自己分析の悩み

転職活動は自分だけですべきではないです【客観性を持つべき3つの理由】

転職活動は自分だけですべきではないです【客観性を持つべき3つの理由】

 

  • 自分だけで転職できる気がしない
  • 1人で転職活動をしていたら不安になってきた
  • 転職活動では客観性はあったほうがいいの?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事では、[ 転職活動で客観性を持つべき3つの理由 ]についてお話していきたいと思います。

 

転職活動は、自分の希望や強みなど、自分自身に対して焦点が当てられるため、主観的に考えやすいです。

ですが、面接対策や自己分析、企業選びなどの場面では、客観性を持って考えることがとても重要になってきます。

本記事では、なぜ、客観性が重要なのについて3つの理由に分けて説明していきます。

 

この記事を読めば、

転職活動を自分1人だけでする必要がないと分かり、精神的に楽に考えながら転職活動を進められるようになります。

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

転職活動で客観性を持つべき理由

転職活動で客観性を持つべき理由

 

転職活動で客観性を持つべき3つの理由がこちらです。

  • 面接官の視点で回答を考えるため
  • 精神的に楽に転職活動を進めていくため
  • 自分の改善点を気づきやすくするため

 

面接官の視点で回答を考えるため

 

面接官の視点で考えることは、面接対策をする上で欠かせないものになります。

転職者である自分が良かれと思ったことでも、面接官の視点にたって考えれば、マイナスな印象を与えてしまうなんてこともあるわけです。

たとえば、こんな例があります。

面接官
面接官
前職は営業ですが、成果を上げるために、どのように取り組みましたか?」
転職者
転職者
休憩時間を削ったり、ギリギリまで会社に残って仕事をしていました。(心の声:時間を無駄にせずに、成果を出す意欲をアピールできたぞ!)

面接官
面接官
それはストイックですねー。(心の声:メリハリとか、短時間で効率的に仕事ができないのかな?)

 

こんなミスしないだろうと思う方もいるでしょうが、案外多くの方がこのようなミスをしてしまっています。

面接官の視点にたって考えなければ、このような罠に引っかかってしまうことになります。

 

 

精神的に楽に転職活動を進めるため

 

転職活動で一番避けたいのは、精神的に追い込まれてしまうという状況です。

そうなってしまえば、転職を成功させることは難しいですし、生活ができなくなる可能性もあります。

精神的に追い込まれてしまう状況に陥りやすいのは、圧倒的に主観的な考えに頼っている方です。

なぜなら、客観性を持たないということは、ストレスの吐き口がなくなるからです。

 

ストレスの吐き口といっても、うまくいかない愚痴を誰かに漏らすことではありません。

その時間があるなら、どうしたらうまくいくのかを考えるべきです。

ここでいうストレスの吐き口というのは、うまくいっている人の行動を吸収するということです。

 

たとえば、5社受けて、全部一次面接で落ちてしまったとします。

そこで、客観性を持たずに、自分の考え方1つで考えてしまえば、答えは出づらいですし、精神的にも負担が大きくなります。

ですが、転職エージェントに相談したり、転職経験者に相談するなどの客観性を持てば、参考になることがあるでしょうし、精神的にも天と地ほどの差が出てきます。

転職を成功させるためには、精神的に楽に進めていくことは必要不可欠です。

 

 

 

自分の改善点を気づきやすくするため

 

誰もが経験するこんなシチュエーションがあります。

面接官
面接官
いま、もう他に内定を貰ってるところありますか?
転職者
転職者
はい、3社ほどから内定を頂いています。(心の声:求められている人材アピールだ!)

 

僕もはじめて転職活動をしたときは同じミスを犯していました。

というのも、ここですべきなのは、[ 他社から求められているアピール ]ではなく、[ 面接している企業への入社意欲アピール ]だからです。

これを改善してからは、内定を貰える確率が90%ほどになりました。

 

じゃあ、どうやって改善できたのかというと、転職経験者さんの話を聴いたからです。

つまり、客観性を取り入れたという事ですね。

そう、大したことはしてないんですよ。

でも、このほんの少しの客観性のおかげで、内定を貰える確率が90%に上がったわけです。

 

 

 

 

転職エージェントの活用or転職経験者に相談すること

転職エージェントの活用or転職経験者に相談すること

 

ということで、ここまで客観性を持つべき3つの理由について述べてきましたが、具体的に客観性を持つ方法はこちらの2つです。

  • 転職エージェントに相談する
  • 転職経験者に相談する

 

 

転職エージェントに相談する

 

客観性を持つ上で、誰からアドバイスを受けるのかというのはとても大切なことです。

言うまでもないですが、転職したこともない友人や家族に相談するのはやめておきましょう。

相手に経験がないのなら、相談ではなく、愚痴に近くなってしまいますし、有益な情報はあまり得ることはできません。

 

ですので、客観性を持つなら、転職エージェントのような転職活動のプロに相談するのがベストです。

ただ、転職エージェントにも当たりはずれがあるのは事実です。

なので、僕の経験や転職した方のインタビュー結果から、こちらの2つの転職エージェントを強くおすすめします。

マイナビジョブ20’s



20代の転職に特化されているため、転職初心者から中級者向けの転職エージェントになります。

業界や職種ごとに専門のエージェントを配置していますので、安心して相談することができます。

こちらから簡単に登録マイナビジョブ20’sで相談

 

リクルートエージェント



企業との交渉力や求人数の多さが特徴のリクルートエージェント。

知識の豊富さに加え、営業力の高いエージェントが多いです。

こちらから簡単に登録【リクルートエージェント】

 

 

転職経験者に相談する

 

いきなり、転職エージェントに相談するのはハードルが高いよって思う方もいるかと思います。

そのような方は、転職経験者に相談してみましょう。

転職活動でしておけば良かったと思うことや、効果のあった対策などを聴き出せれば、それだけで内定を貰える確率は上がってきます。

無知が一番避けるべきですからね。

 

もし、身近に転職経験者がいなかったり、相談しづらいということであれば、僕がいつでも相談に乗りますので、TwitterのてんたアカウントへDMをください。

一応伝えておくと、僕は転職で、年収200万円UPかつやりたい職種に就くことが出来ました。

また、既に何十人の方の転職に関する相談を受けていますので、怪しいものではないですので、ご安心ください。

※僕のTwitterアカウントは問い合わせページ、もしくはサイドバーに貼ってあります。

 

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!