えてきていますしね。

自由に働けるというのは、働ける確約がないということでもありますので。

 

ただ、働き場所がない確約もありませんので、まずは始めてみるのがいいかなと思いますね。

 

働きながら転職活動を成功させるコツを解説

働きながら転職活動を成功させるコツを解説働きながら転職活動を成功させるコツは3つだけ。3つだけを意識しながら進めていけば必ず成果は出ます。そのコツがこちらの3つ。↓↓

  • スケジュールを意識すること
  • 目標を創ること
  • 少なくとも二週に一度は面接を受けること

 

スケジュールを意識しないと堕落します

働きながらの転職で気を付けたいのが、アルバイト等で働くことに時間を割いてしまい、転職活動を疎かにしてしまうことです。

 

そうならない為の簡単な対策があります。それが、スケジュールを意識すること。転職活動の平均期間は3ヵ月程、長引くと半年くらいかかります。

 

そんな短期間だからこそ、毎日しっかりとスケジュールを組んでいくことが重要になってきます。

たとえば、こんな感じ。↓↓

今日は面接で使えるキャリアプランを考える

明日は応募する企業を3つくらいまで絞る

明後日はアルバイト!

キャリアプランがまだないという方は、こちらの記事をどうぞ。↓↓

転職ではキャリアプランで差別化すべきです【面接落ちやすい人必読】
転職ではキャリアプランで差別化すべきです【面接落ちやすい人必読】意外と多くの方が無視しがちなんですが、転職ではめちゃくちゃ重要なんだよっていうのが2つあります。それが自己分析とキャリアプランでして、本記事ではキャリアプランについて解説しています。...

 

メリハリをもたせるため、転職する意欲を落とさないため、チャンスを逃さないために。働きながらの転職ではスケジュールを意識することがとっても大切です。

 

目標を創ると継続力と行動力が生まれる

ここの目標というのは、転職活動をしてどうなりたいのかということ。

何で転職活動をするのか、何のために転職活動が必要なのか。ここを明確にしておくと、継続力も行動力も生まれてきます。

 

というのも、エージェント業務を行っていて気付いたことですが、転職や転職後の目標がない人の8割近くが転職を失敗しています。

 

せっかく転職したのに前職のときと全然変わらないとか、まだ前の仕事のほうが楽しかったとかですね。

なぜこうなってしまうのか、簡単にいうと転職のやる気が段々と落ちていき、妥協を連続して行うようになるからなんです。

 

何のためにするのか、ここの思いがあるだけで未来は大きく変わっていきます。本気で取り組める目標を時間をかけてでも考えてみてください。

 

ここがあると面接のときにも使えるので、かなり重要ポイントです。詳しくは、先ほどのキャリアプラン記事を読んでみてくださいね。↑

 

二週に一度は面接を受けないと経験値にならない

正直、転職の面接は慣れが重要になってきます。

面接官が何を質問してくるのか、自分の何を評価されているのか、どう伝えれば自分をアピールできるのか。

 

1回目から上手くできる人はいませんし、回数を重ねて上手く伝えられるようになるしか方法はありません。

 

なので、少なくとも二週に一度は面接を受けておくのをおススメします。できれば毎週受けて欲しいですが、精神的にも疲れるので無理する必要はありません。

 

ただ、1ヵ月以内に転職活動を終わらせたいという方は、二週に一度といわず、一週間で二度は受けておいた方がいいかなと個人的には思っています。

 

僕の過去の転職経験の場合、3ヶ月以内で転職活動を終わらせたかったときは週に一度は面接を受けていました。

1ヵ月以内で終わらせたかったときは、一週間に二度は入れておきました。

 

面接の経験値を高めておくと、自分の経歴の何を聴かれるのか絞れてきますし、何をどう伝えれば採用されやすくなるのか分かってきます。

 

実践して、分析して、改善する。

このサイクルを回していれば、必ず面接力は爆発的に上がっていきますからね。客観的に改善点を探すのがポイントですね。

 

上手く働いて転職を成功させよう

ということで、本記事では、こちらの悩みについて解説しました。↓↓

ごりー
ごりー
アルバイトをしながらでも転職は出来るのかな?

お金を稼いでおきたいけど、転職活動が疎かにならないか心配。

 

アルバイトをしながらでも転職活動はできますが、お金を確保するメリットがあるのに対して、転職に集中できなくなるリスクというデメリットもあります。

 

大事なのはどうやってお金を稼ぎながら、転職に集中できる環境を持続させるのかということ。

そのために今どきのアルバイトは役に立つよってことが本記事の結論ですね

 

ただ、この働き方も、始めてみないとどのくらい働けるのか分からないというデメリットはあります。

でも、無料で確かめられることですし、転職活動中は登録しておいて損はないんじゃないかなと思いますね。


シェアフルは、数ある短期バイトの中で、業界1位の利用率を誇っています。

ちなみにCMで有名なUbereatsは5位でした。

こちらから詳細をチェック→スキマ時間で働くなら「シェアフル」

 

てんた
てんた
ということで、本記事をお読みいただきありがとうございました!

みなさんの転職が無事に成功することを祈っています。