自己分析の悩み

【転職か起業か】起業活動からの転職経験者が語る転職と起業の選び方

【転職か起業か】起業活動からの転職経験者が語る転職と起業の選び方

 

  • 転職するか、起業するか迷っているんだけどどうしょう

こんな悩みを持っている方にこの記事はおススメ

 

この2つの選択肢で迷っている方は意外とたくさんいるかと思うんですよ。

或いは「就職か起業か」で悩んでいる方とか。

正直、ここの選択次第では後々後悔することになるほど、この選択は重要なもののわけです。

 

だからこそ、中々1人では決めれない方もいるかと思うので、起業活動か転職かで悩んでいる方の力になれればと思って、この記事を書きました。

てんたは、実際に起業活動から転職活動を行った経験者なので、そこから分かったことなどを中心にお話していきます!

ということで、本記事のテーマは【転職か起業かどっち?】起業活動からの転職経験者が語る転職と起業の選び方!について!

 

てんた
てんた
大切な選択だからこそ、しっかりと考えて行きましょう!

 

 

 

起業活動から転職して分かったこと

起業活動から転職して分かったこと

 

てんた
てんた
早速、実際に起業活動から転職して分かったことについてお話していきます!

 

起業活動から転職して分かったことは主に2つ。

  • そこらのベンチャー企業の社長と自分はそこまで変わらない
  • ただ企業に属して働くだけでは満足できなくなった

 

 

そこらのベンチャー企業の社長と自分はそんなに変わらない

 

てんた
てんた
自分を高く見積もっているわけではなく、客観的な考察です。

 

何だか凄い傲慢な意見に聞こえるかもしれませんが、おそらくこの考えに賛同してくれる方は結構多いと思うんです。

ベンチャー企業の代表と話していても、アイデア力であったり、コミュニケーション能力であったり、起業家精神みたいなものにそんなに差が感じられない。

というか、そこは明確な差にはなりづらいことなんですよね。

 

じゃあ、何が彼等と違うのかって考えたら、確実なことが1つ思い浮かびました。

それは「やり続けたかどうか」ということ。

つまり、行動力と気力の問題なんです。

 

悩み人さん
悩み人さん
え、そんな精神論的なことなの?!

って思うかもしれませんが、結局大事になってくるのはそこなんですよ。

海外に比べれば、日本はまだ起業することに対して物凄いハードルがあるものだと勘違いしてしまっているかもしれません。

 

成功する人はやり続けれるほどの覚悟がある。

起業活動を辞めて、転職活動をした中で分かったことは、一番自分が自信を持っていた行動力が足らなかったということ。

 

 

ただ企業に属して働くだけでは満足できなくなった

 

てんた
てんた
一体自分は何しているんだろうって気持ちはとてつもなく辛い・・・。

 

あまり詳しくは言えませんが、てんたの起業活動は意外と手ごたえがあったんですよ。

求める声もあったし、リスクも少なかった。

それでも最後の実行するところの問題解決が上手くいかなかったんです。

 

悔しい気持ちを抱えながら、目の前の生活の為にも転職活動を始めたわけですが、その頃からただ企業に属して働くということだけでは満足できなくなってしまったんです。

そりゃあ、そうなんですよね。起業活動と転職活動は話が全く異なるわけですから。

何か行動していないと気が済まない、何かに貢献したい気持ちが残っている。

 

そういうもどかしい気持ちが起業活動を終えてからありました。

幸い、その気持ちを解決する1つの方法としてこのテンタビューが生まれて、少しずつ見てくれる方も増えています。

もし、そうではなかった場合を想像すると本当に怖い。(笑)

 

てんた
てんた
ここまでてんたの体験談をお話してきましたが、ここからは転職と起業の選び方についてお話していきますね!

 

 

 

転職と起業の選び方

転職と起業の選び方

 

てんた
てんた
ということで、ここからは転職と起業の選び方についてお話していきますね!

 

転職と起業のどちらかをするかで悩まれる方は結構多いですが、この2つは全く異なるものなのはみなさん分かっていますよね。

何となく人生の岐路に立って、その2つが頭の中にあるという方は、これからお話することをしっかりと考えてみてください!

ということで、転職を選ぶべき方と起業を選ぶべき方の特徴はこんな感じ!

 

転職を選ぶべき方の特徴

  • お金持ちになりたい、収入を増やしたい方
  • 何をすればいいのか定まっていない方
  • 安定性を求める方、早く結果が必要な方

 

起業を選ぶべき方の特徴

  • 社会貢献への意識が強い方
  • したいことが明確に定まっている方

 

てんた
てんた
各特徴について解説していきますよー!

 

 

転職を選ぶべき方の特徴

 

てんた
てんた
これはあくまでも僕の持論ですので、ご了承ください!

 

もし、この記事を読んでいる方の中で「お金持ちになりたいから」とか「社長になりたいから」という理由で企業をしようと考えているのなら、いますぐ転職活動をしたほうがいいです。

理由は単純です。

「お金持ちになろう」ではなく、「社会に貢献しよう」と考える人が成功していくからです。

 

人や地域や社会にどう貢献できるのかを考えるのが、起業活動といっても過言ではない。

そのサービスや商品をどれだけの人が求めるのかが重要で、求める数が価値になるんですよね。

こういうものは「お金持ちになりたい」とかの動機では叶えられないものです。

 

てんた
てんた
また、起業活動をするとして、なにをしていくのか定まっていない方は、いますぐに起業活動をすることはおすすめしません。

 

何をすればいいのか、何をしたいかが定まっていない方は、今は起業は控えて転職を選ぶべき!

起業活動をする方はある程度方向性みたいなものが定まっていることが多いです。

  • 環境問題を解決するための○○をしたい!
  • もっと販売員の頑張りが評価されるようなシステムを作りたい!

とかとか。

 

挑戦して、失敗して、学んで次に活かすということは確かに重要ですが、「方向性」を定めないと間違った方向に行きやすい。

なので、その方向性が定まっていない方はとりあえず転職をして、新たな視点から方向性を考えて行くのがおススメです!!

 

 

起業活動を選ぶべき方の特徴

 

てんた
てんた
最後に気になる起業活動を選ぶべき方の特徴についてお話していきますよー!

 

まず、起業を選ぶ方の特徴の1つが社会貢献への意識が高い方!

起業が成功するというのは、何かに貢献できたということ。

自分の欲求を満たす気持ちよりも社会貢献への意識のほうが強くないと必ずどこかで躓きます。

起業家の素質とまでは言いませんが、そのような精神を持っているかというのはとても重要ですので、もし、社会貢献への意識が強い方は起業活動を視野に入れてみるといいかもしれませんね!

 

そして、何をするべきか定まっている方は転職活動よりも起業活動に向いているといえます!

方向性が定まっていれば、どのように営業していくべきなのか、どのような進めていくべきなのかといった道筋もハッキリしてきます。

これまでの社会人経験の中でもう既に何か考えている方もいるかと思いますし、そのような方はぜひ一度起業にチャレンジしてみるべきです!

 

てんた
てんた
大切なのは行動力と、やり続けること!

気持ちの強さですからね!

 

 

まとめ

 

ということで、ここまで【転職か起業かどっち?】起業活動からの転職経験者が語る転職と起業の選び方!についてお話してきました。

 

人生の中で重要な選択肢だからこそ、最後に頼るのは自分自身の直感と気持ちです。

後悔のないようにしっかりと考えていってくださいね!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!