転職エージェントの悩み

転職エージェントからの紹介先が希望と違う【理由と対処法を解説】

転職エージェントからの紹介先が希望と違う【理由と対処法を解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントをせっかく活用しているのに、希望と違う案件を紹介される!何でそうなるのか、ここからどうしたらいいのかを知りたい!

 

応募者として転職活動中に同じ経験をしたことがありますし、正直、転職エージェントとして転職者さんに希望と違う案件を紹介した経験があります。

その2つの経験から「なぜ希望と違う案件を紹介してくるのか」と「希望と違う案件を紹介されたときの対処法」について解説していきます!

 

先に結論だけいうと、下記の通りです。↓↓

希望と違う職種を紹介される理由

  • 自分の実績を優先するエージェント
  • 希望に合う紹介先が単純にない

希望と違う職種を紹介されたときの対処法

  • なぜそこなのかをヒアリングする
  • 他のエージェントを活用する

 

4分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいねー!

 

なぜ希望と違う職種を紹介されるのか解説

なぜ希望と違う職種を紹介されるのか解説希望と違う職種を紹介されるときに考えられる理由は下記の2つですね。↓↓

  • 自分の実績を優先するエージェント
  • 希望に合う紹介先が単純にない

 

自分の実績を優先するエージェント

まず、世の中には転職者さんの希望を否定して、「ここじゃないと紹介できません、ここじゃないと受かりませんよ」っていう転職エージェントは存在します。

本当に残念ですし、心苦しいのですが、大手の転職エージェント会社であっても実在しているんですよ。

 

じゃあ、なんでそんなことをするのかというと、一番良くあるのが「今すぐに紹介できる案件があり、エージェントがそこを起点にして紹介を考えてしまっている」ということ。

要は、転職者さんの希望よりも、自分の実績になりやすいところを起点にして紹介をしているということですね!

 

まあ、最低最悪のエージェントたちですよね。転職者さんが考えたキャリアプランを一瞬にして切り捨て、自分都合を優先して紹介してくる。

もちろん、希望と違う案件を紹介されたから、全部がこのエージェントのタイプに当てはまるとは言えませんよ。

 

稀に応募者の適性と合っているけど、本人が希望しているものとは違うみたいなことがありますし、そのときは必ず転職エージェントから説明があると思います!

でも、その説明もなしに、ただ希望と違う案件を紹介してきたら要注意です。

 

希望に合う紹介先がただ単にない

希望と違う案件を紹介してきたときの理由として、もう1つ考えられるのが「そもそも、希望に合う紹介先を持っていないパターン」ですね。

正直、性格が最低最悪なエージェントだったパターンよりも、こっちの紹介先を持っていないパターンのほうが可能性としては高いです!

 

エージェントによってどのくらいの案件を持っているのか、どんな案件を持っているのか、どんな案件を強みとして持っているのかはそれぞれ違いますからね。

未経験者歓迎の求人を多く持っているところもあれば、経験者のみの求人を多く持っているところもありますし、営業職に絞ったエージェントもあります。

 

転職エージェント選びで重要なのは、自分が希望する条件に対して、どんな求人を持っているエージェントを選ぶかということ。

ここがマッチしていない限りは、せっかく勇気を出して転職エージェントを活用してみても、何も得られず、ただ精神的に疲れて終わってしまうなんてことが起こりやすいですからね。

 

希望と違う案件を紹介されたときは、ここのマッチングを見直してみるのが一番大切かなと思います!

