求人探しの悩み

【転職で資本金が少ないのは危険?】資本金の意味と企業を判断するコツを解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

本ブログでは、転職や派遣、仕事の悩みを解決する記事を投稿しています。

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職で資本金が少ない企業は危険??

そもそも、資本金の額にどんな意味があるの??

 

結論から言うと、資本金の額で会社を判断するべきじゃないです。

危険な感じがするかもですが、しっかりと資本金の意味を理解すれば大丈夫。

じゃあ、他に何で判断すればいいのかってところも、本記事で深堀りしていきます。

 

資本金の額だけで会社を判断できない

資本金の額だけで会社を判断できない

 

資本金が少ないことが理由で、応募するのを止めたという方は意外と多いです。

確かに、なぜだか、資本金の額が大きいほど安心感があるようなイメージありますよね。

 

でも、結論をお伝えした通り、

資本金の額だけで企業を判断するのはおすすめしません。

その理由である、資本金の意味について解説します。

 

資本金は、スタート時の元手金です

 

資本金というのは、ざっくり言えばスタート時の元手金です。

 

例えば、みんな大好き「あつまれどうぶつの森」を例にして考えると、

確か最初に500ベル(500円?(笑))くらい持たされているわけですよね。

おそらく、たぬきちという借金取りから。(笑)

 

その資本金を元に釣竿を買ったり、果物を売ったりしてお金が増えていって、家を大きくしたりできることが広がるわけですよね。

 

でも、その500ベルという資本金は固定されてしまうもので、

これからどれだけその500ベルからお金を増やしたところで、その人の資本金は変わらないんです。

 

つまり、現実世界に話を戻すと、資本金というのは、

最初の資本金額が低くてもその後の売上には全く影響されないものというわけです。

なので、資本金が100万円や500万円という少なさであっても、しっかりと売上を上げて安定している企業もあるということです!

 

てんた
てんた
簡単にまとめるとこんな感じです!

資本金というのは、、、

  1. スタート時の元手金
  2. どれだけ売上があろうとなかろうと、資本金の額は固定
  3. 資本金の額が少なくても十分な売上を計上している企業もあれば、資本金の額が多くても倒産する企業もある

 

てんた
てんた
資本金の不安が少しは解消されましたか??

資本金はあくまでも元手金ですので、企業を見極めるのは他の要素が望ましいです!

 

 

 

資本金以外での判断要素を解説

資本金以外での判断要素!

 

  • 数字から分かる判断基準
  • 数字で表せられない判断基準

 

上記2つに分けて、お話していきます。

 

数字から分かる転職先の判断基準

 

  • 売上高
  • 利益
  • 取引中の企業数
  • 賃借対照表における純資産項目

 

これらは大体が企業のHPに飛べば記載されている内容です。

資本金だけでは分からないからこそ、これらの項目を見ることで、その企業がどれだけ安定しているのを理解することができます。

 

とはいいつつ、転職活動で上記のことをチェックする人は絶対的に少なめですね。

気持ちは非常によく分かります。

面倒ですよね。(笑)

 

じゃあ、他に何を判断基準にしょうかなって話になるわけですが、

それがこれからお話する数字で表せられない判断基準になります。

 

数字で表せられない転職先の判断基準

 

  • 顧客満足度
  • 従業員満足度
  • 社会貢献度
  • 事業内容

 

この中の全ての要素がみなさんにとって欠かせないものですよね。

顧客満足度が低い仕事をしていれば、それだけみなさんのストレスに繋がりやすいですし、従業員満足度が低ければ、そもそもその企業には入らないですよね。

幸運なことに、これらの情報は全て私たちが知ることのできる情報です。

 

たとえば、「カイシャの評判」というサービスを利用すれば、その企業で働くリアルな情報が得られるわけです。

事業内容も求人やHPに記載されていると思います。

もちろん、口コミなんかも調べたら出てくるので、それを見てみるのもアリですね。

 

ただ、求人に書かれている従業員満足度についてはあまり参考になりませんので要注意。

「ホワイト企業500に選出されています!」というようなアピールをする企業もありますが、実際はホワイトらしからぬ従業員満足度のところも多くあります。

 

一番大切な判断基準は、みなさんのウォンツです

 

転職をするということは、何かしらの転職理由がありますよね。

 

給料額を上げるために転職をする。

本当にしたい仕事をするために転職をする。

夢を叶えていくために転職をする。

 

何のために、何がしたくて。

これらを考えて、叶えられるところに転職する。

これが転職の満足度を高める一番の判断基準になります。

 

なので、まずはその基となるキャリアプランを考えるのをおすすめします。

まだキャリアプランがない人は、ここからスタートしてみましょう!

下記の記事が参考になります。↓↓

意外と多くの方が無視しがちなんですが、転職ではキャリアプランがめちゃくちゃ重要です。

これがある人のほうが少ないので、ここでの差別化が一番効果的ですね。

キャリアプランに不安がある人、そもそもキャリアプランがない人は必読の記事です。

転職ではキャリアプランで差別化すべきです【面接落ちやすい人必読】
転職ではキャリアプランで差別化すべきです【面接落ちやすい人必読】意外と多くの方が無視しがちなんですが、転職ではめちゃくちゃ重要なんだよっていうのが2つあります。それが自己分析とキャリアプランでして、本記事ではキャリアプランについて解説しています。...

 

めんどくさいなら転職エージェントを頼るのもアリ

 

最後に、キャリアプランくらいは自分でしっかりと考えるべきですが、

めんどくさいなら転職エージェントを使ってみるのもアリですね。

転職エージェントはいわば、転職におけるラッキーアイテムのようなもの。

 

転職活動をクリアするために活用すれば、少しは楽に、時には物凄く良い結果が得られることもあります。

たとえば、こんな感じ。↓↓

  • 履歴書や職務経歴書の修正
  • 面接対策のアドバイス
  • エージェントを活用してから2週間で転職先が決定

 

絶対に活用する必要はありませんが、

ラッキーアイテムがあるのなら、試しに使ってみるのもいいかなと思います。

無料ですし、失うこともないですからね。

 

下記の記事が参考になりますので、ぜひ併せて読んでみてくださいね。↓↓

転職エージェントって、ラッキーアイテムでしかないと思います。

クッパを倒すために、ピーチ姫を助けるために大きくなるキノコを食べるのと同じ感じ。

マリオになった気分で気楽に使ってみたらいいんじゃないかなと思いますね。

【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社
【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社本記事では綺麗ごとばかりの怪しさ満点の内容ではなく、転職エージェントを活用することのデメリットもしっかりお話していきます。3分ほどで読み終わりますので、じっくり読んでみてくださいね。...

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!