転職エージェント悩み

転職エージェントと面談したくないのは損です【面談の重要性を解説】

転職エージェントと面談したくないのは損です【面談の重要性を解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
転職エージェントとの面談って面倒でしたくないんだよな…。それでも、やっぱりしないとダメだよね…?

 

転職エージェントと面談したくない気持ちはよーく分かりますけど、転職エージェントとの面談ってめちゃくちゃ重要なんですよ。

この機会をどこまで利用できるかで転職活動の成否が変わってきますからね。

 

なので、結論を先にいうと、転職エージェントと面談したくないのはめちゃくちゃ損です。

じゃあ、具体的にどういう重要性があるのかってところを本記事で解説していきます!3分ほどで読み終わるかなと思います!

転職エージェントとの面談は絶対にすべき理由

転職エージェントとの面談は絶対にすべき理由転職エージェントとの面談は絶対にすべきでして、その理由は下記の通りです。↓↓

  • 案件を詳しく知るため
  • 案件を紹介してもらうため
  • エージェントを見極めるため

 

案件を詳しく知るため

応募したい案件があったり、気になる案件があるなら、それを知るいい機会となるのが面談の場です!

転職エージェントが案件の全てを知っているわけじゃないですけど、ネットで得られる情報以上のことは知れるはずですからね。

 

たとえば、下記のことを聴いてみると有益な時間になるかなと思います。↓↓

  • 具体的な仕事内容
  • 選考で重要視されるポイント
  • これまでの採用傾向

 

特に聴いておきたいのは「選考で重要視されるポイント」について。

こればっかりはネットでは得られない情報ですし、ここの情報をどのくらい持っているかで転職エージェントの有能さもチェックできるので、聴いておいて損なしですよ!

 

案件を紹介してもらうため

エージェントとの最初の面談って世間的には「エージェントに転職の条件や希望を伝えて、不安点や疑問点を相談しよう」って言われていますが、実際はそんな綺麗な話ではないんですよ。

もちろん、転職初心者向けのエージェントはそういう部分もありますけどね。

 

じゃあ、実際はどんな意味があるのかというと、「エージェントが応募者を見定める第一機会」としているところがかなり多いんです。

要は、面談次第でどのくらい案件を紹介してもらえるのかが変わってくるわけです!

 

分かりやすくいうと、エージェントが応募者を面接しているってことですね。

公式上では絶対に面接という言葉は使いませんが、実際のところは面談という言葉よりも面接のほうが意味が近いわけです。

 

エージェントに「この応募者には紹介できないな」と面談時点で思われてしまえば、その後は対応して貰えなくなったり、ブラック案件ばかり紹介されるばかり。

逆に、良い人材だとアピールすることができれば、良い案件を紹介して貰えることは間違いなしです!

 

面談をしないと、エージェントとしてはどんな応募者なのか分からないので、紹介の仕様がないわけで、だからこそ、エージェントとの面談は重要なんですよね。

良い案件を紹介してほしいなら、多少面倒でも面談はしておくのがおすすめです!

 

エージェントを見極めるため

案件の詳しい情報を聴けたり、案件を紹介してもらうための機会であったり、エージェントとの面談には色々な意味がありますが、個人的に一番大切だと思うのが「エージェントを見極める場」であることですね。

自分だけが見定められるのはおかしなことで、自分たちもエージェントを見極めないといけないわけです。

 

なんでエージェントを見極める必要があるのかというと、「最悪なエージェントに当たってしまうとエージェントを使う効果が全くなく、ただ時間の無駄になるから」です。

応募者が希望する転職条件をバカにしてくるエージェントもいますし、全く相手にしてくれないエージェントもいたりしますからね。

 

エージェントに頼って転職を成功させることも1つの良い方法ですし、そこは間違ってないですが、間違ったエージェントに頼っても時間を無駄にするだけなので、見極めようとする視点は絶対に必要です。

 

結論:面談しないのはめちゃくちゃ損です

一旦話をまとめますと、転職エージェントとの面談は面倒なんですけど、それでも面談しないのはめちゃくちゃ損です。

面談をしないと、案件の詳細を聴くチャンスを失ったり、エージェントからの評価を無にしてしまったり、間違ったエージェントを頼ってしまうかもですからね。

 

長くても1時間、通常は30分くらいで終わるもんなので、「自分の転職をより良くするために!」という気持ちで参加して貰えたら良いかなと思います!

