転職エージェント悩み

転職エージェントがいらないのは正しい【けど、必要なのは情報です】

転職エージェントがいらないのは正しい【けど、必要なのは情報です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事で解決する悩みはこちら。↓↓

ごりー
ごりー
転職するのに転職エージェントっていらなくない?本当に使った方がいいの?

結論からいうと、転職エージェントはいらないという意見はほぼ正しいです。

何でほぼなのかというと、「転職エージェントが必要」というよりかは、「エージェントから得られる情報が必要」だからですね。

 

「転職するのにエージェントなんていらないんじゃない?」って疑問がある方こそ、ぜひ最後まで読んでみてください。

3分ほどで読み終わります。

使えるのはエージェントから得られる情報です

使えるのはエージェントから得られる情報です転職エージェントが必要というよりかは、転職エージェントから得られる情報に価値があります。じゃあ、どんな情報を得られるのかってところからお話していきますね。

 

エージェントから得られる情報の内容

転職エージェントから得られる情報内容は下記の通り。↓↓

  • 転職サイトに載らない非公開求人
  • 企業ごとの面接対策
  • 紹介実績からの傾向
  • 自分のアピールの仕方

 

まず、なんだかんだ言って重要なのが非公開求人ですね。

転職エージェントを利用するからこそ知ることのできる求人なので、「エージェントを活用する程やる気のある人向け」みたいなものもあったりします。

 

ただ、個人的には非公開求人よりも「企業ごとの面接対策を知れること」のほうが価値があると思っています。

というのも、企業ごとの面接対策を知れるというのは、「面接前に答えを教えてもらえる」くらいの効果があるわけですよ。

 

たとえば、こんな対策を教えてくれます。↓↓

  • 面接官や面接全体の雰囲気
  • 面接で聴かれやすいこと
  • 面接官が重要視しているポイント
  • 好印象となる回答例

 

上記内容を知っている状態で面接に臨むのと、知らないで臨むのとでは全然意味が異なりますよね。(笑)

他の応募者が上記内容を知っていて、自分が知らなかったら、「あの人そんなことまで知ってるなんてせこいよ」って思いません?

 

転職エージェントは企業の担当者に直接情報をヒアリングしてくれていて、どの情報も知っていれば絶対に面接が楽になるものばかりなわけですよ。

どういう人が受かりやすいかを知っている分、「どうやって自分をアピールすべきか」というのもよく知っています。

 

たとえば、前向きで熱意のあるアピール方法が好印象を与えるところもあれば、実績に基づいて理論的にアピールしないと好印象を与えられないところもあります。

企業を中心に考えるだけじゃなくて、「もっとこの部分をアピールしたほうがいいですよ!」みたいな気付きを与えてくれるときもあります。

 

転職エージェントに価値があるんじゃなくて、こういう情報に価値があるわけですね。

 

エージェントからの情報が重要な理由

エージェントから得られる情報の内容をお伝えしましたが、どれもこれも自力では知ることが難しい情報ばかりですよね。転職サイトにはもちろん載っていないことですし、企業のHPにも載っていないことばかり。

つまり、転職エージェントを活用しないとほぼ知ることができないわけです。

 

じゃあ、転職エージェントを活用している人ってどのくらいいるのかというと、全体の約20%くらいなんですよね。(※パソナキャリアと転職Plusの調査結果)

全体の2割しか知らない情報を持っているって結構凄くないですか??

 

情報があれば、転職成功の可能性は高まります

自分の過去の経験を頼りに何とかしようとする応募者、情報収集をひたすらして対策する応募者、深く考えようとしない応募者、いろんな人がいます。

どんなやり方であれ、「企業側が欲しいと思っている人材像の情報」を知れているってめちゃくちゃアドバンテージですよね。

 

転職活動中ってどうしても、「どうすれば受かるんだろう」って迷走してしまうことがあるんです。

企業がどんな人材を求めているかという基準があるにも関わらず、自分らしさを重視しすぎて結果上手くいかないとかですね。

 

そういうときに、「こういうポイントを押さえつつ、自分が言いたいことを伝えればいいのか」という確固たる情報があれば、精神的にも結構楽なんですよ。

その精神的ゆとりが面接パフォーマンスを上げてくれることなんてよくあります。どうせ無料で手に入れられる情報なので、取りに行って損はないですね。

 

結論:エージェントから得られる情報が重要です

一旦話をまとめますと、転職エージェントを活用することが重要なのではなくて、転職エージェントから得られる情報を知ることが重要です。

数字的にも全体の20%くらいしか知らない情報なので、他者との差別化になりますし、そこまでできると必ず企業側からの評価は高くなります!