 

エージェントもダメもとで紹介している

ちなみに、ちょっとした僕の経験談をお話しますと、個人的に転職者さんの希望と違う案件を紹介したことはあります。

理由は下記の通り。↓↓

  • 所持案件の中に見合うものがなかった
  • 転職者さんの希望がかなり高かった
  • ダメもとで紹介してみた

 

理由としてよくあったのが「所持案件の中に見合うものがなかった」ということと、「転職者さんの希望がかなり高かった」ということですね。

正直、その職歴や経験からだとそこまでの高待遇は難しいよっていうのはそこそこありました。

 

ただ、ここで注目してほしいのが「ダメもとで紹介している」パターンもあるということですね。

もちろん、他の2つの理由が前提としてある中で、それでも自社で紹介したいからダメもとで紹介してみたというのは意外とよくあるんですよ。

 

「希望と合わないけど意外と良い案件じゃん!」っていうのも稀にありますけど、ほとんどはその話を進めても損しかしないので、ダメならダメでちゃんと伝えたほうが良いかなと思います。

エージェントもダメもとで話してみたかもですからね!

 

希望と違う職種を紹介されたときの対処法2つ

希望と違う職種を紹介されたときの対処法2つここからは、下記の対処法2つをお話していきます。↓↓

  • エージェントに理由を聴く
  • 他のエージェントを活用する

 

エージェントに理由を聴く

まず、真っ先に試してほしいのがエージェントに理由を聴くということ!

というのも、どんな理由でそこを紹介したかなんて予想はできますけど、実際のところまでは分からないですからね。

 

ダメもとで希望と違う案件を紹介してきて、拒否してみたらその後に良い案件を紹介してくれたっていうパターンもそこそこあるんです。

「先にそっちを紹介してよ!」って感じですし、気持ちは良く分かるんですけど、切羽詰まっている若手のエージェントとかがやりがちなことなので、暖かい目で見てあげて欲しいですね。

 

もしも、聴いてみて、「あ、やっぱり紹介先がないんだな」って分かれば、気持ちもスッキリしますし、今回に限ってはそこのエージェントを使う必要がないんだと分かるだけでも意味のある時間なんじゃないかなと思います!

なので、まずは、どうしてそこの案件を紹介してきたのか理由を聴いてみましょう!

 

他のエージェントを活用する

そこの転職エージェントを活用するのが無意味だと分かれば、次に取るべき行動は「他の自分に合った転職エージェントを活用すること」になります。

「転職エージェントなんてどこでもおんなじようなもんでしょ」って思うのはまだまだ早いです!

 

先程もお伝えしたように、転職エージェントはそれぞれに特徴がありますし、それぞれにどんな案件に強いのかは異なってきます。

自分の条件に合ったエージェントを使えばかなり転職活動が有利になりやすいですが、合わないエージェントを使えば本当に成果は期待できない、それが転職エージェントを使うってことなわけなんです!

 

なので、「1社使ったから、2社使ったからもうダメだな」と考えるのではなく、「他のより自分に合うエージェントを使えば紹介先あるんじゃないの?!」って考えて欲しいんです!

自分に合うエージェントを3つ4つ使って何も成果が出来なかったら、そのときは転職サイトに専念するのもアリかなと。

 

それまではもう少し期待してエージェントを活用してみてほしいですし、その分の価値はあると思いますよ!

下記に目的ごとにおすすめの転職エージェントについて解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

もう直接目的別に合ったエージェントのデメリットとメリット、活用方法について知りたい方は下記2つの記事がおすすめです!

リクルートエージェント:これまでの経歴を活かしたい方向け

就職Shop:第二新卒・未経験職種に転職したい方向け

 

まとめ:希望と違うものを紹介された時はチャンス

すごい綺麗ごとかもしれませんが、上手くいかないときもしっかり思考力の伴った行動を続けていけば、意外と良いことってあるもんなんですよね。

合わないものは合わないですし、合うものは驚くほどに合います。

 

なので、希望と違う案件を紹介されて落ち込むときもあるかもですが、「いや、これはある意味チャンスで、ここまできたら行動し尽してやる!!」くらいに思っておくのが良いかなと思いますね!

転職活動中はひたすらポジティブに、そして行動を辞めないことがめちゃくちゃ大切ですよ!

 

本記事でご紹介した記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

リクルートエージェント:これまでの経歴を活かしたい方向け

就職Shop:第二新卒・未経験職種に転職したい方向け

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!