ちょっとの努力の積み重ねが成功の近道ですからね!

 

「じゃあ、実際に面談をするにあたって、何を注意したらいいの?」ってところを最後にお話して終わりたいと思います。

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

面談で注意すべき点を解説

面談で注意すべき点を解説転職エージェントとの面談では下記のことを注意すると、さらに有益な時間になります!↓↓

  • 面接と同じ意識で参加すること
  • エージェントが不快なら無理しない
  • 案件を紹介されても即決しない

 

面接と同じ意識で参加すること

記事の前半でもお話したように、転職エージェントにとっては「最初の面談=応募者の面接」なので、応募者側も面接と同じ意識で参加することが大切です!

具体的に気を付けてほしいのが下記のこと。↓↓

  • 服装はスーツかオフィスカジュアル
  • 聴き方、話し方で素になりすぎない
  • 譲れない希望は妥協点と一緒に伝える
  • 本音を話しすぎない

 

服装は面倒かもですけど、スーツかオフィスカジュアルな服装で参加しましょう。

案内メールの中には服装自由とあるかもですが、それでも上記の様な服装で来てくれるかどうかを見ていることは多いので、要注意ですね。

 

また、面談中は転職エージェントがあえて「応募者を素にさせる」ような話し方をしてくるときがありますけど、あまりにも素になるのはダメですよ(笑)

転職エージェントにコントロールされるのではなく、転職エージェントをコントロールするくらいが丁度いいです!

 

そして、めちゃくちゃ重要になってくるのが「譲れない転職条件や希望は必ず伝えること」です。

ここで弱気になってしまうと、転職満足度は落ちる一方なので、転職出来たとしても早期再転職に繋がりやすいので要注意!

 

また、譲れない転職条件や希望を伝えるときは、必ず「妥協点も同時に伝えること」がめちゃくちゃ重要になってきます。

どこまで妥協できるのかも伝えないと、紹介して貰える案件数はかなり減ってきますし、おそらくどこかで妥協しないといけなくなるので、ここは注意してほしいですね。

 

転職エージェントに本音で話しすぎるのは良くないことについては、下記の記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

エージェントに本音で話すことについてまとめた記事はこちら

 

エージェントが不快なら無理しない

担当になったエージェントが不快だったり、信頼感ない人物だったら、無理せずに活用を辞めましょう。

他にも良い転職エージェントはいますし、最悪なエージェントから最高の結果は生まれないですからね。

 

本ブログでは何度もお話していますが、「自分の転職条件とエージェントの特性が合っていないと効果激減」なので、エージェントが合わないときは一度ここを振り返ってみると良いかなと思います!

転職経験者向けはリクルートエージェント、転職初心者向けは就職Shop(リクルート運営)などですね。

 

下記の記事でおすすめの転職エージェントについてまとめていますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

案件を紹介されても即決しない

もう1つ注意してほしいのが、「どんな案件を紹介されても即決しないこと」ですね。

ビジネスの場では話を持ち帰らないことが良い評価に繋がりますが、転職中の応募者はその真逆です。

 

時間を使って冷静に考えないと分からないことばかりですし、エージェントがその場で判断させるように仕向けることもあるので、しっかり家まで話を持ち帰ること。

1日、2日間くらい持ち帰っても基本的に大丈夫ですからね。

 

まとめ:エージェントは面談して判断しよう

転職エージェントを活用するなら面談しておいて損はないですし、逆にしないほうが損なので、ちょっとだけ努力してみてほしいです!

エージェントを活用すること自体は転職の可能性が広がること間違いなしなので、どんどんチャレンジしてみるのが良いかなと思いますね。

 

本記事でご紹介した記事

エージェントに本音で話すことについてまとめた記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!