求人探しの悩み

転職でブランクは不利じゃない【6ヵ月ブランクがあっても内定貰えた話】

転職でブランクは不利じゃない【6ヵ月ブランクがあっても内定貰えた話】

 

  • 転職するときにブランクがあると不利になるの?
  • ブランクがあるときの転職はどうしたらうまくいくの?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します↑↑

 

 

本記事では、[ 転職においてブランクは不利じゃない ]ことについて解説していきます。

 

実際に、僕は6ヶ月間のブランクがありながらも、2ヶ月ほどで納得できる転職ができましたので、その経験から転職でブランクは不利ではないと断言することができます。

ですが、もちろん何にも対策を考えずにいけば、転職活動はうまくいきません。

本記事では、その対策について説明していきます。

 

この記事を読めば、

たとえ、1ヶ月、3ヵ月、6ヶ月間のブランクがあろうとも、内定を貰えるようになる対策について理解できます。

ブランクがありながら、転職活動に挑戦する方は必読です。

 

 

 

ブランクを不利にしないための対策

ブランクを不利にしないための対策

 

早速、ブランクを不利にしないための対策についてお話していきます。

対策はこちらの2つです。↓↓

  • ブランクだけを伝えないようにする
  • 第二新卒、ブランク歓迎の企業を選ぶこと
  • 将来ビジョンを持っておくこと

 

 

ブランクだけを伝えないようにすること

 

ブランクというのは、企業側にとっては、プラスな印象ではなく、マイナスに近い印象です。

なので、面接官にブランクの理由を聴かれて、ありのままの回答をするだけでは内定を貰うことはできませんし、貰えたとしても、よっぽど人が足りていないブラック企業だけです。

 

結局、大事になるのは、ブランクがあっても採用したいと思わせる価値があなたにあるかどうかです。

 

第二新卒歓迎やブランクを歓迎する企業でも、これがないと内定は貰えません。

僕の過去の体験を例に説明していきます。

 

本記事のタイトルにもある通り、僕には6ヶ月間のブランクがありました。

その6ヶ月間のブランクの理由は、起業活動をしていたからです。

起業活動といっても、アイデアは評判が良くても、収益化に繋げるだけの力や努力が足りず、最終的には財政的な理由で無念に終わっています。

結果だけでみれば、失敗に分類される話ですね。

 

なので、これだけしか企業に説明しなければ、[ 結果が出るまで努力し続けれない人 ]というような評価しか貰うことは出来ません。

実際に、面接官に鼻で笑られたこともあります。

じゃあ、ここからマイナスな評価をプラスに上げるために何をしたかというと、

[ ブランク期間で何を得たのかを伝える ]ということです。

 

僕の場合でいえば、以下のことを伝えました。↓↓

起業活動を通じて、自分の強みである行動力は発揮できましたが、問題解決能力が足りないことに気付けました。20代でこのような経験を出来たことは、必ず御社でも活かせる経験値だと思っています。

 

起業活動だけでなく、病気で休んでいたり、家族の介護をしていたとしても、同じようにブランク期間を通じて何かを得ることはできます。

そして、それを企業が求めている人材像に近づくような内容にすれば、たとえ6ヶ月間のブランク期間があったとしても、企業があなたを採用する価値は充分にあります。

 

 

第二新卒、ブランク歓迎の企業を選ぶこと

 

ブランクがある方にとっては、募集要項を細かく指定している企業ほど、書類選考を通過することは困難になります。

ですので、第二新卒歓迎・ブランク歓迎と記載されている企業に応募することを強くお勧めします。

第二新卒やブランクを歓迎している企業は、ブラック企業だと思われる方は多いですが、実際のところ、ホワイト企業だと評判の良い企業も存在しますので安心してください。

 



早速、求人をチェックしたいという方は、求人数が他社よりも圧倒的に多いリクナビNEXTを活用しましょう

こちらから簡単に登録→リクナビNEXT

 

 

将来ビジョンを持っておくこと

 

面接官は、ブランクがある方に対して、このような質問をしてくることが多いです。↓↓

  • 「将来こうしたいな~とかってあったりしますか?」
  • 「今後のキャリアプランは考えてありますか?」

ブランクがなくても聞かれることはありますが、ある場合は90%くらいの確率で聴かれると思っておいてください。

 

じゃあ、何でこんな質問をしてくるのかというと、

あなたがこれからの生活を本気で変えていきたいと思っているのか、を確認するためです。

つまり、何となく転職活動をしているという曖昧な状態の方を取るのはリスクが大きいということです。

 

将来ビジョンやキャリアプランについて答えられなかった場合は、一気に採用される確率は落ちていきます。

たとえ、「採用されたあとで、様々なことを経験してから考えたいと思います」のようなポジティブ風な発言をしてもです。

なので、ブランクがある方は、面接対策として、将来ビジョンやキャリアプランについて考えておくことは必要不可欠です。

 

いきなり、将来ビジョンやキャリアプランについて言われても、何にも思いつかないという方はこちらの記事を読んでみましょう。

キャリアプランの考え方についてまとめてあります。

【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...

 

 

 

ブランク以外に考えなければならないことは必ずある

ブランク以外に考えなければならないことは必ずある

 

入社したいと思える企業に出会い、特に苦労せずに採用される方は極稀です。

転職活動は実力だけでなく、運も必要ですので、何回か落とされるものだと思っておいた方が精神的な疲労は少なく済みます。

それでも、面接で落ちてしまったら、反省と改善をしなければ、同じようなことを繰り返すしてしまいます。

 

企業や面接官との相性が合わなかっただけの場合もありますが、何かしらの改善点は必ずあるものです。

転職で役に立つ記事を貼っておきますので、心当たりがある記事があれば、ぜひ読んでおきましょう

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...
【転職活動での長所と短所の伝え方】企業に印象良く伝える方法について
【転職活動での長所と短所の伝え方】企業に印象良く伝える方法について本記事を読むことで、転職活動の面接で自身の長所と短所を上手く面接官に伝えられるようになり、内定を貰う確率を高めることができます。...
【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法
【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法この記事を読めば、自分に自信がなくても、どうすれば内定を貰えるようになるのかが分かり、転職活動の道筋が必ず見えてきます。...
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!