転職エージェントの悩み

転職エージェントを使っても書類選考で落ちることはある【現役解説】

転職エージェントを使っても書類選考で落ちることはある【現役解説】

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

転職経験と本業のエージェント業務経験を活かしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントを活用したのに書類選考で落ちた…。落ちることってあるもんなの?

 

結論からいうと、転職エージェントを活用していたとしても書類選考で落ちることはあります。

ですが、転職エージェントを活用することで書類選考が通りやすくなったり、採用されやすいというのは事実です。

 

じゃあ、どうして書類選考で落ちてしまうことがあるのか。ここを解説していきます。4分くらいあれば読み終わると思います!

エージェントを活用しても書類選考で落ちることはある

エージェントを活用しても書類選考で落ちることはある残念ながら、エージェントを活用しても書類選考で落ちてしまうことはありまして、その原因が下記の3つです。↓↓

  • 自分よりも高評価の応募者が多い
  • 企業側が募集をストップしたから
  • 求人に載せられない条件にかかった

 

自分よりも高評価の応募者が多い

基本的に1つの求人に対して何十人という人が応募しています。

本当に人気の求人だと何百人という人が応募しているので、書類選考の段階からかなりの激戦になることも考えられるわけです。

 

実際に、僕が転職活動をしていたとき、某転職エージェント企業に応募しましたが、150人くらいの応募があったと言ってましたね。(嘘かもしれませんが…笑)

他に、派遣の求人なんかでも多い時は20~30人くらい応募者が集まることがあります。(↑これは僕の企業側としての体験談ですね)

 

なので、それだけいれば、書類選考の段階である程度人数を絞らなければならないですし、もしも自分より職歴・スキルも持っている人が多ければ、この段階で落ちてしまうこともあり得るわけですね。

 

未経験歓迎の求人であったとしても、どうしても経験がある方や資格がある方は優遇されやすいので、どんな人が集まるのかというのは正直なところ運次第。

転職エージェントも他社がどれだけ人を紹介しているとか、どのくらいの人数と競合することになるのかは事前に分からないので、ここは仕方ない部分ですね。

未経験歓迎求人のリアルな意味と勝ち取り方を解説した記事はこちらから

 

企業側が募集をストップしたから

2つ目の理由が「企業側が募集をストップしたから」ということ。

つまり、応募する時期が遅かったか、もしくは企業側が早々に採用を決めて採用・募集をストップしたかということですね。

 

企業側がどれだけの人材を採用する予定なのか、それに加えて応募者数の状況次第でも変わってきますが、基本的に掲載終了の2週間前くらいになるともう既に残りの席は少なくなっている可能性が高いです。

 

なので、一度転職すると決めたなら、できるだけ早めに転職エージェントを活用して情報収集をしたほうが良いですし、応募も早い段階からしたほうが良いと思いますよ。

慎重に考えることも大事ですが、転職はタイミングがめちゃくちゃ重要なので、遅いよりかは早めのほうが優位に進められるかなと。

 

ちなみに、また未経験者の話をすると、経験や資格がない場合は書類選考に進んでも、最終面接に進んだとしても、掲載終了のギリギリまで採用決定を延ばされることはよくあるので要注意ですね。

 

求人に載せられない募集条件に引っかかったから

求人には載せられない募集条件に引っかかったから書類選考に落ちたっていうパターンは意外とよくあります。

たとえば、下記のことは求人には記載しづらい・できないことですね。↓↓

  • 実は人件費的に女性のみ採用予定
  • 25歳~29歳までの人のみ採用予定
  • 高学歴じゃない人のみ採用予定

 

嘘だと思うかもですが、上記のこと全て、実際に僕が転職活動者として、エージェントとして経験したものなんです。

どれもこれも求人に書いてしまうと「差別だ!」って反応をされる可能性があるので、求人には幅広く書いておいて、実は幅狭くしか採用予定じゃないなんてことはよくあるんですよ。

 

この情報を転職エージェントがヒアリングできていれば事前に分かりますが、ヒアリング能力がないエージェントだともうどうしようもないですね。

もしくは、ダメもとで進ませた可能性もありますが、こういう可能性もあるんだなって頭の隅に置いておくと、少しは納得して気が楽になるかなと思いますよ。

 

結論:書類選考で落ちてしまうのは仕方がない

単純に他者のほうが評価されていたり、企業が募集を止めていたり、求人には載せられない募集条件に引っかかったりしていれば、転職エージェントを活用していたとしても書類選考で落ちることは充分にあり得ます。

 

冒頭でもお話しましたが、転職エージェントを使ったからと言って「絶対に」という保証はないので、書類選考で落ちたら正直納得して次に進むしかないです。

それでも書類選考さえ通ってしまえば、あとは企業ごとの面接対策を教えてくれるので、そこからの採用される可能性はかなり高まります!

