自己分析の悩み

【転職先が決まらない方へ】転職が成功する焦り不安と向き合う3つの方法

【転職先が決まらない方へ】転職が成功する焦り不安と向き合う3つの方法

 

  • 転職先が決まらなくて、すごく焦るし不安
  • 転職先が決まらない自分はダメ人間なのかな?
  • 転職を成功させるには、焦りと不安にどう向き合えばいいの?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事では、[ 転職を成功させる焦りや不安との向き合う方法 ]についてお話していきたいと思います。

 

転職先が中々決まらない原因が何かを考えた時に、面接の対策であったり、履歴書や職務経歴書、スキルや経験の無さを問題と思う方は多いです。

確かに、それが理由で面接に落ちることもたくさんあります。

ですが、転職が成功する人とうまくいかない人では、焦りや不安との向き合い方に大きな違いがあります。

この問題を軽視していたり、がむしゃらに頑張ろうとしたり、何が何だか分からなくなり、精神的に病んでしまっている方は、ぜひこの記事を読み進めてくださいね。

 

この記事を読めば、

転職先が中々決まらない時に、焦りや不安とうまく向き合うことができ、心を楽にしながら行動していくことが出来ます。

 

てんた
てんた
ぜひ、最後までぜひ読んでくださいね!

 

 

 

転職を成功させる焦りや不安との向き合う方法

転職を成功させる焦りや不安との向き合う方法

 

転職を成功させるのか、うまくいかなくなるのかは、焦りや不安との向き合い方で大きく変わってきます。

精神的な余裕が、転職における行動力や面接での好対応に繋がり、その結果内定を貰うことが出来るからですね。

具体的な転職を成功させる焦りや不安との向き合う方法はこちら

  • 転職のことを考えるのは、1日1時間だけにする
  • 転職のことを考えたら、必ずその後にストレス解消をする
  • うまくいかないことを歓迎する

 

 

転職のことを考えるのは、1日1時間だけにする

 

転職関連の事を考えるのは、1日1時間だけで充分です。

在職中の方であったり、離職中の方など、人それぞれに生活スタイルが異なりますが、原則は1日1時間で大丈夫です。

ただし、転職活動を始めたばかりの方で、出来るだけ早く内定を貰いたい方は2~3時間ほどに伸びるかもしれません。

ここでみなさんに伝えたいことは、短時間かつ質の高い時間で転職のことを考えようということです。

 

というのも、1日1時間以上、ダラダラと転職のことを考えてしまうと、段々と不安な気持ちや焦りが出てきてしまうからです。

1日の中で、転職のことについて考える1時間を決めて、その他の時間は他の事に集中することが大切です。

転職活動でストイックは要りません。

ストイックになるのは働き始めてからです。

 

 

転職のことを考えたら、必ずその後にストレス解消をする

 

「仕事もないのに、次の仕事も決まっていないのに、こんなことしてていいのかな」と思うかもしれませんが、それは逆です。

短時間かつ質の高い考える時間を過ごした後は、必ずストレス解消をしてください。

ストレス解消の方法は、YouTube鑑賞でも、どうぶつの森でも、友達と話すことでも何でも良いです。

リフレッシュの時間を作ることが、転職活動で焦りや不安とうまく向き合うことに繋がります。

 

転職活動中はストレスをどうコントロールしていくかが重要です。

仕事や転職に関する不安なことを考え続けていると、面接の際に悪影響を及ぼすからです。

1日1時間もあれば、転職のことは十分に考え終われます。

それ以外の時間はひたすら質の高い休みを取ってください。

 

 

うまくいかないことを歓迎する

 

転職活動中は、うまくいかないことを歓迎してください。

書類選考で落ちたとか、面接で落ちたとか、在職中の仕事でミスしたとかの全てのうまくいかないことを歓迎しましょう。

何だか宗教っぽく聞こえるかもしれませんが、そうではないですよ。(笑)

