面接の悩み

転職で経験年数があるのに受からない【人柄面の対策が採用に繋がる】

転職で経験年数があるのに受からない【人柄面の対策が採用に繋がる】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
募集に記載のある経験年数は足りているのに、なぜか受からない。経験があっても受からないときはどうしたらいいの?

 

正直、転職において経験があるのは大きなアドバンテージです。

でも、経験があるから必ずしも受かるわけではありません。経験があるのに転職活動がうまくいかないなんて人はたくさんいます。

 

なんで経験があるのに受からないのか。残酷かもしれませんが、ほとんどの場合は人柄面が原因で落ちています。

 

つまり、企業が理想としている人柄面とは離れているということです。

 

経験があるのに受からない方は、ここを改善すれば結果は出ます。

ということで、本記事では、下記のことを解説します。ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

経験があるのに受からないときの対策を解説

経験があるのに受からないときの対策を解説転職で採用基準となるのは、主に経験と人柄。

いまみなさんは、そのうちの1つ経験を持っています。なので、やるべきは人柄面で対策を打つことですね。

 

企業が求める人材像を理解することが重要

企業ごとに求める人材像は異なりますし、職種によっても異なります。

真面目にコツコツと努力できる人材が欲しい企業もあれば、営業だから元気に行動力のある人材が欲しいと思うところもあるわけです。

 

いくら経験があったところで、ここがミスマッチなら採用確率はガクッと落ちます。

 

じゃあ、ミスマッチを起こさない為にはどうすればいいのか。

答えは簡単。企業が求める人材像を理解して、面接ではそれに適した言動をすればOKです。

 

企業が求める人材像を理解するには、主に2つの方法があります。それがこちら。↓↓

  • 自分で調べる
  • 知っている人に聴く

 

自分で調べる

企業が求める人材像を自分で調べる場合、下記の2つを見てみれば大体のことは分かります。

  • 自分が応募した求人
  • 企業のHPの採用ページ

 

まず、一番簡単なのが求人をよーく見てみることですね。

 

求人には、企業がどんな人材を求めているのかが記載されています。

分かりやすく「こんな人に向いています」とかで載っている場合もあれば、文章から自分で読み取る場合もあります。

 

ただ、求人だけで分かることはたかが知れています。もう少し深く理解するには、企業の採用ページを見てみるのがおススメです。

 

企業の公式HPのほうが詳しく掲載されていることが多いですし、社内インタビューとかもめちゃくちゃ参考になります。

求人には書いてないけど、企業ページには書かれていることなんかは要チェックですね。

 

知っている人に聴く

自分でも調べるのはアリですが、より確実なのは内情を知っている人に聴くこと。

 

かといって、企業に直接聴くわけにはいかないですよね。そこで転職エージェントの出番になります。

 

転職エージェントは、応募した企業がどんな人材を欲しがっているのか、どんな面接対策をすればいいのか教えてくれます。

 

この情報を知って、エージェントにサポートして貰えれば、採用される確率は必ず上がりますよ。

 

もちろん、エージェント会社が抱えている求人の中に興味のある企業があればの話。

エージェントを利用しないと応募できない求人もありますので、まずはチェックしてみるといいですね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

転職は受からなくても焦らないこと

転職は受からなくても焦らないこと経験があるからこそ、受からない現状に焦ってしまうことがある。

行動することは大切ですけど、焦りながらの行動は注意力に欠けたり、とりあえずで物事を進めてしまいやすい。

ということで、選考に落ち、気分も落ち込んでいる方に少しお話があります。

 

落ちたら分析して次に活かすだけです

転職って人生の中で、かなり大きなターニングポイントなんですよね。

 

ブラック企業に転職してしまったら心身ともに疲弊しちゃいますが、逆に自分が希望する場所に転職できたらかなり最高な数年間が待っているはずです。

今、みなさんは、そんな重要な時期を迎えているわけです。

 

だからこそ、受かったら嬉しいし、落ちたら悲しい。気持ちはめちゃくちゃ分かります。僕も同じく転職経験者ですし、毎日転職したい人をサポートしていますからね。

そんなみなさんに、1つアドバイスを送りたい。

 

それは、落ちた企業の数とみなさんの能力はイコールじゃないんだよってことです。ここを勘違いしてネガティブになり、どんどんうまくかなくなる方はめちゃくちゃ多い。

 

確かに、自分を上手くアピール出来てなかったり、企業を理解しきれていなかったなど、自身の準備不足が原因で落ちることもあります。

この場合は、問題が明確なので、分析して改善すれば何の問題もありません。伸びしろしかないなって思っておけばいいんです。

 

でも、それとは違って、みなさんの力ではどうしようもないことで落ちるのもよくあります。

 

たとえば、未経験の職に応募したとしたら、どうしても経験者が優先されてしまうのは仕方がないことです。

あとは面接官と合わなかったとかね。

 

正直、そんなどうしようもない選考落ちに関しては、悩むだけ時間の無駄です。

「ああ、自分を入れないなんて見る目がないんだな」って思っておけばいいんです。伸びしろはしっかり伸ばして、仕方のないことは考えない。これが大切です。

 

企業が欲しい人材像を理解して行動していこう

上手くいことを考えて、その為に努力を怠らない。

これが出来れば、面接官から採用したいと思えるような人材に近づくことができます。そこから採用されるまでに必要なのは、行動力です。

 

企業選びをする行動力。採用されるための準備の行動力。面接を受けに行く行動力。めんどくさい、そこまでしなくてもいいだろっていう妥協がある以上は必ず苦戦が続きます。

 

みなさんはそうならないように、どんどん考えながら行動に移してみてください!そうすれば、叶えたい未来が手に入るはずです。

自己分析と面接対策をしておきたい方は、簡単にスマホでできるのでこちらがおすすめです。↓↓

日本の人事部HRアワード2019最優秀賞「ミイダス」の無料診断はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!