転職エージェント悩み

【結論:希望なし】転職エージェントに無視されるときの対処法を解説

【結論:希望なし】転職エージェントに無視されるときの対処法を解説

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、サラリーマンとして正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
転職エージェントに連絡しても無視されてるんだけど、どうしたらいいの…?

 

結論からいうと、転職エージェントに無視されてるときはササっとそこの活用を辞めた方がいいです。

そこを活用していても希望はないですし、早く次の行動に移っておいた方が得ですからね。

 

とはいえ、「転職エージェントに無視されるって何なの?!」って疑問もあると思うのでその疑問を解決してから対処法についてお話していきたいと思います!

本記事は3分ほどで読み終わります!

エージェントに無視される意味を解説

エージェントに無視される意味を解説転職エージェントに無視される意味を解説する中で、お話したいのは下記の3つです。↓↓

  • エージェントのサポート意思の無さ
  • 単純に連絡を忘れている可能性もある
  • 催促してもほぼ無意味です

 

エージェントのサポート意思の無さ

まず、転職エージェントに無視される理由の中で一番に考えられるのが「エージェントにサポートする意思がない」ということですね。

「それが仕事じゃないの?」って思うかもですが、意外とよくある話なんですよ。

 

どうしてサポート意思がない状況が起きるのかというと、原因は主に下記の2つ。↓↓

  • 紹介できる案件がない
  • 紹介できる人材じゃないと思われた

 

まずは応募者の条件が難しかったりすることで起こる「紹介できる案件がない」というパターン。

手持ち案件の中に紹介できるところがないので、応募者に連絡しても無意味と思い、連絡をされても返していないという状況ですね。

 

会社として「紹介できる案件がない応募者に時間を割いても、お互いにとって不利益でしかない」と考えるところは多いんです。個人の判断よりも会社としての判断というのが多いかなと。

確かに、紹介できる案件がないのにずっと応募者を止めていても、それは迷惑になるだけですしね。

 

そして、もう1つ考えられるのが「転職エージェントから紹介できる人材じゃないと思われた」というパターン。

意外と知られていないことなんですけど、派遣と転職エージェントの場合、仕事の紹介をしてもらう前の面談の段階で「この人には紹介できないな」って思われてたら、そこで不採用になってしまうんです。

 

面談の態度が悪かったり、あまりにも身だしなみに清潔感がなかったりなど、面談だからといって油断すると全く紹介して貰えない可能性があるということですね!

不採用という言い方ではなく、「紹介先がない」とか「打診したけどダメでした」という理由でお断りされるので分かりにくいですが、こうならないように油断大敵です。

 

単純に連絡を忘れている可能性もある

転職エージェントから無視されている原因として考えられるもう1つのことが「エージェントが単純に連絡をし忘れている」ということですね。

エージェントによっては1人で何十人とかを担当することになるので、忙しい時期に重なってしまうと、たまにこういうことが起こったりします。

 

とはいえ、「単に連絡を忘れられている」というのは、やはりネガティブ要素満載なんですよね。

紹介に繋がりやすそうな応募者であるほど連絡をこまめにしますし、紹介に進むスピードも速くなっていきます。

 

実績に繋がりやすい重要度の高い応募者を忘れることはほぼないので、忘れられているということはそれだけ優先度が低いということ。

どのみち「連絡を忘れていました」とは言われずに、「連絡が遅くなり失礼しました」のような言葉を使われると思うので、期待せずにササっと切り替えたほうがいいかなと思いますね!

 

ちなみに、催促してもほぼ無意味です

ちなみにですが、転職エージェントに無視されているからといって催促してもほぼ無意味です。

というのも、いくつか案件を流して貰えるかもなんですけど、紹介してもらった案件がブラック企業ばかりだったり、企業に打診してダメでしたパターンがほとんどなんですよ。

 

なので、基本的に「転職エージェントに連絡しても返事がないな」という状況になったら、もうこの転職エージェントは無理なんだなと思ってもらってOKです。

転職活動はただでさえ時間との勝負であることが多いので、ここで無駄に時間を消費してしまうのはめちゃくちゃ勿体無いですからね!

