転職エージェント悩み

【結論:転職力次第】転職エージェントを利用しないと不利なのか解説

【結論:転職力次第】転職エージェントを利用しないと不利なのか解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さてさて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
転職エージェントを活用しないと転職活動では不利になるの…

 

結論からいうと、あなたの転職力次第によってはエージェントを利用しないと不利になります。

転職力というのは主にあなたの職歴、経験、面接力の3つでして、この3要素が弱い場合は転職エージェントを活用しないと不利になるというか、苦労しやすいですよってお話ですね。

 

ここの理由をもう少し深堀りして、その上での対策についてお話していきます!3分ほどで読み終わるかなと思います。

転職力が低いと転職は絶対に苦労する

転職力が低いと転職は絶対に苦労する「そんなこと分かってるよ!」って声があがるかもですが、転職力が低いと転職は絶対に苦労します。

そんなときに役立つのがエージェントなんですけど、じゃあ具体的にどんな状況で苦しんで、どんな状況で役立つのかというのが下記の2つ。↓↓

  • 書類選考で落ちやすい
  • 有益な面接対策を知れない

 

書類選考で落ちやすい

まず、転職力のうちの2つの要素(職歴・経験)が弱い場合、一番最初に苦労するのが「書類選考」ですね。

僕も過去に新卒入社から1ヶ月で転職を経験しているので、職歴と経験でアピールできない難しさはめちゃくちゃよく分かります!

 

社会人歴が3年以上あればそれだけで書類選考は通りやすくなりますし、営業経験が1年でもあればそれだけで応募できる職種の幅は広がりますよね。

じゃあ、職歴と経験で高評価を得られる要素が自分にはないとしたらどうなるのかというと、「将来性を評価しやすいベンチャー企業」にいくか、「書類選考なしの企業含めてひたすら応募する」とかっていう選択肢になってきます。

 

なんですけど、その2択ってどちらも良くないんですよね。(笑)

もちろん、ベンチャー企業が合っている人もいますけど、基本的に会社の基盤はガタガタですし、福利厚生などが整っていないところが多いので、世間とのギャップを感じやすい方は向いてないです。

 

書類選考なしのところ含めてひたすら応募するというのも良いんですけど、「どっかに受かればもういいや思考」になりやすくて、こうなると不満足な転職を繰り返すことになって、気付けばどうしようもない職歴が出来上がっちゃっていることがよくあるんですよ。

じゃあ、「焦らずに慎重に転職活動をしていく」という選択肢をすると、かなり良い転職スタイルではあるんですけど、時間がかかり過ぎるあまりに、小遣い稼ぎをしていたアルバイトにずっぽりってことになりやすいんですよね。

 

そこで、選択肢として登場してくるのが転職エージェントなんですよ。

書類選考なしで進めてくれるエージェントもありますし、エージェントが内容を修正してくれたり、エージェントのコネで面接まで行かせてくれるなんてこともよくあります。

 

「エージェントを活用したからこそ開けたチャンス!」なんてことがよくあるので、ここの可能性を捨てちゃうのは不利というより、損ですよね。

 

有益な面接対策を知れない

転職力の3要素(職歴・経験・面接力)が低いと、面接まで進めたとしても中々自分をうまくアピールできなくて苦労するんですよね。

僕も新卒から転職するとき、はじめのうちはどうしたらいいか分からず、思い出すだけで恥ずかしいような面接をしちゃってました。(笑)

 

ただ、僕は有難いことにそういう場で話すことはめちゃくちゃ得意なので、3回くらい面接したらコツを掴めまして、そこからは4社受けて3社から内定貰えた過去があるんです。

当たり前なんですけど、面接って面接力がめちゃくちゃ重要じゃないですか。内訳すると「話す力・聴く力・空気を読む力・即断力・意外性」などなどですね。

 

これらの面接力があれば多少の職歴と経験は挽回できるんですよ。

でも、上記の面接力の要素って、たった1日2日とかでは身に付かないことがほとんどなんですよね。

 

だからこそ、即効果が出る面接対策が必要になってきまして、自力でやるとしたら、求人から求められている人材像を汲み上げたり、応募先企業のHPを見て同じように汲み上げたりですね。

なんですけど、ここで「応募先企業がいままでどんな人材を評価してきて、今回どんな人材を求めているのかという声を直接聴けたら楽なのに…」って思いません?

