自己分析の悩み

【転職活動1ヵ月で内定は貰える】短期間の転職ですべきことを解説

【転職活動1ヵ月で内定は貰える】短期間の転職ですべきことを解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、

転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

1ヵ月だけで転職ってできるもんなの?

短期間で転職するにはどうしたらいいの?

 

転職活動にかかる平均期間は3ヶ月程度。

3ヵ月で満足できるところに転職出来れば上出来。

長くても5ヵ月以内には妥協点を見つけて転職を終えられる。

 

こんな目安が世の常としてある中で、

たった1ヵ月で転職を成功させようと思えばそれなりの努力が必要になるわけです。

じゃあ、どんな努力が必要なの?っていうところを本記事でお話していきます。

 

結論を先に言っておくと、1ヵ月だけでも転職は成功できます。

 

 

1ヵ月で転職を終わらせるのに必要な努力を解説

【0~7日目】自己分析と求人の応募をすべし!

 

3ヵ月かけて行う努力を1ヶ月でする必要があるので、決して楽ではないです。

楽ではないけど、絶対に誰にでもできることばかり。

具体的にいうと、下記の3つのことになります。

  • 転職の指針となるキャリアプランを考えておく
  • 面接でのパフォーマンスをパターン化させる
  • 待ちの姿勢にならない行動力

 

転職の指針となるキャリアプランを考えておく

 

ここから始めることがめちゃくちゃ重要です。

というのも、キャリアプランを無視して転職活動を進めていくと、

かなりの高確率で早期再転職に繋がる転職先を選んでしまいます。

 

行き先が決まっていないのに船を出すようなものですし、

1ヶ月という短期間なので、道に迷っている時間はありませんよね。

もちろん、考えすぎて行動に移れないなんてのはNGですよ。

 

じゃあ、一体どんなキャリアプランを考えればいいのか。

例えば、こんなイメージを描けられてたらOKです。↓↓

5年後の目標:好きなアニメの商品を自分で手掛けて大ヒットさせたい

3年後の目標:商品開発を任せられるような実績を出す

1年後の目標:営業の基礎を勉強して経験を積む

 

大事なのは、自分が本気でしたいと思える目標を創ること。

考えるとワクワクしてしまうような目標が良いですね。

自分の好きなことや趣味なんかと絡めるのもOK。

 

キャリアプランってただの妄想でしょって思うかもですが、

面接の際にかなり聴かれる傾向にありますし、

答えられないとイメージダウンに繋がってしまう可能性も高いです。

 

早期再転職に繋がらないために、

面接での印象を高められるように、

キャリアプランは最初に考えておく必要があります。

 

 

面接でのパフォーマンスをパターン化させる

 

キャリアプランが出来たら、次は面接対策。

結論からいうと、大事なのは主にこちらの3つ。↓↓

  • 自分の職歴に関する質問と返答を想定しておく
  • 志望動機には小エピソードを用意しておく
  • 企業のことを調べ、質問の用意をしておく

 

職歴に関しては必ず質問を受けることになります。

なぜその仕事をしていたのか、そこから何を得たのか、なぜ退職したのか等々。

正直に答えることも大切ですが、必ず筋が通っていて、

企業からのイメージアップに繋がるようにポジティブ化させることを意識しましょう。

 

また、志望動機に関しては、

面接官に良い印象を残すために、必ず小エピソードを付けるようにしましょう。

ただの結果を述べるんではなく、原因や動機を伝えることが大切です。

コミュニケーション能力のアピールにもなるので要対策あるのみです!

 

そして、応募企業に興味があることを伝えるには質問がかなり効果的です。

質問をしないと、うちには興味がないんだろうなって思われても仕方がないし、

逆に3つ以上質問が出来ていれば好印象になりやすい。

 

たとえば、こんなのでもいいんです。↓↓

  • 御社の業務内容において、どんなスキルがあればより活躍できますか。
  • この仕事のやりがいやこれまでに苦労されたご経験を教えて欲しいです。

 

特に最近は質問ありますか?って聴いても、何もない人がほとんど。

求人に書いてあることを聴くのはあまり良くないですけど、

それ以外のことで質問は最低でも3つは用意しておきましょう!

 

待ちの姿勢にならない行動力

 

キャリアプランを考えて、面接対策をしたら、あとは行動あるのみ。

1ヵ月で転職を終わらせたいのなら絶対に欠かせない要素ですね。

 

一体どのくらい行動すればいいのかというと、

最低でも6社、多くて12社くらいには応募する必要があります。

 

1ヵ月計画だとどうしても初めの2週間で出来る限り受けないとなので、

めんどくさいという感情は一時捨てて、

初めの2週間で少なくても3~4社にはアプローチしていきましょう。

面接に進めるか微妙な企業を含めるなら最低でも5社くらいですね。

 

ここまでは自分で転職サイトを見て出来ることですが、

同時並行で絶対にしておいて損しないことがあります。

それがラッキーアイテムを併用するということ。

 

転職でいうラッキーアイテムというのは、転職エージェントのこと。

転職エージェントが必要になる理由はこちら。↓↓

  • 転職エージェントが応募企業を探してくれる
  • 紹介企業に応募するとエージェントが面接対策をしてくれる
  • エージェント経由だと採用される可能性が高くなる

 

上記がメリットでして、デメリットとしては紹介企業がない状況もあり得るということ。

それでも活用してみれば応募から内定まで2週間以内で済む可能性がありますし、

条件を伝えてからはエージェントが勝手に進めてくれるので、負担はほぼない。

 

絶対という保証はないけど、使っておいて損はないよという意味のラッキーアイテム。

短期間で転職活動を成功させたいなら必ず活用しておきたいですね。

 

おすすめの転職エージェント

エージェントの営業力に頼りたい方はこちら→【リクルートエージェント】

相談者へのヒアリング力に頼りたい方はこちら→マイナビジョブ20’s

 

 

 

まとめ:1ヵ月だけでも転職は可能です

【8~14日目】最低3社とは面接しておくべし!

 

本記事では、1ヵ月間で転職を終わらせたい方に向けて対策を解説してきました。

まとめるとこんな感じですね。↓↓

  • 転職の指針となるキャリアプランを考えておく
  • 面接でのパフォーマンスをパターン化させる
  • 待ちの姿勢にならない行動力は必須

 

上記のことをするのは最低条件。

といっても、大して難しいことじゃないですし、誰にでもできる努力ばかりです。

 

出来るか、出来ないかではなくて、

やるか、やらないか。

強い気持ちを持って行動していきましょう!

 

転職は人生の重要な転機になり得ますからね。

短期間であるからこそ、後悔しないように、行動し尽くしましょう!

 

本記事でご紹介したエージェント

エージェントの営業力に頼りたい方はこちら→【リクルートエージェント】

相談者へのヒアリング力に頼りたい方はこちら→マイナビジョブ20’s

 

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!