転職活動の悩み

転職はアルバイトしながらでも受かる【けど、普通のバイトは危険】

転職はアルバイトしながらでも受かる【けど、普通のバイトは危険です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で転職エージェント業務をしながら、複業で累計17万人以上が訪れている転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
アルバイトをしながらでも転職は出来るのかな?お金を稼いでおきたいけど、転職活動が疎かにならないか心配。

 

結論からいうと、転職活動中にアルバイトなどをするのはおススメしないんですけど、金欠のリスクがあるなら逆に絶対にしておいた方が良いです!

なぜかというと、「金欠のあまりに転職先を妥協して選ぶようになってしまい、その結果ミスマッチからの早期退職が起きやすくなるから」ですね。

 

とはいえ、「転職活動中にアルバイトをしていたら悪影響にならないの?」という疑問も捨てきれない人は多いかなと思いますので、本記事ではここを解決していきます!

4分ほどで読み終わりますので、是非参考にしてみてくださいね!

 

転職はアルバイトしながらでも受かるのか解説

転職はアルバイトしながらでも受かるのか解説アルバイトしながらでも転職活動をする人は多いですし、それで受かる人も大勢います。なんですけど、当然ながら落とし穴もありまして、ここを甘く見ると痛い目に合います。

 

アルバイトしながらの転職の落とし穴

アルバイトしながら転職活動をしようとすると、多くの人が下記のような落とし穴にハマることが多いです。↓↓

  • 転職に向き合う時間が減る
  • アルバイト生活の楽さに慣れてしまう
  • 面接の時間が取りづらくなる

 

転職活動中のアルバイトは金欠を回避できるメリットもありますが、逆に金欠を回避出来ていることで安心感が生まれてしまいます。これがめちゃくちゃデメリットなんですよね。

「生活ができなくなるほどの金欠でもないから、バイトがない日に転職活動をしようかな」みたいに思ってしまう人がめちゃくちゃ多いわけです。

 

そうなると次第に転職活動のことを考える時間が減るので、キャリアプランから逸れ始めたり、面接対策が疎かになったりするわけですね。

あなたにとって一番大切なのは、「納得のできる転職をすること」です。その次あたりに生活費に困らないように転職活動をするっていう目的があります。

 

普通のアルバイトをしていると、どうしても一番大切な目的を忘れてデメリット部分の影響を受けやすくなりますので、とにもかくにも注意しましょう!

じゃあ、普通のアルバイトが少しリスクがあるとして、転職中に最適なお金の稼ぎ方は何なのか。ここを次に解説していきます!

 

転職中に最適なのは今どきのスキマバイトです

結論をいうと、転職中に最適なのはスキマバイトです。

スキマバイトというのは、短期的に自由に働くことが出来るアルバイトのことですね。たとえば、UberEatsとかシェアフルとかです。なぜこの今どきスキマバイトが転職中に最適なのか。理由はこちらの3つです。↓↓

  • スキマ時間に働ける自由さ
  • 履歴書不要の面接なし
  • 1週間後に辞めても全く問題ない

 

何といっても、スキマ時間に働ける自由さが魅力ですよね。普通のアルバイトをしてしまうと、事前に数週間先のシフトを決めておかないといけません。

そうなると、軸が転職ではなくアルバイトになっていき、思い描いた転職活動から離れていっちゃうわけです。軸が転職活動からズレないというのは、転職を成功させる上でめちゃくちゃ大事なこと。

 

あとは、面倒なアルバイト用履歴書を作成する必要がなかったり、面接をしなくてもいいのが助かりポイントですね。

急に決まる転職予定にも対応しやすいので、言ってしまえば急に1週間後に辞めても全く問題ありません。これらが今どきのアルバイトのメリットになります!

 

就業先が安定していないのが唯一のデメリット

当然ながらデメリットもありまして、それは、「就業先が安定していないということ」です。つまり、登録してみないとどのくらい働けるのか分からないんですよね。

普通のシフト制のアルバイトのほうが安定性と確度があるので、そこはスキマバイトのデメリットになります。

 

スキマバイトを本業にして月に7桁の収入を稼ぐ人もいるそうなので、地域や何をするかにもよるのが正直なところですね。

働き場所がない確約はありませんので、まずは始めてみるのがいいかなと!

 

結論:転職活動中はスキマバイトがおすすめ

シフト制みたいな安定的に働き方でなくても、自由に働いて小遣い稼ぎをしたいという方は、スキマバイトがめちゃくちゃおすすめです!