 

自分で情報を汲み上げて予想するよりも、直接相手から答えを知れたほうが良い面接対策ですよね。

それができるのが転職エージェント活用の強みなんですよ!

 

結論:転職力次第でエージェントは活用しないと損です

一旦話をまとめますと、転職力次第でエージェントは活用しないと損です!

ただ、条件があるのは事実でして、たとえば、そもそも転職エージェントが紹介してくれる企業の中に応募したいと思える企業があるのかとかですね。

 

でも、ここさえクリアしてしまえば、あとはエージェントを活用していて損なしなので、ひたすらエージェントを自分の転職がより良くなるように利用してやれば良いんですよ!

使えるものは使っておけば良いんですから!

 

とはいえ、それでも転職エージェントを使うか迷うし、そもそも自分の転職力が分からないよって方に向けて、最後にこれからの方向性と対策をお話していきます。

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

これからの方向性と対策を解説

これからの方向性と対策を解説転職力に自信がなさそうな方、自信があるかもという方の2パターンに分けてお話しますので、あなたっぽい方を読んでみてください!

  • 転職力に自信がある
  • 転職力に自信がない

 

転職力に自信がある:自力で問題なし

まず、転職力に自信があるという方はそのまま自力で転職活動を続けてもOKです。「転職力に自信がある根拠」を明確にすると、たとえば下記の通りですね。↓↓

  • 社会人歴が3年以上ある
  • 何らかの職種経験が1年以上ある
  • 直近で1年以上同じ会社にて勤務
  • 転職後に活かせる経験の証明(実績)

 

社会人歴3年以上を条件にしている企業は多いですし、転職後に活かせる経験の証明として何か実績があればそれもかなりの好材料です!

このくらいの条件が整っているのであれば、自力で転職活動をしていても遅かれ早かれうまくいくので、ササっと行動していきましょう。

 

ちなみに、面接力に関する自信の例は下記の通りですね。

  • 求人から情報を汲み取れている
  • 客観的にも納得できる面接対策がある
  • 面接中に気まずい空気にならない

 

「なんとなくいけそうな気がする」とか「その場のノリと勢いでいけるっしょ」っていうのは転職では通用しませんので、上記3つくらいは出来ていると自信の根拠になりますね。

とはいえです。

 

あくまでも「そのまま自力で進めてOK」なのであって、より良い転職のために可能性を少しでも広げたいのであれば、転職エージェントは活用しておいたほうが良いですよ。

 

転職力に自信がない:他力を利用すべき

そして、上記の転職力に自信がある要素を見てみて、「あー、自分は自信がないほうなのかも…」って思った方は遠慮せずに他力を利用するべきですね!

転職活動は時間との闘いでもありますし、あまり長引いてしまうと精神的にもキツくなっていくので、できるだけ早めに対策はしたほうが良いです。

 

でも、いきなり転職エージェントじゃなくてもいいんですよ。

転職経験のある友達に相談してみるとか、僕みたいな転職経験のある個人ブロガーに相談してみるとかですね。

 

もちろん、一番転職に繋がるのは転職エージェントなので、はじめから活用しても問題ないですし、活用してみて微妙だったら無理する必要もないですから!

チャレンジ感覚で活用してみるのをおすすめします!

 

とはいえ、転職エージェントのデメリットについては本記事でお話していないので、ぜひ下記の記事を参考にしてもらえたらと思います!

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:転職力がないならエージェント活用がおすすめ

転職エージェントを使わないと絶対に不利になるとかはありませんけど、書類選考や面接時の対策の中で、エージェントを使わないことで損することはあります。

転職エージェントを使わないでも転職を成功させられるのも事実ですけど、「エージェントを使わないで転職できたから凄い!」とかはないですからね。

 

何よりも大事なのは「転職を成功させられるかどうか」であって、そのための手段は人それぞれです!

自分に合ったやり方で転職を成功させてやりましょう!

 

関連のおすすめ記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

未経験職種への転職を成功させる方法を解説した記事はこちら

仕事ができない理由で転職する方向けの記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!