 

もちろん、エージェントを活用してみて、非公開求人を含め、応募したい求人があったときの話ではありますけどね。

でも、その条件さえクリアできたらかなり転職は成功しやすくなりますよ。

 

とはいえ、「転職エージェントを使わないでもいいって人もいるよね?だったら自分も使わなくて良くない?」って思う方もいると思います。

ここを最後にはっきりさせて終わりますね!

 

転職エージェントがいらない人も確かにいる

転職エージェントがいらない人も確かにいる正直、転職エージェントは絶対に使わないで大丈夫と言える人はめちゃくちゃ少ないですし、優秀だからエージェントがいらないとも限らないんですよね。

 

転職エージェント不要の応募者の特徴

転職エージェントを使わなくても転職を成功させることは勿論可能です。エージェントも所詮は転職方法の1つでしかないですからね。

じゃあ、転職エージェントを使わなくてもいい人がどういう人かというと、下記の特徴を持っている方になります。↓↓

  • 過去の職歴が安定している
  • 再現性の高い実績がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 転職活動を焦る問題がない

 

上記の特徴の全てを持っている人は、転職エージェントを活用する必要はないです。

自分で転職サイトから応募するだけで、3ヵ月もかからずにある程度の希望条件を叶えた転職活動ができるはず。

 

もちろん、希望する企業や職種によっては「コミュニケーション能力が高い」のと、「再現性の高い実績がある」とかで受かることもあります。

全ての特徴に当てはまっているのがベストですが、2つだけ当てはまるって方も転職エージェントを活用する必要はないですね。

 

ただ、エージェント不要と断言できる人は少ない

とはいえ、エージェントを使う必要がないと断言できる人はめちゃくちゃ少ないです。

なぜかというと、そもそも転職エージェントの種類によっては、優秀な人の追い風になり得るからですね。

 

転職エージェントの種類って大きく2つに分かれます。↓↓

  • 待遇条件を上げるもの
  • 採用確率を上げるもの

 

たとえば、リクルートエージェントは「待遇条件を上げるもの」としてはめちゃくちゃ優秀なエージェントです。

年収を上げたり、職種を変えずに業界を変えたりとかですね。これまでの経験を活かして転職する方には心強い味方になります。

 

逆に、同じリクルート運営でも就職Shopは「採用確率を上げるもの」としてめちゃくちゃ使えます。

書類選考なしで応募できるのが大きな特徴で、職歴に自信がなかったり、転職に慣れていない20代の方には心強い味方になります。

 

何が言いたいのかというと、「採用確率を上げるエージェント」を使う必要がなくても、「待遇条件を上げるエージェント」を使う必要だったりメリットがある方はいるんだよってことですね!

なので、「どんな人でも使っておいて損ないよね」ってのが転職エージェントの基本的な考え方になります。

 

まとめ:転職は情報と対策が命です

転職の面接で聴かれることって大体決まっています。

過去の職歴とか実績、人柄面を掘り下げられることがほとんどですし、面接官によっては人間関係とか休日の過ごし方、キャリアプランとかを聞かれたりしますね。

 

面接という緊張する場面の中で、応募者として企業側を見極めないといけない中で、その場で良い回答を考えながら話すってめちゃくちゃ難しいですよね。

だからこそ、事前に情報を入れておいて、それに対しての対策を考えることが重要です。

 

転職エージェントはその情報集めと対策部分を一気に解決できるアイテムなので、応募したい求人があればエージェントを利用してみるのがおすすめです!

応募者側が利用してやる立場なのを忘れずに。(笑)

 

ちなみに、先程のリクルートエージェントや就職Shopについて詳しくまとめた記事を貼っておくので、良かったら参考にしてみてくださいね。

参考記事:リクルート運営の「就職Shop」についてまとめ

参考記事:リクルートエージェントについてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!