自己分析の悩み

【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット

【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット

 

今のところ転職サイトを活用していて、自力で転職活動を行っているんだけど、これから転職エージェントを使おうか迷ってる。。。

転職エージェント活用のメリットとデメリットはどんなものなんだろう?

てんた
てんた
こんな悩みを解決します

 

本記事のテーマは[ 転職エージェントを活用するメリットとデメリット ]についてです。

 

最初は自力で転職活動をして、途中から転職エージェントに切り替える方は結構多いです。

転職活動の途中から転職エージェントを活用しようか考え始めた方は、おそらく何かしらの壁にぶつかっているのではないでしょうか。

転職エージェントはそれらの問題を解決するためにあります。

転職エージェントの評判をみると、悪いものに目が行きがちですが、良い評判も確実にあります。

転職エージェントを使うかどうかで迷われていた方、これから転職活動を行おうと考えている方は、本記事を最後までぜひ読んでみてくださいね。

 

本記事を読めば、

転職エージェントのメリットとデメリットを理解でき、エージェントの活用の仕方を身に付けることができます。

 

てんた
てんた
最後までどうぞお付き合いくださいね!

 

 

 

転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントを活用するメリット

 

転職エージェント活用のメリットは、こちらの3つです

  • 面接の段階に進みやすい(特に未経験への職種)
  • 精神的なサポート
  • 非公開求人に応募できる

 

 

面接の段階に進みやすい

 

転職エージェントを活用することで、エージェントの人脈から、面接までは辿り着きやすくしてくれることがあります。

特に、未経験の職種への転職を考えている方は、この恩恵を受けやすくなります。

実際に、IT未経験の方が転職エージェントの紹介のおかげで、3つの企業と面接をさせてもらったインタビュー記事がこちらです

IT未経験で転職したら苦労ばかりな話【IT未経験からの転職体験談】
IT未経験で転職したら苦労ばかりな話【IT未経験からの転職体験談】IT業界へ未経験で転職すると苦労が多い話をします。IT業界への転職を考えている方へおススメの記事となっていますので、最後までぜひ読んでみてください。...

 

転職エージェントが指名制でない限りは、自分を担当することになるエージェントの質次第にもなりますが、ほとんどの場合はエージェントを変更することができますので、安心してください。

 

 

精神的なサポート

 

転職の情報以外に精神的なサポートが受けられることも転職エージェントを活用するメリットの1つです。

基本的に、転職エージェントは企業の情報や転職のマナー、面接対策などの知識が豊富です。

それはもちろん、彼等がそれを仕事とし、その仕事が専門的なものだからですよね。

なので、自分が転職活動中に何かで迷った時に、そのような専門的で客観的な意見が欲しいと思う方は転職エージェントに登録しておくといいと思います。

 

 

非公開求人に応募できる

 

転職エージェントを活用することで、転職サイトからでは応募できない非公開求人に応募できます。

この非公開求人を目当てに転職エージェントを活用する方は多いです。

非公開求人がどのくらいあるかのかというと、全体の80%ほどになります。

つまり、転職サイトで公開されているのは全体の20%ほどしかないということですね。

なので、まずは転職サイトで企業パトロールをしてみて、それでも興味のある求人がなかった場合に転職エージェントを活用して、残り8割ほどの非公開求人にあたってみるのがおススメです。

 

 

 

転職エージェントの活用デメリット

転職エージェントの活用デメリット

 

ここでお話する転職エージェント活用のデメリットはこちらの3つです。

  • 転職者さんの個人的な要素が無視されることがある
  • 転職エージェントと電話をしたり、会いに行く時間が発生する
  • 転職活動が長引く可能性がある

 

 

転職者さんの個人的な要素が無視されることがある

 

まず、一番多く聞かれる転職エージェント活用のデメリットは、転職者さんの個人的な適正や希望は無視されることが多いということです。

自分がせっかく「○○をしたい!」という希望を持っていても、それを無視して社歴や学歴などで企業を紹介されてしまうケースが多いんです。

なんでそのような扱いを受けるのかというと、転職エージェントの報酬制度が関係しているんです。

転職エージェントは、転職者さんが転職した先での年収の額によって自分の報酬の金額も変化してきます。

なので、出来るだけ年収が高い企業に転職させたいと考えているエージェントがいるのは事実ですし、そのようなエージェントからしたら転職者さんが何をしたいかなんてどうでもいいと考えていてもおかしくはありませんね。

 

転職者さん
転職者さん
でも、そういうのって最近できた転職エージェント会社のお話で、大手は大丈夫でしょう?

 

って考えた方。

残念ながら、多くの転職サイトやブログで人気NO.1とされているd〇daさんにもこのようなケースはあります。

実際に、その方にインタビューした記事がこちらです

https://tenterview.com/bestfit/

 

※もちろん、全員が全員そのような方ではありません!転職エージェント会社によっては、転職者さんの意思を尊重するために、ノルマを設けないところもあります。

 

 

転職エージェントと電話をしたり、会いに行く時間が発生する

 

転職エージェントと電話をしたり、会いに行く時間が発生するのも転職エージェント活用のデメリットといえます。

転職エージェントとお話する方法は、メールや電話、転職エージェント会社での対話の3パターンとなっています。

転職エージェントに登録すれば、必ず1度や2度は転職エージェント会社にてのお話の場を求められることは覚悟しなければなりません。

もちろん、それだけのメリットもあるかと思いますが、全ては担当になる転職エージェント次第ですね。

普段の仕事で忙しい中でわざわざ向かわなければならないのは身体的な負担になる可能性がありますし、もし、あまりそれに気が進まない方は辞めておいた方がいいかなと思いますね。

 

 

転職活動が長引く可能性がある

 

転職エージェント活用のデメリットの中で、最も起きてほしくないのが転職活動が長引いてしまうことです。

明確に転職活動のビジョンが決まっていない方には、あまり時間をかけていられないような転職エージェントもいます。

そのような転職エージェントにとっては、その月の給料に影響してくるので、簡単かつ早めに転職が決まりそうな人を優先的にサポートしていきたいのが本音です。

なので、転職活動で本当に何も決まっていない・迷走している人が転職エージェントを活用すると、転職活動が長引いてしまう可能性がありますので要注意です。

 

 

 

おすすめの転職エージェント

 

ここまで転職エージェントのメリットとデメリットについてお話してきましたが、全てのエージェントに今回お話したケースが当てはまるわけではありません。

デメリットの印象が強いかもしれませんが、みなさんの力になってくれる転職エージェントも多くいますので、あまり不安になる必要はないですよ。

下に転職エージェントを活用するなら外せないエージェント会社についてまとめておきます

転職エージェントの活用で悩んでいる方は、こちらの2つの転職エージェントを活用してみてください。

1つ目の転職エージェントが、20代の転職に特化したマイナビ転職20’sです



 多くの企業の人事部とコネクションがあるため、価値のある情報を基に転職をサポートしてくれます。

こちらから簡単に登録マイナビジョブ20’sで相談

2つ目の転職エージェントが、圧倒的に求人数が多いリクナビNEXTです



 企業との交渉力の高さが特徴で、業界や職種ごとに特化された転職エージェントが多数います。

こちらから簡単に登録【リクルートエージェント】

 

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!