 

なので、使うこと自体は間違ってないですし、転職の可能性が広がることも間違いないので、引き続きチャレンジしていくのが良いかなと思いますね。

 

ちなみに、書類選考がいらない転職エージェントもありまして、20代限定の転職エージェントではありますが、その条件に当てはまるなら活用してみる価値はあるのでおすすめですよ。

リクルートが運営しているので求人数も多いですし、エージェントもサポート意識が高いので安心して使えます。

リクルートが運営する「就職Shop」についてまとめた記事はこちら

 

書類選考に落ちにくくする対策2つ

エージェントを使って書類選考に落ちにくくする対策2つ「せっかく勇気を出して転職エージェントを使うんだから、少しでも書類選考で落ちる可能性は低くしたい!」という方に向けて、対策を2つお話して終わりたいと思います。

対策は下記の通りですね。↓↓

  • 個人サポートを受けられるのを選ぶ
  • 自分の条件に合うエージェントを選ぶ

 

個人サポートをしてくれるエージェントを活用すること

転職エージェントにも色々と種類がありまして、最初から担当がつくところもあれば、求人に応募してから担当がつくところもあります。

おすすめは圧倒的に「最初から担当がつくところ」です。

 

なぜかというと、どの求人を選んで応募するのかっていう作業自体が、転職エージェントを活用する上で一番重要なものだから。

ここを飛ばしてからサポートされても半分損しているようなもんなんですよ。

 

どんな企業に応募するのか、どんな企業だったら受かりそうなのか、その職種だったらどのくらいの待遇になりそうなのか等々。

ヒアリングをしてもらうと、後から知るには勿体ない情報がめちゃくちゃあるので、ここをしっかり受けてから書類選考に備えた方が絶対に良いんです!

 

なので、転職エージェントを選ぶときは、登録後に必ずヒアリングを第一にしてくれるところを選ぶのがおすすめですね。

 

自分の条件にあったエージェントを活用すること

自分の条件に合ってないエージェントを活用しても、成果はあまり期待できないのが正直なところです。

自分の条件に合っているかどうかというのは、たとえば下記のこと。↓↓

  • 職歴を活かしてキャリアアップしたい
  • 同職種で業界を変えて年収を上げたい
  • 未経験の職種にチャレンジしたい

 

たとえば、上2つに関しては、これまでの職歴を活かした転職活動だったり、年収を上げることが目的の転職活動なので、それに強い転職エージェントを活用しないと効果はほぼないです。

たとえば、リクルートエージェントは正に「これまでの職歴を活かした転職」に向いているエージェントなので、活用してみる価値はあります。

 

逆に、同じ転職活動の目的にも関わらず、就職Shopみたいな「未経験の職種にチャレンジしたい方向けの転職エージェント」を活用していたら成果は本当に期待できません。

目的によって使うべき転職エージェントは異なりますし、適したエージェントを使うことが一番の成功の近道です。

 

くれぐれも「有名だから」とか「とりあえずお試しだから」っていう理由でめんどくさがらないで選ばないようにお願いします!

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

リクルートが運営する「就職Shop」についてまとめた記事はこちら

 

まとめ:書類選考で落ちても気にしないのが一番です

これはあくまでも転職経験者としての意見ですが、書類選考で落ちたとしても、あまり気にしないでドンドン行動していくのが一番かなと思いますね。

転職って実力も大事ですが、どうしても運やタイミング次第になってしまうときもあるので、一喜一憂していると精神的にもたなくなりますから。

 

転職エージェントを使っているだけ凄い行動力だなと思いますよ!

正直、何回書類選考に落ちても、何回最終面接に進んだとしても、結局自分が納得したところに転職出来ればそれが成功です。

 

10社応募して全部書類選考が通過したからといっても、それは本質的に成功とは言えませんし、自慢にもなりませんからね。

なので、気を楽にして、引き続き行動していきましょう!

 

ただし、転職エージェントは自分の条件に合ったものを使わないと時間の無駄になるかもなので、そこは要注意ですよ!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

本記事でご紹介した記事

未経験歓迎求人のリアルな意味と勝ち取り方を解説した記事はこちらから

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

リクルートが運営する「就職Shop」についてまとめた記事はこちら