仕事の悩み

【転職を初めてするときのやり方を解説】不安をなくして転職を楽しむ

【転職を初めてするときのやり方を解説】不安をなくして転職を楽しむ

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務をしながら、複業で転職ブログを運営しています。月に1万人以上が訪れる本ブログでは派遣や転職に関する記事を投稿中です。

 

さて、本業のほうで転職サポートをしていると、こんな相談をよく受けます。↓↓

相談者さん
相談者さん
今回、転職を初めてするのですが、やり方がいまいち分からず、こんな私でも本当に転職できるのかどうか不安です。

何からスタートしたらいいでしょうか?

 

結論からいうと、転職を初めてするときは、いきなり応募等をするのではなく、転職において重要な情報を知るところから始めた方が良いです。

というのも、いきなり訳も分からず不安な状態で応募等をしてしまうと、中々受からず、途中で挫折してしまうなんてことになりやすいんですよ。

情報を入れて、整理して、行動する。

これが大事ですね。

 

転職活動を初めてするときの流れ

  1. 転職の全体の流れを知る
  2. 叶えたい未来と自分について考える
  3. 転職の面接知識を確認する
  4. 応募する(転職エージェントに申し込む)
  5. 試行錯誤して、楽しんで受かる

 

転職で知っておくべき情報を解説

転職で知っておくべき情報を解説

 

まずは、焦らずに情報を入れていきましょう。

転職は情報戦といってもいいくらい、知らないと損する知識がたくさんです。

 

【成功の定義】転職は徒競走でも、玉入れでもないですよね

 

本記事の冒頭でも書きましたが、転職の流れは大体こんな感じです。↓↓

  1. 転職の全体の流れを知る
  2. 叶えたい未来と自分について考える
  3. 転職の面接知識を確認する
  4. 応募する(転職エージェントに申し込む)
  5. 試行錯誤して、楽しんで受かる

 

大体1~3の応募前の準備に2週間くらいかかって、4の応募から面接に時間を掛けるって感じですね。

早い人で1ヶ月、時間がかかる人で半年くらいかけて転職を終えます。

 

ただ、勘違いしてほしくないのが、転職は早く終えればいいってわけじゃないことです。

転職は徒競走でもないですし、玉入れでもないですよね。

早く終えればいいというわけではないですし、多くの企業から内定を貰えればいいというわけでもない。

 

じゃあ、何が転職の成功の定義なのかというと、応募者が考えるキャリアプランを叶えられているのかどうかだと個人的に思っています。

ここを追求していかないと、転職できたとしても、何年後かに必ず同じ問題に直面します。

もしも、そのときに、転職が厳しい年齢になっていたら、めちゃくちゃ損なわけです。

 

応募前の準備次第で成功する確率が変わります

 

ということで、転職というのは、人生をより良くできる1つの方法なわけですが、がむしゃらにやれば受かるというわけではありません。

転職の成功する確率を上げるためには、応募前の準備を念入りにしておくことかなり効果があります。

転職を初めて行う際は、まずはここからスタートすると、転職活動中にブレることがなくなるのでおススメですね。

 

具体的にはこちら。↓↓

  • 叶えたい未来と自分自身について考える

→どんなキャリアプランを歩みたいのか

→自分は何をしたくて、何ができて、何が実現性があるのか

 

  • 転職の面接知識を確認する

→面接の全体の流れの把握

→退職理由の答え方

→長所と短所の話し方

 

これらを時間をかけていいので、しっかりと考えて、整理しておくと、面接力も上がりますし、満足度の高い転職になりやすいです。

ここまで考える必要あるの?って思うかもしれませんが、転職したのにやっぱり合わなかったっていう無駄をなくすために、絶対にしておくことをおすすめしますよ。

 

自力でも、転職エージェントを活用しても受かります

 

ここまでお話した準備を念入りにしてもらえれば、あとは行動あるのみですね。

ただ、ここで、みなさんには主に3つの選択肢があります。↓↓

  • 自力で転職活動をしていく
  • 転職エージェントを活用する
  • 自力でしながら、転職エージェントも活用する

 

ぶっちゃけ、どの方法でも受かることは可能なので、安心してください。

大事なのは、自分に合った方法で転職活動を行うということです。

 