僕がここで伝えたいのは、ネガティブになるのも、ポジティブになるのもみなさんの意思次第ということです。

たとえば、こんな感じ

「何社も書類選考で落ちているから、自分には需要がないんだ」

「書類選考で落とされている分、時間が無駄にならなくて済んだ」

 

「転職活動を始めてから普段の仕事でミスが目立つな」

「仕事でミスがある分、転職活動ではきっとうまくいく」

 

転職活動で、焦りや不安とうまく向き合うには、ネガティブになりえる状況をポジティブなものに変える考え方が必要です。

ポジティブでいれる分だけ、行動力も持続できますので、普段から意識していきましょう。

 

面接で落ちたり、ミスした時はこちらの記事がおススメです

面接時間と合否の関係についてまとめていますが、落ち込みそうになった時は読んでみてください

【面接が30分以内に終わると不採用?】面接官が語る時間と合否の関係
【面接が30分以内に終わると不採用?】面接官が語る時間と合否の関係この記事を読めば、自分が受けた面接が合否のどちらに近いのか予想がつきやすくなり、その後の行動・対応が素早く行えるようになります。...

 

 

 

転職が失敗しやすい人の焦り不安の向き合い方

転職が失敗しやすい人の焦り不安の向き合い方

 

転職で失敗しやすい人の焦りや不安との向き合い方はこちらです

  • 自分に出来ない理由をひたすら考えてしまう
  • 落ち込む回数のほうが多く、行動力も低下してしまう
  • 反省の無いただのポジティブ

 

 

自分に出来ない理由をひたすら考えてしまう

何で書類選考で落ちてしまうのか、何で面接で毎回落ちてしまうのか、自分にはあれもこれもないからと、自分には出来ない理由をひたすら考えてしまう方は転職で失敗しやすいです。

ただ、自分に自信がない方でも転職を成功させる人は確実にいます。

その違いについては、ぜひこちらの記事を読んでみてください

【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法
【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法この記事を読めば、自分に自信がなくても、どうすれば内定を貰えるようになるのかが分かり、転職活動の道筋が必ず見えてきます。...

 

 

落ち込む回数のほうが多く、行動力が低下してしまう

正直、1秒たりともネガティブにならない人はこの世にいないと思います。

落ち込んでしまうこと自体は悪いことではありません。

落ち込んだままが悪いんです。

僕を含め、ポジティブ人間と自称する人は、落ち込んだ後にすぐにポジティブな要素に変換しています。

それが行動力を持続するコツだからです。

https://tenterview.com/tenmnipositive/

 

 

反省のないただのポジティブ

不安や焦りを解消するために、ポジティブでいれば何でも大丈夫というわけではありません。

結果を出す楽観的な人は、その裏で必ず反省の時間を取っています。

反省の時間がない、ただのポジティブな方では、転職活動においても、ずっと同じようなミスで失敗し続けてしまいますので、そうならないように注意しておきましょう。

 

 

 

焦りや不安に負けそうな時はポジティブな人の声を聴くこと

焦りや不安に負けそうな時はポジティブな人の声を聴くこと

 

ということで、ここまで[ 転職を成功させる焦りや不安との向き合う方法 ]についてお話してきました。

 

今回お話したことを最低でも2週間は続けてください。

習慣化するには2週間程度の時間が必要になりますので、気楽に意識していきましょう。

その間に、もしも、不安や焦りに負けそうになってしまった際は、てんたのTwitterアカウントの方に相談したり、転職エージェントに相談したりなど、ポジティブな声や転職経験者の声を聴くと持ちこたえられると思います。

 

てんたのTwitterアカウントは[問い合わせ]ページよりどうぞ

お勧めの転職エージェントを2つご紹介しておきます。

 



 企業との交渉力が高く、活発的な方が多いリクルートエージェントの登録はこちらから【リクルートエージェント】

 



 20代の転職に特化したマイナビエージェントの登録はこちらからマイナビジョブ20’sで相談

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!