求人探しの悩み

【転職で年収が低くなるのは失敗じゃない】目先の年収に拘るほうが失敗

【転職で年収が低くなるのは失敗じゃない】目先の年収に拘るほうが失敗

 

  • 転職で年収が前職よりも低くなったら失敗なのかな?
  • 目先の年収にこだわるべきかな?
  • 転職で年収を意識すると失敗しやすいの?

こんな悩みを持っている方に本記事はおすすめです

 

本記事では、「転職で年収が低くなるのは失敗じゃない理由」についてお話していきたいと思います。

転職活動では、年収が高くなる人ばかりではなく、必ず低くなる方もいます。

年収が高くなることで不安になる方は少ないですが、問題は低くなる場合ですよね。

 

そんな転職で年収が低くなる方の不安を解消するために、本記事を書いています。

年収が低くなることや目先の年収に対しての不安を取り除きたい方は、ぜひ読んでみてください!

 

てんた
てんた
それではお話していきますね!

 

 

 

転職で年収が低くなることは失敗じゃない理由

転職で年収が低くなることは失敗じゃない理由

 

早速、年収が低くなることに不安や疑問を感じている方に向けて、結論からお話していきますね。

まず、転職で年収が低くなることは失敗じゃない理由はこちらの2つです

  • やりたい仕事をするほうが成果が出るから
  • 生涯年収はひっくり返せるから

 

 

やりたい仕事をするほうが成果が出るから

よくある悩みで「年収が低くなるけど、○○だからどうしよう」の○の部分によく入ってくるのが[ やりたい仕事 ]です。

年収とやりたいことを天秤にかける方が多くいらっしゃいますが、ここで結論を言いますと、

まずは、やりたいことを優先して、やりたいことで年収を上げていくことが一番です。

この順序が大切です。

やりたいことをする成果を出す年収を上げる

 

やりたいことを最初に優先すべき理由は、やりたいことのほうが成果が出るからです。

やらされているのではなく、自主的に行動していけますし、精神的にも頑張りやすさが大きく変わってきます。

簡単な例を出しましょう。

学生時代に戻った気分で考えてみてください。

みなさんが英語が好きだと仮定します。

そこで、担任から課題が出されました。

みなさんはどちらの課題の方が頑張れますか?

 

(1)英語での環境問題についてのスピーチ

(2)日本語での環境問題についてのスピーチ

 

おそらく、どちらも気が進まない方が多いかもしれません。

なぜなら、テーマが環境問題だからです。

でも、自分が英語が好きだと仮定すれば、「テーマは少し難しいけど、これを乗り越えたら英語力が上がる!」と思いませんか?

 

さらに、たとえ話を連想してみましょう。

ここで、みなさんが見事に課題をクリアし、担任や他の教員から評価されたとします。

すると、次はもう少し大きな舞台で披露してくれと求められるかもしれませんし、海外留学の推薦をしてくれるかもしれません。

ここでの評価は言い換えれば、会社からの評価やインセンティブ、昇給に繋がる話だと考えてください。

 

では、ここで現実世界の話に置き換えてみます。

みなさんが英語が好きで、ビジネス英会話の教師になるのか。

それとも、収入が少し高い英語とは関係のない営業職に就くのか。

みなさんは、どちらが努力を行うことができ、成果を手にしやすいでしょうか?

 

 

生涯年収はひっくりかえせる

年収が低くなることを心配される方に、危機感を覚えさせるためによく言われているのが「生涯年収の話」です。

後々、年収が低くなった時に個人でできることについてお話していきますので、ここでは結論だけ述べさせていただきますと、

 

収入面は個人の努力値次第ですので、生涯年収なんて誰でもひっくり返せます。

 

生涯年収で損するよ?って言ってくる人ほど、その環境にどっぷり浸かり、個人的な努力をすることがなくなってきます。

なぜなら、その環境に浸かるために努力をしてきたからです。

少し言い方が悪かったかもしれませんが、「生涯年収の不安を指摘してくる声」ほど、耳を傾ける必要はありません。

 

年収が低くなることは失敗ではありません。

そこで失敗と決め付けるのではなく、その後にみなさんが努力できるかどうかが重要なんです。

そこで努力ができないという結果が出て、はじめて失敗だといえます。

 

 

 

目先の年収よりもこだわるべきこと

目先の年収よりもこだわるべきこと

 

じゃあ、みなさんが不安になっている目先の年収よりも、何にこだわるべきなのかをお話していきますね。

ここで僕が挙げるのは次の2つです。

  • その仕事が好きなこと、やりたいことに関係しているのか
  • 自身のキャリアプランの為になるのか

 

 

好きなこと、やりたいことへの関係

年収が低くなることよりも、好きなこと・やりたいことを優先することの意味は先程お伝えしました。

長期的な視野で見れば、これらのことを意識することのほうが、みなさんが不安な年収も必ず上がってきます。

ただ、それでも不安な方はいるかと思います。

そのような方は次の順序で考えてみてください。

好きなこと・やりたいことを優先その中で収入が高い職種や企業を探す

収入を全く気にしないでと言いたいわけではないんです。

ただ、優先順位の1番目に年収を持ってくるのは良くないと伝えたいんです。

 


年収の交渉で結果を出したい方は、企業との交渉力が高いリクナビの転職エージェントがおススメです。

登録はこちらから簡単に出来ます【リクルートエージェント】

 

 

自身のキャリアプランの為になるのか

もし、みなさんがキャリアプランを持ち、そのためにと考えている転職であれば、絶対に目先の年収を一番に考えるのは止めましょう。

なぜかというと、目先の年収を優先させると、そのキャリアプランから外れてしまう可能性があるからです。

最悪の場合、直しが効かない年齢、キャリアになってしまうこともあり得ます。

それこそが転職の失敗です。

みなさんが既にキャリアプランを考えているのであれば、多少棘の道であってもそのまま突き通してください。

 

 

 

 

年収が低くなった時に個人でできること

年収が低くなった時に個人でできること

 

ここまで、年収が低くなることは失敗ではないとお伝えしてきましたが、それでも年収が気になる方はいるかと思います。

なので、年収が低くなった時に個人でできることについておお話していきます。

年収が低くなった時に個人でできることは主にこの2つ。

  • その仕事で成果を出して昇給や昇格、インセンティブを狙う
  • 複業を行う

 

先程もお伝えしましたが、収入は個人の努力次第です。

幸いなことに、いま私たちが生きている時代は、収入を増やす様々な方法があります。

その中でもみなさんに考えて欲しいのは複業について。

 

常に時間を対価とするUberEatsであったり、時間をかけて育てるYouTubeやブログなどですね。

年収がある程度落ち着くまで、複業で収入を増やすのは現代では珍しいことではありません。



 複業を考えてる方はこちらをチェック複業するならAnother works

 

 

 

まとめ

 

ということで、ここまで転職は年収が低くなっても失敗じゃない理由についてお話してきました。

 

本記事のポイントはこちらです。

  • やりたいことを優先に考え、やりたいことで年収を上げていく
  • 年収が低くなることが失敗ではなく、転職後に努力しないことが失敗

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!