たとえば、自力で転職活動をするのなら、ストレス耐性があり、行動力し続けられる人が向いています。

逆に、ストレス耐性に自信がなく、転職に対して不安が大きい人は転職エージェントの活用がおススメです。

そして、転職の可能性を広げたいという方は、自力+転職エージェントの方法が最適ですね。

 

途中から自力にしたり、転職エージェントを活用しだりたりなんてのもよくある話ですので、気楽に考えていいかなと思いますよ。

ただ、転職エージェントを活用する際は、必ず実際の口コミが良いところを活用したほうがいいです。

これについては、本記事の最後に解説しますね。

 

 

 

転職を初めてするときの不安を解決します

転職を初めてするときの不安を解決します

 

ということで、転職を初めてするときに、不安になりやすいことをいくつか解説・解決していきます。

 

退職してからの転職がおすすめです

 

転職したいなって本格的に思い始めたとき、働きながらするのか、退職してからするのかで迷うかと思います。

ちなみに、僕のおすすめは、退職してからの転職です。

というのも、働きながらの転職活動は想像してるより3倍くらいキツいからです。

 

働きながらの転職がキツイ理由は主にこちら。↓↓

  • 面接をしづらい
  • 仕事の疲れで転職が中々進まない
  • 転職に対して中途半端になりやすい

 

特に、面接をしづらいことと、仕事の疲れの中で転職が中々進まないというのは、かなりキツイですね。

大体の企業が面接を平日にしていて、平日の遅めにしているところもありますが、そうでもしないと人が来ないようなブラック企業が多いのも事実で。

なので、無理して忙しさに加えて、転職をしなくてもいいんじゃないかなと思います。

 

退職してからのほうが時間もありますし、心の余裕もあるわけです。

お金の余裕については、あらかじめ準備しておかないとですけどね。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。↓↓

 

 

本記事はこんな悩みを解決します。↓↓

  • 退職後の転職は不利なの?
  • 退職してからの転職だと何に苦労するの?

退職後の転職を検討している方、行き詰っている方は、必読です。

退職後の転職活動が不利と言われる理由を解説【内定を貰えた経験談あり】
退職後の転職活動が不利と言われる理由を解説【内定を貰えた経験談あり】本記事では、退職後の転職活動が不利になると言われている理由を解説し、それをどうメリット化すればいいのかについて、経験談を交えながらお話していきます。...

 

転職エージェントは口コミが良いところを使うべき

 

転職エージェントについて気になっていた方、お待たせしました。

実際に口コミが良かった転職エージェントについて解説していきます。

早速ですが、簡単に、口コミが良い転職エージェントを活用するべき理由がこちらになります。↓↓

  • 認知度や広告文は良いが、実際の面倒見が悪い転職企業があるから
  • 応募者の希望ではなく、エージェントの希望を優先されることがあるから
  • ブラック企業ばかりを紹介してくることがあるから

 

CMで超有名な転職エージェントであったり、求人数が少ない転職エージェントだとこのような傾向が多いです。

同業者としてムカッとしますが、いつか必ず根本的に仕組みを変えて見せますのでお待ちくださいね。

ということで、まずは、現時点で利用しても大丈夫な転職エージェントのご紹介です。

 



1.リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴はこちらです。↓↓

  • 営業力の高いエージェントが多く、面倒見が良い
  • 大手なだけあって書類選考通過率が高い
  • 企業との交渉に強い

 

エージェントの力に頼りたい方には、特におすすめです。

こちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】

 



2.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴はこちら。↓↓

  • ヒアリング能力が高いエージェントが揃っている
  • 面談よりも相談に近い形でサポートを受けられる

 

自分の意思を大事にしながら進めていきたい方におすすめです。

こちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’s

 

まずは、情報を入れていきましょう

 

ということで、転職を初めてするときのやり方について解説してきました。

転職をする際は、不安やストレスがあるかと思いますが、楽しむことが大切です。

楽しむというのは、転職で自分の人生を変えること。

 

転職後の自分の人生がより楽しくなることを期待して、それを叶えるために努力を積み上げてみましょう。

その為の第一歩が、情報を入れていくことですからね。

焦らずに、楽しんでいきましょう。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!