転職エージェントの悩み

転職エージェントの返事が遅いときの対処法【返事が早い方が珍しい】

転職エージェントの返事が遅いときの対処法【返事が早い方が珍しい】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

現役でエージェント業務をしながら、複業で転職ブログを運営しています。月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職の他に派遣のお仕事についても記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェント経由で企業に質問したんだけど返事が遅い。催促した方がいいの?

 

結論からいうと、転職エージェントからの返事は早い方が珍しいくらいに思っておいたほうが良いんです!

これって転職エージェントが仕事を怠けているとかじゃなくて、ちゃんとした理由があります。

 

その理由と対処法を本記事で解説していきますね。3分ほどあれば読み終わると思います!

エージェントからの返事が遅い原因は2つ

エージェントからの返事が遅い原因は2つ現役エージェントだからこそ分かる「エージェントからの返事が遅い原因2つ」を先にお話します。

下記の通り。↓↓

  • 忙しいのか、相手にされていないか
  • 企業との交渉で時間がかかっている

 

エージェントが忙しいか、相手にされていない

まず一番可能性が高いのがエージェントが忙しいというパターンですね。

エージェントって基本的に一人で50~100人くらいを対応していますし、繁忙期なんかだと毎日ぎっしり紹介で予定が埋まったりとかもあるので、準備を含めてかなり忙しいです。

 

なので、エージェントに送った連絡の内容にもよりますが、自分で調べて分かることは返信しないなんてこともあり得ます。

返事があったとしても1日1回くらいなので、聴きたいことは一気にメールで書いておくか、電話で直接聴くのが良いと思いますね!

 

そして、一番考えたくない可能性が「エージェントに相手にされていない」ということですね。

何でこうなるのかというと、応募者の転職条件(職歴スキルや希望条件)とエージェントが抱えている案件がマッチしていないのが原因です。

 

社会人経験がない方だったり、職歴が短いものばかりの方がキャリアアップ用の転職エージェントを利用しても、正直紹介して貰えない可能性の方が高いですからね。

ちゃんと目的と状況に合った転職エージェントを利用しないと成果は期待できないので、本当にここは要注意ですよ。

転職エージェントを目的別にまとめた記事はこちら

 

企業との交渉は時間がかかることが多い

転職エージェントを通じて企業に質問をしているときは、返事が来るまでに時間がかかる場合が多いです。

僕の経験から考えると、下記の理由が挙げられるかなと。↓↓

  • 担当者と中々連絡が繋がらない
  • 交渉に時間のかかる質問内容

 

まず、1~3日くらい連絡がこない場合であるあるなのが「エージェントが担当者と連絡が出来ていない」というパターンですね。

お互い忙しかったり、あまりメールを見ない採用担当者とかだと中々連絡がつかないなんてことはよくあります。

 

その他に、3~7日以上エージェントから連絡が返ってこない場合は、企業側の採用担当者と交渉事で時間がかかっている場合が考えられますね。

これってどんな質問をしたのかにもよりますが、たとえば下記のことだと時間がかかる可能性があります。↓↓

  • 給与額の交渉
  • 入社時期の調整
  • 面接に進むかどうかの確認

 

給与額に関しては、企業側の面接担当者だけでは決められないことが多いので、企業側で結論が出るまでに時間がかかることが多い。

入社時期に関しても、あまり遅すぎると「だったら他の応募者で良いんじゃない?」って企業側が考えたりするかもなので、これも時間がかかる場合があります。

 

それに加えて、次の選考に進むかどうかの確認も時間がかかりやすいですね。

上記3つの質問だとすると、返事までに5~10日くらいの時間がかかるので、あらかじめ「そんなもんなんだな」って思っておくと気が楽になるかなと思いますね。

 

結論:エージェントの反応は早い方が珍しい

一旦話をまとめると、エージェントからの返事が遅い原因は下記の2つ。↓↓

  • 忙しいのか、相手にされていないか
  • 企業との交渉で時間がかかっている

 

一番に考えるべきなのは、企業との交渉で時間がかかるような質問をしたのかどうかですね。

給与額の交渉やに入社時期の調整、必要な資格を免状して貰えるかどうかなど、こういった質問をした場合は5~10日くらいは時間がかかってもおかしくないですからね。

 

何よりも、エージェントからの返事が早いことの方が珍しいので、あまりすぐに返事が来ることは期待しないほうがいいかなと思いますね。

簡単な内容の質問であっても、1日に2回返事がくれば良いほう!

 

とはいえ、ただ待ってるだけは不安という方もいるかなと思うので、そういう方に向けて最後に対処法をお話して終わりたいと思います!

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

エージェントからの返事が遅いときの対処法2つ

エージェントからの返事が遅いときの対処法2つ対処法は下記の2つ。↓↓

  • 企業との交渉事の場合は待機第一
  • 望みが薄いなら他を併用すること

 

企業との交渉事の場合は待機しておくべき

エージェントと企業との交渉事が起きているときの連絡が遅い場合は、無難に待っておくのがいいです。

何回も言って申し訳ないですが、ここは時間がかかる部分ですからね。

 

催促の連絡はしても良いんですけど、あんまりしつこくしても印象が悪くなるだけなので、週1程度にするのがベターです。

ちなみに、聴き方は「ご状況はいかがでしょうか。お忙しいところ恐縮ですが、お教えいただけますと幸いです」みたいな文章でOK。

 

1週間くらいすれば何かしら連絡があると思うので、まずはそれを待つこと。

ただし、記事の初めの方で話したように、自分に合った転職エージェントを使っていない場合は、ただ待っているだけだと時間を無駄にする可能性が高いです。

 

なので、その場合は他の転職エージェントを併用しておくのがおすすめです。

 

他の転職エージェントを使うべき

転職エージェントの選び方は、「自分の職歴や転職の希望条件」と「転職エージェントの特徴」がマッチしていることが大切です。

ここがマッチしていないと、紹介先がありませんって言われるかもですからね。

 

たとえば、僕がおすすめしている下記の転職エージェントにはこんな特徴があります。↓↓

リクルートエージェント

→過去の職歴を活かしたキャリアアップが目的

就職Shop

→職歴に自信がない方、第二新卒に特化

マイナビエージェント

→第二新卒や20代に特化した転職エージェント

 

もし、まだ職歴でアピールできるものがなくて、これから未経験の職種へ転職したい場合、使うべきはリクルートエージェントよりも就職Shopやマイナビ。

マッチしている分、エージェントからのサポートも丁寧で充実していますし、紹介先の数もかなり違ってきますからね。

 

なので、いまの段階でマッチしていないエージェントを使っているんだったら、併用してマッチするほうを活用しておくのが良いかなと思いますね。

ちなみに、30代以降だったり、待遇条件を改善したい方はリクルートエージェントが合ってますね。

 

その他、20代の転職に自信がない方や第二新卒の方は同じリクルートが運営する就職Shopがおすすめですね。

どっちもデメリットや活用方法をまとめた記事がありますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:エージェントは併用しても良いです

転職エージェントって、所詮は不動産の仲介業者と同じなので、選択肢は1つじゃないですし、そこが嫌だったら他のを使えばOKです。

返事が遅い以外にも不満な点が多いなら、ササっと他の専念するか、併用して他のを使っておくのが一番リスク回避になりますからね。

 

転職活動は下手に行動ペースを落とすと、ドンドン面倒な気持ちか、もしくは不安な気持ちが出てくるんので、それだけは注意していきましょう!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

本記事でご紹介した記事

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら