自己分析の悩み

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】

 

  • 転職初心者はどうするべき?
  • 初めての転職でどうしたらいいのかわからない
  • そもそも何で転職するんだろう?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事は、[ 転職初心者のための転職マニュアル ]になります。

 

初めての転職だと、何から始めればいいのかわからなかったり、成功できるのか不安だと思います。

転職のやり方や考えるべきこと、よくある疑問を中心に構成されたのが本記事です。

転職初心者であれば、必読の内容になりますので、気になるところからでも読んでみてください。

転職したい人が知っておくべき項目順にまとめてありますので、1から転職について知りたい方は順番に読んでみてください。

 

この記事を読めば、

転職活動は何のために行うのか、転職活動で必要な準備や転職エージェントについてなど、転職に役立つ情報を知ることができます。

 

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

転職は不満や不安を解決するために行う

転職は不満や不安を解決するために行う

 

転職は、大きく分けてこちらの2つのことにおける不満や不安を解決するために行うものです。

  • 仕事面

例:[上司との人間関係][合わない仕事内容][キャリアアップ]

  • 生活面

例:[休みがより取れるように][年収を上げるために][通勤時間の短縮の為]

 

転職をする理由や動機は人それぞれですが、ほとんどがこの仕事面と生活面の不満や不安を解決するために行います。

僕が転職したときは、[ 本業と複業を繋げたかったから ][ 年収を200万円以上アップしたかった ]というような理由がありました。

ですが、2年後、3年後に転職するときがあれば、また違った理由や動機で転職活動を行うと思います。

転職をする意味は、人によって、環境によって、求めるものによって、変わってきます。

なので、正解も不正解も基本的にはありません。

 

 

 

働きながらでも退職してからでも転職は可能

働きながらでも退職してからでも転職は可能

 

働きながら転職するのか、退職してから転職するのか、どちらの方法を選択するのかは人によって異なります。

ですが、自分に適した転職の仕方を選ばないと、転職が失敗する確率は大きく跳ね上がります。

なので、自分はどちらに向いているのかを理解することが転職を成功させる近道になるというわけです。

 

ちなみに、僕の場合は、退職してから転職活動を行いました。

その理由がこちらです

  • 面接を受ける母数を増やしたかったから
  • 当時はまだ実家暮らしだったので生活費が節約しやすかったから
  • 自分との向き合いに集中したかったから

 

僕は複数のことを1人でできないタイプですし、結果的に、1ヵ月で内定を貰って、2ヶ月目で転職先が決まったので、良い選択だったかなと思います。

これで働きながら転職活動していれば、同じ結果にはならなかったでしょうし、最悪精神的に参っていたかもしれません。

これは僕だけでなく、みなさんにも当てはまることです。

なので、転職活動を始める前は、必ずどちらの方法が自分に合っているのか考えることが必要になります。

 

 

 

 

転職活動に必要な3つの準備

転職活動に必要な3つの準備

 

転職活動に必要な3つの準備はこちらです

  • 生活費の確保(目安は生活費3ヶ月分)
  • 転職活動のペースの把握
  • 自己分析

 

生活費については、退職してから転職活動をする方を想定していますので、働きながら転職しようと考えている方は無視して大丈夫です。

ですが、転職活動は精神的に負担のかかることですので、働きながらの転職活動はあまりおすすめしません。

先ほどの[ 働きながらか、退職してから転職活動をするべきなのか ]についての記事を読んで、働きながらだと厳しそうだなと思った方は、生活費3ヶ月分は用意しておくと良いです。

 

その他に、転職活動のペースを把握しておくことも大切なことですが、この3つの中で特に大切なのが自己分析になります。

自己分析については、この後に深堀していきますが、転職活動の準備としては、これら3つのことを意識することで、早期再転職のリスクを減らすことができます。

もし、ここを軽視して転職活動に臨めば、70~80%ほどの確率で同じような悩みを抱えて再転職することになります。

 

 

 

 

転職活動前の自己分析の質で内定を貰えるかが決まる

転職活動前の自己分析の質で内定を貰えるかが決まる

 

転職活動における準備の中で最も重要なものが自己分析になります。

なぜなら、自己分析をおろそかにすれば、内定を貰えなかったり、転職できても、仕事内容にギャップを感じ、再転職する確率が高くなるからです。

じゃあ、自己分析の質はどうすれば上がるのかというと、こちらの2つの方法を実践することが必要になってきます。

  • 過去・現在・未来の視点で考える自己分析
  • 転職サイトが行っている自己分析サービスの活用

 