 

結論:エージェントから無視されたら希望なし

一旦話をまとめますと、転職エージェントから無視されたら、もうそのエージェント会社には希望なしの状況です。

そこから連絡を催促して返事があったとしても、期待して損な案件の紹介しかないですし、そもそも重要度の高い応募者には無視なんてことしないですからね。

 

とはいえ、「転職エージェントに無視された自分はもう絶望的なんだな」とか「転職エージェントに無視されたくらいの自分は無価値なんだ」ということではないので、悲観的になる必要は全くないですよ!

対処法はありますので、転職活動の希望まで失うことはないです!

 

最後にその対処法についてお話していきますので、もう少しだけお付き合いくださいね!

 

エージェントに無視されるときの対処法

エージェントに無視されるときの対処法対処法はいたってシンプルでして、下記の通り。↓↓

  • 他エージェントを活用する
  • 自力で転職活動を行う

 

他エージェントを活用する

エージェント活用のメリットを活かしたい方は、引き続き他のエージェントを活用することがおすすめですね!

ちなみに、エージェント活用のメリットというのは主に下記の要素。↓↓

  • 未経験職種への転職が進展しやすい
  • 年収や入職時期の交渉を頼める
  • 面接対策や履歴書の修正
  • 書類選考不要(※就職Shop)

 

もちろん、自力で転職活動を成功させることもできますよ。

でも、転職エージェントの力を借りることで転職しやすくなったり、自分ではしにくい交渉事をしてもらえて待遇条件が上がったりというのがあるのも事実ですからね!

 

自分にとってメリットがあるならドンドン使うべきですし、転職の可能性を広げるという意味なら使っておいて損はないです。

あとは自分の転職条件とか目的に合ったエージェントを活用することが大切ですからね!

 

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事がありますので、良かったら参考にしてみてくださいな。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

自力で転職活動を行う

「もう転職エージェントは使いきったし自力で頑張ろうかな」って思う方もいますよね。

もし、自力で転職活動を成功させようと思うなら、下記を実行すると成功しやすくなるかなと思うのでおすすめです!↓↓

  • 転職サイトは常に2つ以上徘徊する
  • ひたすら自己分析をする
  • 自分の発言を常に客観的に考える

 

まず、転職サイトは必ず2つ以上徘徊すること。

1つの転職サイトだけだと見逃してしまう求人もあったりしますし、複数徘徊することで常に求人を掲載しているブラック企業を見抜けたりしますからね。

 

そして、求人に応募するにしても、面接を乗り越えるにしても重要になってくるのが「ひたすら自己分析をすること」です!

転職って要は「自分という商品をどうアピールするか」なので、そもそも自分を知っていないとアピールの仕様がないんですよね。

 

なので、「ひたすら自己分析」というのは、転職する上での全ての要素に役立つことなので、絶対にしておくのがおすすめです!

加えて、自分から相手に与える情報は全て客観性という窓から見てみること。

 

客観的に考えると「あれ、自分本位のことしか言ってないよね?相手が求める人物像ではないよね?」って気づけるのでめちゃくちゃ大事ですよ!

大事なのはあくまでも「相手が欲しい人材であるか」であって、「自分らしさ」が主軸ではないですからね。

 

まとめ:無視されても転職に支障なし

転職エージェントに無視されて悲しい気持ちになるかもですが、この状況を悲観する必要は全くないですし、他にもエージェントはありますのでササっと次の行動に移りましょう!

転職活動中にどんなことが起こっても、最後に自分が納得する企業に転職できていたら、それこそが「転職の成功」ですからね!

 

関連のおすすめ記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

エージェントが面談してくれないときに役立つ記事がこちら

未経験歓迎求人の意味と勝ち取り方を解説した記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!