転職エージェントの悩み

転職エージェントに登録するのは怖い方へ【損しない活用法を解説】

転職エージェントに登録するのは怖い方へ【損しない活用法を解説】

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を、複業で転職ブログを運営しています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、転職といえば、こんな悩みを持っている方は多いかと思います。↓↓

転職者さん
転職者さん
転職エージェントを活用してみたいけど、登録するのが怖い。どうやって活用していけば良いのかを知りたい。

 

僕も初めて転職活動をしたときは、転職エージェントに対するイメージが最悪だったので、活用するのを結構渋りました。

特に、企業が運営しているサイトの情報は良くも悪くも信頼できないですからね。

 

なので、転職エージェントに登録するのが怖いと感じるのは普通というか、みんな入り口はそんな感じかなと思います。

ただ、転職エージェントを活用した経験と現在のエージェント業務の経験からいえば、エージェントを使わないで転職活動を進めるのはめちゃくちゃ勿体ないです。

 

なぜかというと、エージェントを使えば転職の可能性が大きく広がる可能性があるから。

転職活動をしていると応募したい求人・企業ってそこまで多くないと思いますが、それが1つでも2つでも増えたらそれだけ可能性が広がりますよね。

 

そのチャンスを逃すのは勿体ないですよっていうのが本記事のお話です。

転職エージェントの活用が怖い3つの正体

転職エージェントの正しい位置付けを解説結論からいうと、転職エージェントのことは企業を紹介してくれるかもしれない便利屋さんくらいに思っておくのがおススメです。

大切なのは、期待しすぎないってことですね。ここを理解しておくと上手く転職エージェントを活用することができます。

 

転職エージェントの登録が怖い3つの不安

本記事を読んでいる方は、転職エージェントに登録するのが怖いと思っている方ですよね。

先ほども話しましたが、エージェントへの登録を怖いと感じる人は、エージェントの位置付けが高くなっていることが多いです。

 

そうなってしまう原因として、3つの不安があるのかなと思います。↓↓

  • 無理やり転職させられるんじゃないか
  • しつこく電話をかけてくるんじゃないか
  • 紹介してくるのはブラック企業ばかりなんじゃないか

 

転職エージェントのデメリットとして認知されていることが多いこの3つの不安が、実際にどんなものなのか簡単に解説してみます。

 

まずは、無理やり転職させられてしまうんじゃないかという不安について。

 

強制的に入社させることはありませんが、その人の良さに付け込んでごり押しするエージェントはたまにいます。

押しに弱い、断るのが苦手という方にとっては少し気が引けることかもしれませんね。

 

ただ、考えてみて欲しいのが、転職エージェントが勧めてきたところを断ったからといって、みなさんが法律的に訴えられるようなことは全くないってことです。

1つ、2つ断るなんてことはよくある話なので、全く気にする必要はありませんよ。

 

2つ目がしつこく電話をしてくるんじゃないかという不安について。

 

エージェントは、本当に活用の意思があるのか、どういう状況なのか、何を希望するのかを確認するために電話をかけてくることがあります。

この電話を取りたくない気持ち、めちゃくちゃ分かります。

 

ただ、ここである程度の情報を与えておかないと、あとあとで困るのはみなさん自身。

なので、良い求人や企業を紹介して貰えるチャンスだと思って、とりあえず話してあげるのが良いかなと思います。

 

「チャンスをくれるかもしれない奴から電話きたな」くらいに思っておけば良いですね。

電話を飛ばして、そのまま面談のパターンもありますが、面談に関しても同じことが言えるのであまり気にしないでこなしていきましょう。

 

最後の不安がブラック企業ばかり紹介されるんじゃないかという不安。

 

正直にいいますと、ブラック企業を紹介する転職エージェントがいることは事実です。

高いインセンティブが欲しいからブラック企業だろうがドンドン人を入れるとか、応募者の希望条件が明確じゃないからとりあえず紹介するとかですね。

 

ただ、そうじゃないエージェントも勿論いますし、これ自体の対策はめちゃくちゃ簡単です。↓↓

  • 自分でも紹介された企業を調べる
  • 面接で判断する
  • 案件の母数が多い転職エージェントを活用する

 

もしくは、担当の変更を申し出るとかでも大丈夫です。

ちなみに、担当の変更を申し出たから扱いが酷くなるなんてことはないので、安心してくださいね。

 

【結論】軽い気持ちで登録してみるのが一番です

転職エージェントに登録するからといって、必ず転職がうまくいくとは限りません。解説した3つの不安があることも事実です。

でも、活用すれば自分に合う企業と出会えるかもしれないので、ここの可能性を大事にしてほしいんです。

 

転職活動は実力だけではなく、運も大切になってきます。転職する時期、タイミングによって出会える企業は少なからず違ってくるわけです。

だからこそ、多少のめんどくささや、不安があったとしても、自分の人生を良くしていくための可能性は捨てないでおくことがおススメなんです。

 

もし、転職エージェント経由で入社したい企業があれば、エージェントが味方になってくれるので、採用される可能性はかなり高くなります。

なので、気楽にまずは登録してみるのがいいかなと思いますね。

 

じゃあ、どの転職エージェントがいいの?って話になりますよね。

おすすめの転職エージェントについて解説した記事が下記になりますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

転職エージェントの損しない活用法を解説

転職エージェントの上手い活用の仕方を解説転職エージェントへの登録のハードルが下がったところで、転職エージェントの損しない活用方法について解説しています。

 

自分で行動していくことが大事

転職エージェントを活用していく中で、絶対にしないほうがいい活用の仕方がありまして、それは転職エージェントに頼りすぎてしまうことです。

理由がこちら。↓↓

  • 紹介先全てが良い企業とは限らないから
  • エージェントは1人に専念できないから
  • 失敗したときの気持ちの整理が面倒だから

 

転職エージェントに任せっきりというのは意外とやりがちなんですけど、転職エージェントからしたらこれってめちゃくちゃ楽なんですよね。

紹介できそうな案件をそこまで深く考えずに流せば良いんですから。

 

「応募者がなかなか出てこない企業に紹介しちゃえ!」なんて思う転職エージェントもいますし、忙しすぎて簡単に紹介できるところを提案してくるエージェントもいます。

だからこそ、しっかりエージェントと話し合っていくのが大切。

 

それプラスで自分で行動していくことが大切になってきます。具体的に意識してほしいことが下記の3つ。↓↓

  • 調べる
  • 考える
  • 行動する

 

めちゃくちゃ簡単そうに聞こえません?そう、これって別に大したことじゃないんですよ。

ずばり、転職エージェントの上手い活用方法は、この3つのアクションを自分でも行っていくことになります。

 

まとめ:エージェントはあくまでもツールの1つ

自分が同じ仕事をしているのにこんなことを言うのはおかしいですが、転職エージェントってそんなもんなんですよ。

期待しすぎるのは良くないけど、かといって活用しないのも勿体ない。

 

何も考えずに転職エージェントの言われた通りに全て動いてしまう人にとっては損する可能性があるけど、自分でも考えて行動できる人にとっては得の可能性がある。

応募したい企業が2つでも3つでも増えれば、それだけでかなり可能性は広がるし、お応募したいところが見つかれば採用される可能性もかなり上がる。

 

転職先が見つかる未来、入社したいと思える企業が見つかる未来、入社したいと思えた企業で働く未来。

転職エージェントを正しく活用することで、これらの未来を叶えられる可能性がかなり広がりますよというのが本記事のまとめです。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!