 

過去・現在・未来の視点で考える自己分析

この方法を実践すれば、自分の良い面が出てこない人でも簡単に自己分析ができ、求人探しや自己PRで行き詰らなくなり、転職後の早期再転職のリスクを減らすことができます。

具体的な方法については、下の記事で説明しています。

どんな方でも活用できる自己分析方法ですが、特に自分の悪いところしか出てこない方は必読の内容になっています。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

ここで、僕が転職した当時に実際に行った自己分析はこんな感じですので、参考までにどうぞ

  • 過去の視点で自己分析

‣給料面や始めたい複業(本ブログ:テンタビュー)との関連性が低かったため、退職したかった

‣目標を設定して、地道に一人で行動することが好きだった(これでも元テニス部部長です)

 

  • 現在の視点で自己分析

‣年収の上限を上げつつ、できるだけ始めていく複業との関連性を高めたい

‣販売で培ったコミュニケーション能力や販売スキルを活かしたい

 

  • 未来の視点で自己分析

‣将来にサッカークラブのオーナーになるため、まずは個人の力を高めていきたい

 

 

転職サイトの自己分析サービスを活用する

自己分析の質を上げるには、転職サイトの自己分析サービスを活用すると客観的に考えることができます。

また時間がない方や、とりあえず簡単に自己分析してみたいという方は、一度は活用する必要があるかなと思います。

僕がおすすめするのはリクナビNEXTのグットポイント診断LP1本です

グットポイント診断LPの特徴は、[ 簡単・すぐに活用できる・客観的に考えられる ]です

これをしておけば、簡単に自己分析をしたい方は満足いくかと思います。

こちらから簡単に進めますグッドポイント診断LP

 

 

 

転職エージェント活用のメリットとデメリット

転職エージェント活用のメリットとデメリット

 

転職活動前、もしくは途中から転職エージェントを活用するかどうか迷う方は結構多いです。

一人で転職活動をこなせる人はもちろんいますが、転職エージェントを活用しておけばよかったと後悔する方もいます。

なので、ここでは転職エージェントを活用するメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

転職エージェント活用のデメリット

転職エージェントを活用することのデメリットはこちらの3つです。

  • 転職者さんの個人的な要素が無視されることがある
  • 転職エージェントと電話をしたり、会いに行く時間が発生する
  • 転職活動が長引く可能性がある

 

これは悪い転職エージェントに当たった場合のデメリットになりますので、転職エージェントを活用すると必ず起こるわけではありません。

なので、こんなこともあり得るんだなって思ってくれれば大丈夫です。

もし、このようなエージェントが担当になったとしても、担当を変えることもできますので、特に不安に思う必要はありません。

 

 

転職エージェント活用のメリット

転職エージェントを活用するメリットはこちらの3つです。

  • 面接の段階に進みやすい
  • 精神的なサポート
  • 非公開求人に応募できる

 

特に、転職者さんにとってメリットになるのは[ 非公開求人に応募できる ]ということです。

転職サイトを活用してるだけでは、応募することができない求人に出会えますし、これを目当てにエージェントを活用する方は多いです。

転職エージェントを活用することのメリットやデメリットについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事は必読です

これ以外にも、転職エージェントを活用するメリットが特に受けやすい転職エージェントについてまとめてあります。

【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット
【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット 今のところ転職サイトを活用していて、自力で転職活動を行っているんだけど、これから転職エージェントを使おうか迷ってる。。。 ...

 

 

 

求人探しは自己分析に基づいて進めること

求人探しは自己分析に基づいて進めること

 

求人探しで大切なことは、自己分析の結果に基づいて進めることです。

中々自分に合っている求人が見つからないからと焦り、妥協をはじめてしまうとキリがありませんし、早期再転職のリスクが高まってしまいます。

求人探しで転職活動が止まってしまう方は、こちらの記事を読んでみてください。

 

【転職の求人探しのコツ!】求人探しで重視してはいけない3つのこと! 求人探しで何を気を付けないといけないのかな? 求人探しで重視しないほうがいいことはある? こんな悩みを解...

