求人探しの悩み

転職の面接がめんどくさい方へ【結果を出すための楽は大アリです】

転職の面接がめんどくさい方へ【結果を出すための楽は大アリです】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
書類選考は通過したけど、いざとなると面接がめんどくさい。何をどう対策したら分からないや。

 

結論からいうと、履歴書や職務経歴書などの紙面では見えないことにこだわるのが一番の対策になります。

 

なぜかというと、面接官が面接の場において一番気になっているのがそこだから。

僕もほぼ毎日面接官として応募者の面接を行っていますが、一番重要視しているのは履歴書等を見ただけでは分からない応募者の人柄についてです。

 

面接がめんどくさいと感じているならこの対策だけはしておくべきです。

だけど、楽をするのは悪いことじゃないし、個人的にはドンドン楽をしていって良いと思います。

 

ただし、「何もしない楽ではなくて、結果を出すための楽」というのがポイントでして、そちらを含めて本記事でお話していきます。

履歴書等で見えないことにこだわるべきです

履歴書等で見えないことにこだわるべき
  • 第一印象は出来るだけ高くしておこう
  • 志望動機はポジティブな印象を与えよう
  • 退職理由は混乱がないように整理しておこう

上記の通りですね。

 

第一印象が低いとほぼ詰みです

面接官が一番初めに気にすることが応募者の第一印象について。

第一印象は面接の出来を大きく左右するので、出来る限り良い位置から評価をスタートできるようにしておくべきですね。

 

特に、これまでの職歴の中に短期間のものが多いなら尚更第一印象には力を入れておくべき。

第一印象が良ければ「そんなこともあるよね」で思ってもらえるかもですし、悪ければ「あ~やっぱりか」なんてことを思われてしまうかもしれません。

 

ここの差はかなり大きいので絶対に前者になるようちょっとの努力をしておくべきですね。たとえば、第一印象の要素は下記の通り。

  • 時間厳守
  • 見た目の気遣い
  • 挨拶

 

面接開始から1分でも遅れれば悪いレッテルが貼られますし、見た目が不清潔でも同じですね。挨拶も年齢が上がるにつれて、できていないと評価は確実に下がってしまいます。

 

とっても初歩的なことですが、第一印象に問題がないように努める。

まずはここの準備をしていきましょう。ちょっとした気遣いなので、誰にでもできるはずですからね。

 

志望動機はポジティブな印象を与えよう

履歴書に志望動機を書くことがほとんどですが、それが全ての理由だと面接官の印象に残りづらいですね。

 

履歴書には、シンプルに結論と思いを書いておいて、面接ではそれに至るストーリーを伝える。形としてはこれが出来れば問題なしです。

あとは、みなさんが伝えようとする内容次第ですね。

 

面接では、業務を遂行できるか、遂行できるように努力していける人材なのかどうかを見られています。

みなさんが伝えようとする内容が、これらを証明できるものであればOK。ここを基準に考えてみましょう。

 

退職理由は正直に言えばいいわけではない

退職理由にも決まりごとがあります。それは、多少嘘をついてでも印象が悪くなるようなことは言わないということ。

 

人間関係が上手くいかなくて退職していたとしても、仕事内容に耐え切れず退職していたとしても、そのまま正直に伝えることが良いこととは限らない。

ぶっちゃけ、それはただの自己満足です。冷たい言い方かもしれませんけど、これが競争に勝つということでもあります。

 

勿論、能力以上の嘘は良くないですけどね。そこは入社後に変なギャップができないようにしましょう。

実際にどう伝えたらいいのかについては、下記の記事を参考にしてくださいね。

職歴の伝え方についてまとめた記事はこちら

 

結論:書類選考では分からないことに注力しよう

面接がめんどくさいと感じている方は、まずはここまでお話した第一印象や退職理由についてなどの対策をしておきましょう。

これだけでも面接の質は変わりますし、採用される可能性も高くなります。

 

ただ、それでも面接がめんどくさいと感じる方はいるかなと思いますし、それで受かるのか不安に思っている方もいるかなと思います。

そういう方に言いたいのが、「楽をするのは悪いことじゃないよ」ってこと。

 

何もしない楽の仕方はよくないですが、他力を使って自分の負担を減らすような楽な仕方はドンドンしていくべきです。

要は楽をするという目的は同じでも、方法が効果的であれば問題ないってことですね。

 

最後に、ここをこれから解説していきます。

 

本当にめんどくさいなら楽をしよう

本当にめんどくさいなら楽をしよう楽をするのは決して悪いことではないです。戦略的に楽をしていきましょう。

 

転職を自分一人で行う必要はないです

転職や面接が面倒で、対策とか応募先とかを考えたくないなら、一人で行う必要はありません。本当にめんどくさいなら楽をしてもいいんです。

 

これは日常的によくあるゲームと同じ。

マリオのステージをクリアするために、何にもアイテムを使わないで攻略するのはかなりキツイし馬鹿馬鹿しいですよね。

 

巨大化したり炎を出したり、飛べるようになったら何もないよりもかなり楽にクリアできるはずですよね。

話を転職に戻すと、転職でいうアイテムは転職エージェントになります。

 

面接で役立つ情報を貰えたり、自分の履歴書や職務経歴書を添削してくれたり、応募先に特化された面接対策を教えてくれたりします。

自分でしてたらめんどくさいようなことをしてくれるわけですね。

 

ただ、当然ながらデメリットもありまして、それが「そもそも紹介先がないかもしれない」ということ。

どんな案件があるのかというのはタイミングにもよりますし、職歴を指定しているものも多いので紹介先がない可能性もあるんですよね。

 

つまり、転職エージェントってラッキーアイテムなんだなってことなんです。

大きくなるキノコがあっても、マリオの帽子に羽が生えても、必ずゲームを攻略できるようになるとは限らないですよね。

 

転職エージェントもそれと同じでただのラッキーアイテムでしかないので、あまり深く考えすぎにとりあえず使ってみるのが良いんじゃないかなと思いますね。

おすすめの転職エージェントについて下記の記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:転職は他力を使って上手く楽をするのが良き

在職中の方であれば尚更毎日忙しいですし、息抜きもしたいですよね。

自分一人で行おうとするとストレスも溜まりますし、余裕がなくなっていくので結果的に即内定を出してくれるブラック企業に流れ着いてしまうなんてことはよくあります。

 

何もしない楽は罪ですが、受かるための楽は大アリですからね。

ラッキーアイテムである転職エージェントを頼るのも、転職経験のある知人や僕みたいなブロガーを頼るのもOK。

 

積極的に楽をしながら、最高の結果を勝ち取ってやりましょう!

 

本記事でご紹介した記事

職歴の伝え方についてまとめた記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!