企業決めの悩み

【内定もらったけどどうしょう】転職で内定を保留するときの注意点!

【内定もらったけどどうしょう】転職で内定を保留するときの注意点!

 

  • 内定を貰ったけどそこに入社しようか迷う・・・。
  • 内定を貰ったらいつまでに返事すればいいのかな?
  • 内定を保留する時はなんて伝えるべき?

こんな悩みを持っている方にこの記事はおススメです

 

内定を貰えるととりあえずホッとしますよね。

みなさんが努力した結果ですし、そこがみなさんにとって最高の環境であれば嬉しい限りです。

でも、残念ながらそうじゃないこともあるわけですよね。

 

上の悩みのように、内定を貰ったものの、その企業に入社してもいいのか迷ったり、第一志望の企業から内定を貰えたら断ろうとか色々な状況があるかと思います。

ということで、本記事では上の悩みを中心に【内定もらったけどどうしょう】転職で内定を保留するときの注意点!についてお話していきます。

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

内定を貰って、迷った時にすべきこと

内定を貰って、迷った時にすべきこと

 

てんた
てんた
内定を貰えて一安心!

でも、入社するかは迷うっていう方結構多いですよね

 

最終面接を通過する確率は50%ほど。

企業によっては1ヵ月以上時間が掛かることもある。

精神的にも苦労して勝ち取ったはずの内定なのに、なぜか受諾するか迷ってしまう。

 

その理由はめちゃくちゃ簡単なことですよね。

どうしてもその企業に入社したいと本気で感じていないからです。

他の企業のほうが魅力的に感じていたり、妥協でその企業を受けていたなど、様々な状況があると思いますが、主な理由は本気でそこに入社したいと思えていないからです。

 

てんた
てんた
じゃあ、内定を受けようか迷う時はどうしたらいいのか。

それはその企業で楽しめるのかを考えることです。

特に、仕事内容や人間関係について考えてみてほしい。

 

正直、お金の問題は個人の努力次第である程度どうにかなります。

それがいまの時代の良いところですからね。

ただ、業務内容や人間関係に不安や不満を抱えたまま入社すると後々に必ず後悔します。

 

せっかく苦労して転職したのに、すぐに辞めて転職活動をする方が多いのはそこを妥協してしまっているのが理由なことが多いです。

なので、不安や不満を出来るだけなくし、楽しんで新しい生活を始められるような環境を選んでください。

もしも、「やっぱりこの企業じゃないな」と感じた場合は、もう一度他の企業を検討することを強くお勧めします!

ここから短期間で転職活動をする方はこちらの記事もぜひ読んでみてくださいね

【転職活動1ヵ月で内定は貰える】短期間の転職ですべきことを解説
【転職活動1ヵ月で内定は貰える】短期間の転職ですべきことを解説転職には平均3ヵ月程度かかると言われています。それを1ヵ月程度で成功させたいのなら、それなりの努力が必要です。具体的に何をすればいいのかを解説しますが、誰にでもできることなので、安心してくださいね。...

 

 

内定を貰った時の返答期限

内定を貰った時の返答期限

 

てんた
てんた
返答期限はあるようでないもんです

 

はじめに結論からお伝えすると、内定の返答期限は、長くても1週間と思ってください。

理由の内容にもよりますが、長くても1週間です。

それを超えてしまうと、せっかく企業から求められている印象が落ちてしまいますので要注意

 

ベストな返答期限は1~3日以内に伝えることです。

もちろん、これは企業側の都合も関わってくるので、出来るだけ電話もしくは直接会って交渉することをおすすめします。

理由を伝え、○○日以内にということを伝えるだけですので、そんなに難しいことではないですよ。

 

ただ、気を付けて頂きたいのが返答を保留する理由です。

最後に内定を保留する時の伝え方についてお話しますね。

 

 

 

内定を保留する時の伝え方

内定を保留する時の伝え方

 

てんた
てんた
一貫した内容であることが重要です!

 

出来るだけ早い返答を心掛けることも大切ですが、同じように重要なのはその理由。

内定を保留する時の伝え方は、慎重に選ばなければ企業からの信頼を損ねてしまう可能性がありますからね。

そうならないために、気を付けてほしいのは一貫性を持つことです。

 

具体的にいうと、面接の際に話した内容に沿う必要があります。

たとえば、内定を保留するときによく使われるのが「他社の結果待ち」ですね。

結果が出揃った上で客観的に決断したいと思うのは、一般的な流れですので特に問題はありません。

 

じゃあ、何が問題になるのかというと、面接の際に「現段階で受けていのは御社のみ」と伝えてしまった場合です。

結果が来たのが面接した日から、4~7日ほど経っていれば問題ありませんが、それ以内の日数で連絡が来た場合に、先程の「他社の結果待ち」という理由を使うと企業からの信用は揺らいでしまいます。

 

なので、もし、内定を保留したい場合は、面接で話したことをベースに一貫性を持たせた理由で伝えましょう。

たまに、面接で何を話したのか忘れてしまう方がいますが、そのような方は面接後に軽く内容をメモしておくのがいいと思います。

てんた
てんた
内定を保留してから、やっぱりその企業にお世話になることもあり得ますからね。イメージは良い方が絶対に良いです!

 

 

 

内定を受けるか迷ったらしっかりと考えること

 

ということで、ここまで【内定もらったけどどうしょう】転職で内定を保留するときの注意点!についてお話してきました。

 

本記事のポイントはこちら

  • 内定を受けるか迷ったら、入社してからその企業で楽しみながら働けるかを考える
  • 内定を保留できるのは長くても1週間。ベストは1~3日以内に伝えること。
  • 内定を保留する場合は一貫性のある理由を伝えること

 

もし、まだ自分に合った求人を見つけれていない方は、リクナビNEXTを登録しておきましょう。

他社よりも圧倒的に多い求人数が特徴です。

こちらから詳細をチェック→リクナビNEXT

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!