 

転職中に求人が見つからない時に試してみるべき3つの探し方【有益です】
転職中に求人が見つからない時に試してみるべき3つの探し方【有益です】この記事を読めば、求人が見つからないことで止まっていた転職活動を進めることができます。 求人が見つからずに悩んでいる方は、必読の記事です。...

 

転職で1社しか受けないのは絶対に避けるべきです【妥協しない転職】
転職で1社しか受けないのは絶対に避けるべきです【妥協しない転職】 毎日お疲れ様です、てんたです。 販売員と起業活動を経てのちに転職をしました。 転職したおかげで幸福度が上がった気がし...

 

 

 

転職活動の面接にはコツがある

転職活動の面接にはコツがある

 

転職活動の面接において、内定を貰う人にはこんな特徴があります。

  • 長所と短所を上手く面接官に伝えている
  • 面接を受ける回数の母数が多い

 

 

長所と短所を上手く面接官に伝えている

長所と短所を伝える上で、意識するべきなのはエピソードで伝えるということです。

エピソードで伝えることで、長所をより輝かせることができますし、短所を長所にすることもできます。

詳しい伝え方については、ぜひ、こちらの記事を読んでみてください。

【転職活動での長所と短所の伝え方】企業に印象良く伝える方法について
【転職活動での長所と短所の伝え方】企業に印象良く伝える方法について本記事を読むことで、転職活動の面接で自身の長所と短所を上手く面接官に伝えられるようになり、内定を貰う確率を高めることができます。...

 

 

面接を受ける回数の母数が多い

内定を貰う方は、多くの面接を受けていることが特徴です。

もちろん、少ない面接回数で内定を貰えることもありますが、面接の回数を重ねることで、緊張感が程よくなったり、改善すべき伝え方等についての理解が深まります。

特に、転職活動を始めたばかりの方は、本命の前に何度か他社の面接で慣れておくといいと思います。

転職が成功する面接の質と量について、詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

【コロナで転職はしないほうがいい?】コロナで転職をやめるのが危険な理由
【内定を貰う為に何社の面接を受けるべき?】転職が成功する質と量を解説この記事を読めば、転職で内定を貰うためには、どのくらいの質と量を意識しなければいけないのかを理解できます。(※コロナウイルスの影響も考慮しています)...

 

その他に面接で役立つ記事を貼っておきますので、面接で不安がある方は1度読んでみてください。

 

【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

【面接で入社意思を確認されたら?】内定確定面接で内定を確実に貰う方法
【面接で入社意思を確認されたら?】内定確定面接で内定を確実に貰う方法本記事を読めば、内定確定面接の対策を理解でき、内定を貰える可能性を更に高めることが出来ます。 内定確定面接で内定を確実に貰う方法を知りたい方は必読です。 ...

 

【転職で気が進まない会社の面接】行くか迷う時に使える3つの判断基準
【転職で気が進まない会社の面接】行くか迷う時に使える3つの判断基準この記事を読めば、気が進まない会社の面接に行くかどうかの基準ができ、時間を無駄にせずに済みます。 面接に行くかどうかで悩んでいる方は必読です。...

 

【面接が30分以内に終わると不採用?】面接官が語る時間と合否の関係
【面接が30分以内に終わると不採用?】面接官が語る時間と合否の関係この記事を読めば、自分が受けた面接が合否のどちらに近いのか予想がつきやすくなり、その後の行動・対応が素早く行えるようになります。...

 

 

 

最後に:自分に自信がなくても転職はできる

最後に:自分に自信がなくても転職はできる

 

転職に関してよくある不安がこちらです

  • 自分にはスキルや経験などの強みがない
  • たいした成果も出してないから転職なんてできるのかな

 

これらの不安を言い換えれば、[ 自分に自信がない ]ということです。

自分に自信がない方のほとんどは、[ 自分に自信がない=転職はうまくいかない ]と考えてしまいます。

ですが、転職がうまくいかないのは自分に自信がないからではありません。

転職がうまくいかないのは、入社意欲や転職意欲がないことが原因です。

 

つまり、[ 転職がうまくいかない=意欲がない(足りない) ]が正解です。

なので、自分に自信がない人でも必ず転職はできます。

転職活動や仕事についての悩みや不安がある方は、僕のTwitterのDMにメッセージを下さればいつでも相談に乗ります。

詳しくは、[ 問い合わせ ]ページからどうぞ!

 

 

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!