自己分析の悩み

【転職活動がうまくいかない3つの思考法】早急に切り替えましょう!

【転職活動がうまくいかない3つの思考法】早急に切り替えましょう!

 

  • 転職活動がうまくいかない人の考え方ってどんなの?
  • 失敗しやすい考え方ってあるの?
てんた
てんた
こんな悩みを解決します↑↑

 

 

本記事のテーマは[ 転職がうまくいかない人の思考法 ]についてです。

 

転職がうまくいかない人には、共通した考え方があります。

書類選考は受かるけど、毎回面接で落ちてしまうという方は、特にこれからお話する考え方を持ってしまっています。

転職活動が進むにつれて生まれてしまう可能性もありますので、ぜひ、本記事を最後までぜひ読んでみてください。

 

この記事を読めば、

転職活動でうまくいかない思考法にハマってしまうのを防ぐことができます。

その思考法に陥っていない人も、これからそうならないような対策として読んでみてください。

 

 

 

転職活動がうまくいかない思考法3選

転職活動がうまくいかない思考法3選

 

早速、転職活動がうまくいかない思考法3選についてお話していきます。

これからお話するのはこちらの3つ。↓↓

  • 既にスキルを充分にあると思っている
  • 早く転職先を決めたいと思っている
  • 1人だけですべきだと思っている

 

 

既にスキルを充分にあると思っている

 

応募した企業が求めているスキルを既に充分にあると思ってしまう方は、転職が失敗に終わりやすいです。

その理由は、どの企業でも、常に成長意欲のある方を求めているからです。

たとえば、みなさんが企業側だとして、[ TOEIC700点以上 ]を募集要項に記載しているとします。

それに対し、面接中の転職者の回答として、どちらを好みますか?

  1. TOEICは750点取れていたので、御社が求める英語スキルには不安はありません
  2. TOEICは750点取れましたが、これからも学び続け、御社に貢献していきたいと思います。

 

もしも、前者の答えならば、面接官は[ これからも勉強していく気持ちはありますか? ]と不安になった質問をしてきます。

なんでそんなこと分かるのかというと、過去に僕が同じ体験をしているからです。(笑)

少し尖っていた過去のてんたくんは、自分の英語スキルにある程度の自信があり、これからも勉強続ける意思を自ら伝えることを忘れてしまったのです。

そこで面接官の方に言われたのが、その質問であり、結果は当然不合格です。

 

なので、たとえ、企業が求めるスキルの条件を満たしていたとしても、充分にあると誇るような思考は持つべきではないです。

その自信は内に秘めて、学び続け、成長していく意欲をアピールしていきましょう。

 

 

 

転職先を早く決めたいと思っている

 

転職活動は精神的に不安になりやすいですが、決して転職先を早く決めたいと思わないようにしてください。

なぜかというと、妥協で選んだ企業に納得できることは決してないからです。

納得できないということは、転職前と同じ悩みを抱えたり、すぐに再転職をしたいと考えやすくなるということです。

 

たとえば、僕が転職活動の不安や焦りに負けてしまい、内定を貰えるからといって入社したいと思っていなかった企業に決めたとします。

ですが、まだまだ求人は探し切れていないですし、転職サイトだって1つや2つしか見ていなかったとしたら、それってめちゃくちゃ勿体ないことだと思いませんか?

というのも、転職ではなく、就活のときですが、僕は同じような経験をしています。

 

これについては、本当に後悔しました。

あと、5社~10社受けていれば、もっと自分に合った企業と出会えていたかもしれないですからね。

不安や焦りに負けてしまったのだと認めざるを得ません。

同じような思いをみなさんに味わいさせたくはありません。

なので、転職先を早く決めたいと思うのではなく、早く自分に合う企業に出会いたいと思ってください。

これだけで転職活動の質は大きく変わります。

 

「内定を貰うには、何社の面接を受ければいいの?」という疑問がある方。

こちらの記事を読めば、転職で内定を貰うためにどのくらいの質と量を意識しなければいけないのかを理解することができます。

【コロナで転職はしないほうがいい?】コロナで転職をやめるのが危険な理由
【内定を貰う為に何社の面接を受けるべき?】転職が成功する質と量を解説この記事を読めば、転職で内定を貰うためには、どのくらいの質と量を意識しなければいけないのかを理解できます。(※コロナウイルスの影響も考慮しています)...

 

 

転職活動を自分だけですべきだと思っている

 

主体性を大切にしながらも、客観性も持ち合わせないと転職活動はうまくいきません。

というのも、転職活動では、反省・改善・実践のサイクルがとても重要だからです。

みなさんはこんなセリフを聞いたことがありませんか?

” 転職活動で落ちたら、その企業と合わなかっただけだよ! ”

 

これは半分正解ですが、半分間違っています。

たしかに、企業の方針と合わなかっただけで、転職者さんには魅力満点というケースもあります。

ですが、転職者さんに何かしらの改善すべきことがあった可能性も大いにあります。

 

自分だけで転職活動を進めてしまうと、このようなことに気付けずに、内定を貰えない日々が続いてしまうことが多々あります。

なので、客観性を持って転職活動を進めていってほしいです。

転職エージェントでも、転職経験がある友達でも、僕でも構いません。

反省・改善・実践のサイクルを回していれば、必ず成功できます。

 

おすすめの転職エージェントを2つ記載しておきます。

エージェントの評価は、口コミが全てだと思っています。

自分やインタビューさせて頂いた方が活用して悪かったところは一切おすすめしていませんので、安心してください

 



リクルートエージェント 

他社よりも圧倒的に多い求人数を持ちながら、営業力の高いエージェントがみなさんをサポートしてくれます。

こちらから簡単に登録に進めます→【リクルートエージェント】
※ポチってしても、勝手に登録されませんので、安心してください。

 

 



マイナビジョブ20’

マイナビジョブ20’sの特徴は、ヒアリング能力の高さです。

面談というよりも、相談という感覚でエージェントにサポートしてもらえます

こちらから簡単に登録へ進めます→マイナビジョブ20’sで相談

 

てんた
てんた
ちなみに、転職で年収を400万円上げながらも、やりたいことをやれている僕も、いつでも相談に乗りますよ

ぜひ、Twitterアカウントへメッセージをください

Twitterアカウント:@tenterviewtenta

 

 

 

改善すれば2ヶ月以内に内定を貰える!

改善すれば2ヶ月以内に内定を貰える!

 

僕の転職活動では、失敗した就活の教訓を活かしながらも、やはり多くの失敗を重ねました。

内定を貰うまで1ヶ月、納得できる企業からの内定を貰うのに2ヶ月かかっています。

ですが、僕の性格上、転職期間は2~3ヶ月がベストでしたので、結果的には成功できたと思っています。

転職活動で70%の人が考えていない【自分に合った転職期間の決め方】
転職活動で70%の人が考えていない【自分に合った転職期間の決め方】この記事を読めば、自分がどのくらい転職活動に時間をかけるべきか理解でき、その結果、納得した企業から内定を貰える可能性を高めることができます。...

 

どんな人でも、反省・改善・実践のサイクルを回しながら、今回お伝えした思考法にならなければ、2ヶ月以内には内定を貰うことができます。

ぜひ、躍起にならずに、踏ん張ってみましょう!

いつでもサポートしますからね

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!