特に、下記のシェアフルは有名ところなUberや出前館を押さえて人気NO.1ですので、特におすすめですね。↓↓


シェアフルは数ある短期バイトの中で業界1位の利用率を誇っています。ちなみにCMで有名なUbereatsは5位でした。

こちらから詳細をチェック→スキマ時間で働くなら「シェアフル」

 

とはいえ、何度も言いますが、一番大切なのは「どんな小遣い稼ぎをするかではなく、どうやって転職活動を成功させるか」ですよね。

最後に、働きながら転職活動を成功させるコツを解説していきますので、是非もう少しだけお付き合いください!

 

働きながら転職活動を成功させるコツ3つを解説

働きながら転職活動を成功させるコツ3つを解説働きながら転職活動を成功させるコツは3つだけ。3つだけを意識しながら進めていけば必ず成果は出ます。そのコツは下記の通り。↓↓

  • スケジュールを意識すること
  • 目標を創ること
  • 少なくとも二週に一度は面接を受けること

 

スケジュールを意識しないと堕落します

働きながらの転職で気を付けたいのが、アルバイト等で働くことに時間を割いてしまい、転職活動を疎かにしてしまうことです。

そうならない為の簡単な対策があります。それが「スケジュールを意識する」こと。転職活動の平均期間は3ヵ月程、長引くと半年くらいかかります。

 

そんな短期間だからこそ、毎日しっかりとスケジュールを組んでいくことが重要になってきます。たとえば、こんな感じ。↓↓

今日は面接で使えるキャリアプランを考える!

明日は応募する企業を3つくらいまで絞る!

明後日はアルバイト!

 

メリハリをもたせるため、転職する意欲を落とさないため、チャンスを逃さないため、働きながらの転職ではスケジュールを意識することがとっても大切です!

いつまでも優良求人が残っているわけではないので、メリハリをつけて行動していきましょう!

 

目標を創ると継続力と行動力が生まれる

ここの目標というのは、転職活動をしてどうなりたいのかということですね。何で転職活動をするのか、何のために転職活動が必要なのか。ここを明確にしておくと、継続力も行動力も生まれてきます。

逆に目標がないと、何となくで転職先を決めたり妥協した転職をすることになるので、ずっと仕事に対する満足度は上がらないまま年齢を重ねていくことになります。「気づいたときにはもう転職しづらい年齢になっている」なんていうのはあるあるですね。

 

何のためにするのか、ここの思いがあるだけで未来は大きく変わっていきます。本気で取り組める目標を時間をかけてでも考えてみてください!

 

二週に一度は面接を受けないと経験値にならない

正直、転職の面接は慣れが重要になってきます。面接官が何を質問してくるのか、自分の何を評価されているのか、どう伝えれば自分をアピールできるのか。

1回目から上手くできる人はいませんし、回数を重ねて上手く伝えられるようになるしか方法はありません。

 

なので、少なくとも二週に一度は面接を受けておくのをおススメします。できれば毎週受けて欲しいですが、精神的にも疲れるので無理する必要はありません。

ただ、1ヵ月以内に転職活動を終わらせたいという方は、二週に一度といわず、一週間で二度は受けておいた方がいいかなと個人的には思っています。

 

僕の過去の転職経験の場合、3ヶ月以内で転職活動を終わらせたかったときは週に一度は面接を受けていました。1ヵ月以内で終わらせたかったときは、一週間に二度は入れておきました。

面接の経験値を高めておくと、自分の経歴の何を聴かれるのか絞れてきますし、何をどう伝えれば採用されやすくなるのか分かってきます。

 

実践して、分析して、改善する。

このサイクルを回していれば、必ず面接力は爆発的に上がっていきますからね。客観的に改善点を探すのがポイントですね。

 

まとめ:小遣いを稼いで納得できる転職をしよう

アルバイトをしながらでも転職活動はできますが、お金を確保するメリットがあるのに対して、転職に集中できなくなるリスクというデメリットもあります。

大事なのはどうやってお金を稼ぎながら、転職に集中できる環境を持続させるのかということ。そのために「今どきのスキマバイトは役に立つ!」ってことが本記事の結論ですね!

 


シェアフルは数ある短期バイトの中で業界1位の利用率を誇っています。ちなみにCMで有名なUbereatsは5位でした。

こちらから詳細をチェック→スキマ時間で働くなら「シェアフル」

 

てんた
てんた
本記事をお読みいただきありがとうございました!