転職エージェント悩み

【結論:基本的に不可です】転職エージェントに再登録できるのか解説

【結論:基本的に不可です】転職エージェントに再登録できるのか解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
1回活用した事のある転職エージェントに再登録ってできるの…?

 

結論からいうと、基本的に再登録はできないと思っておいた方がいいです。

というのも、おそらくこの疑問を抱いているほとんどの方が1回目に活用したときにその転職エージェントで成功できていなかったじゃなんないかなと。1回目で成功していれば迷う必要ないですからね。

 

1回目で成功できていたら2度目も活用できますが、成功していなければ基本的に再登録は難しいと思ってください。

厳密にいえば、「再登録はできるけど再利用はできない」と思っておくのが良いかなという感じですね!

 

本記事ではその理由を簡潔に解説して、そこからの対処法もしっかりお伝えしていきます!

転職エージェントに再登録できない理由を解説

転職エージェントに再登録できない理由を解説ここからのお話は基本的に1回目の活用で転職が成功しなかったり、うまくいかなかった場合を仮定してお話していきます。なので、1回目で上手く活用できたり、転職が成功しているなら本記事を読む必要はありませんからね。

それ以外の方はササっと読み進めていきましょう!

 

理由:エージェントが紹介不可と判断

同じエージェントに再登録できない理由は「エージェントがこの人には紹介できないな」って判断しているときがほとんどです。

というのも、基本的にエージェントは何十人という応募者の対応をしているので、上記の様な考えが当てはまる応募者に対しては時間を割かないことが多いんですよね。

 

じゃあ、どんなことがあると、エージェントが「この人には紹介できないな」って思うのかというと下記の通りです。↓↓

  • 職歴から紹介できる案件がない
  • 希望条件が高すぎる
  • 転職目的がマッチしていない
  • エージェントと衝突した過去がある

 

まず、いくら転職サイトに載っていない非公開求人が多くあったとしても、応募者の職歴から紹介できる案件がないケースがあります。転職回数が異常に多かったり、1年以下の経歴しかないとかですね。

1回目と同じ職歴だったり、更新があってもあまり高評価に繋がらないようだと再登録しても、残念ながら良い成果は期待できないかなと。

 

加えて、転職で求めている条件が高すぎると、再登録しても「高すぎる条件に合うところないから紹介はできないな」って思われる可能性が大です!

再登録するなら、ある程度希望の条件は妥協しないと意味がないので要注意ですね。

 

そして、そもそもですが、転職目的と活用しているエージェントの特徴がマッチしていなければ、再登録したところで相手にされない可能性が大なんです!

たとえば、未経験職種へ転職したいのに「経験を活かした案件がほとんどのリクルートエージェント」を活用していも相手にされないわけです。

 

最後に、エージェントも同じ人間なので、過去に衝突した応募者であったり、あまりにもエージェントに対して失礼な態度を取った応募者に対してはメモしてあるものなので、再登録しても意味がないんですよね。

もちろん、エージェント側が失礼なパターンもありますが…。

 

ここまでマシンガン説明をしてきましたが、エージェントが「この人には紹介できないな」と断じてしまう理由は上記の通りなわけですね。

ただし、ここで重要なのが、再登録できないというのはネット上で拒否作動を確認できるわけじゃなくて、再登録したあとに分かるものだということなんです!

 

登録できても紹介先がないと言われる

基本的に、再登録して貰えたとしても、エージェント側は真っ正面から断れないので、「登録できても紹介先がないと言われる」ケースがほとんどなんですよね。

なので、厳密には「再登録は出来るけど、再利用は不可能に近いですよ」って感じですかね。

 

派遣もそうですが、案件を与える企業側には努力義務がありますけど、登録した応募者には絶対に紹介先を提示しないといけない決まりはないですから。

転職エージェントも万能じゃないので、ラッキーアイテムくらいに期待して活用するのがいいかなと個人的には思います。

 

自分に非がない場合は望みありです

ちなみにですが、前回の活用時のことで下記に該当する場合は、再登録しても望みありですね。↓↓

  • 希望条件に合う案件がなかっただけ
  • エージェントから連絡が途絶えた

 

希望条件に合う案件がなかっただけ

あくまでも今回の希望条件が前回活用時の希望条件から変更があり、尚且つ条件が緩んだ場合に限ります!

だけど、上記を満たすようであれば、再登録してみる価値はあるかなと思いますし、そこは積極的にエージェントへ説明していくと良いかなと思いますね。

 

実際にこういうケースで再登録してくる応募者は多いですし、「再登録までに自分で動いたけど難しいと分かったから」という理由を伝えてくれる方も多いですね。

 

エージェントから連絡が途絶えた

絶対に良くないことですが、エージェントからの連絡が一方的に途絶えるケースもありまして、この場合は再登録してみても良いかなと思います。

連絡が途絶える理由は様々でして、他の応募者の中に埋もれてしまったとか、返事を返し忘れていたとか、もちろん紹介が難しいからというネガティブな理由もですね。

 

なんにせよ、原因が特定できていないので、とりあえずは再登録していて、活用できたらラッキーくらいに思っておくのが良いかなと思います!

 

結論:他エージェントの活用がベストです

結論:他エージェントの活用がベストですここまで「再登録は出来るけど再利用は不可能」な理由をお伝えしてきましたが、結論を言ってしまえば、他エージェントの活用がベストな選択になります。

再登録しても望みがなさそうな方はササっとこちらの方向で動き出すのがおすすめですね!

 

1つのエージェントに拘る必要なし

転職サイトにも同じことが言えますが、1つの転職サイトや転職エージェントに絞る必要もないですし、こだわる必要もないんですよね。

本気で3ヵ月以内に良い転職をしたいと思えば、複数の転職サイトだったり、転職エージェントを活用していくのは当たり前といってもいいくらいです。

 

理由としては主に下記のことが挙げられるかなと。↓↓

  • 可能性を広げておいて損ないから
  • 1つで完結できる確証がないから
  • 掛け持ちがダメな決まりはないから

 

なので、一度利用した事のあるエージェントに再登録できないからと落ち込む必要もないですし、有能な転職エージェントは1つだけではないので、ササっと他のを活用してみるのが良いですよ!

何より、転職エージェントを活用するときは「自分の転職目的にマッチングしているエージェントを選ぶ」というのが重要ですからね。

 

ここを意識して、他のエージェント活用を検討してみたら良いかなと思います。

ちなみに、下記の記事で個人的におすすめしているエージェントについてまとめてあるので、良かったら参考にしてみてくださいね。※エージェントを1つ1つ詳しく解説した記事もあります。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:エージェントによって転職は変わる

再登録しても再利用できないこともあるのが悲しい現実ですが、だからといって、みなさんの転職活動がゲームオーバーとなることは絶対にないです。

エージェントも出逢いの1つなので、これから新しく活用するエージェントが良い案件を紹介してくれるかもですし、そうでなくても転職サイトから応募したところから内定を貰えるかもしれません。

 

精神論に聞こえるかもですが、転職活動中は本当にこういうポジティブに考えることが重要になってくるので、前向きに努力をしていけたら良い成果が生まれると思いますよ!

みなさんの転職活動が上手くいくことを応援しています!!!

 

関連のおすすめ記事

エージェントからの紹介先が合わないときの対処法について解説した記事

エージェントの掛け持ちについて解説した記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!