転職エージェント悩み

【即決禁止】転職エージェントから派遣ばかり紹介されたときの対処法

【即決禁止】転職エージェントから派遣ばかり紹介されたときの対処法

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

簡単な自己紹介をしますと、サラリーマンとして正社員や派遣のエージェント業務を毎日しながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
転職エージェントから派遣案件の紹介を受けたんだけど、こういうことってあるもんなの…?話は聴いておくべき…?

 

結論からいうと、転職エージェントから派遣の紹介を受けるのはおすすめしません。理由は、転職エージェントと派遣営業では専門性が少し異なるからですね。

アドバイスを受けるにしろ就業先を決めるにしろ、派遣で就業するならしっかり派遣営業と面談してから決めるべきなんです。

 

じゃあ、そもそも何で派遣案件の紹介をしてくるのか、正社員は諦めるべきなのかっていうところを本記事にて5分で深堀りしていきます!

完全無料&個人情報不要で派遣に関するお悩み相談受付中!

面接、顔合わせ、在職中、退職、どんな悩みでもOK!悩みをササッと解決していきましょう! 詳しくは下記のページを参考に!

派遣のお悩み解決ページ【完全無料&個人情報不要】

エージェントからの派遣紹介は受けないほうが良き

エージェントからの派遣紹介は受けないほうが良き転職エージェントから派遣案件の紹介は受けないほうが良いわけでして、その理由は下記の通りです。↓↓

  • 派遣なら派遣担当に話を聴くべき
  • 転職の動機から逸れる可能性が高い
  • 適当に紹介している可能性がある

 

派遣なら派遣担当に話を聴くべき

派遣会社の案件に応募して、派遣営業と面談して、それで派遣で働くと決めるなら問題ありません。でも、転職エージェントからの話だけで派遣で働くと決めるのはかなり危険なんです。

なぜかというと、転職エージェントからの話だけで決めてしまうと、「え、聴いていた話と違うじゃん!」とか「もう断れなそう、どうしよう」って思う可能性が非常に高いからですね。

 

なんで上記のようなことを思うのかというと、「転職エージェントと派遣営業は専門性が少し異なって、その差が応募者に誤解を与えやすい」から。

派遣営業経験と転職エージェント経験の両方ある僕だから言えることですね!

 

要は、転職エージェントは人を紹介したら終わりなのに対して、派遣営業は就業開始後もサポートしていくわけで、ここの違いが意外と大きかったりするんですよ。

サポートの仕方が違えば、派遣法というルールも派遣にはありますので、ただの転職エージェントは知らないであろう苦労がたくさんあるわけです。

 

なので、派遣で働きたいなら派遣会社の派遣営業に直接話を聴いて決めるべきです!

マイナビワークスみたいに、グループ内で転職エージェント事業と派遣事業が両方存在していることもありますけど、だからといって安心せずに、必ず専門の派遣会社側に面談をしてもらうこと!

 

転職の動機から逸れる可能性が高い

転職エージェントからの派遣案件の紹介を受けない方が良いといえる理由の中で、一番大切なのが「転職動機から逸れる可能性が高い」ということ。

個人的にこの可能性については時間をかけてでも考えてほしいポイントですね。

 

というのも、転職エージェントを利用するにあたって、派遣での働き方を想像していた人ってめちゃくちゃ少ないと思うんですよ。

無期雇用と有期雇用、ボーナスの有無、雇用の安定性など色々な違いがありますしね。

 

きっと、元々考えていた転職の条件とか理想とかがあるはずで、それに対して派遣での働き方ってかなり方向性が変わってくるかなと。

方向性が異なるのに無理して転職をしてしまうと、高確率で早期再転職をするはめになりますし、最悪の場合うつ病などの精神的ダメージを受けてしまうことも考えられます。

 

だからこそ、転職動機から逸れてしまうことには注意してほしいんです!

転職活動が上手くいかないから藁をもすがる思いで派遣の紹介を受けたけど、結局3ヵ月後には再度転職活動をしているっていう人を僕は多く見ていますからね。

 

適当に紹介している可能性がある

おまけ程度の話ですが、転職エージェントが「この応募者を正社員で紹介できるところはないから、派遣事業部に投げようかな」って思っている可能性もあるんですよ。

転職エージェントとか派遣会社って、1人の応募者を逃がさないために、営業同士で何とか紹介先がないかって話し合ったり、情報を共有することって結構あるんです。

 

なので、自分たちの案件には当てはまらないからと適当に派遣案件を紹介しているかもしれませんってことですね。

特に見分けるコツとかはありませんけど、派遣案件を紹介してくる根拠を聴いてみると分かるかなっていうのと、あとは自分で考えることが大切ですよねって感じですね!

 

結論:エージェントからの派遣紹介は非推奨です

一旦話をまとめますと、エージェントからの派遣紹介は受けない方がいいかなというのが結論ですね。

とはいえ、派遣で働くこと自体は悪いことじゃないです。ただ、転職エージェントを起点にして派遣への転職を決めてしまうのは危険ですよってことですね!

 

そもそも派遣をするつもりじゃない方がほとんどだと思うので、その場合は他の転職エージェントを活用してみるのがいいですね。

転職エージェントに良い案件を紹介してもらうには、あなたの転職目的と転職エージェントの特徴がマッチしていることがめちゃくちゃ重要です!

 

転職未経験者ならマイナビ20’sやアーシャルデザイン、キャリアアップ色を強めたいならリクルートエージェントなどですね。目的と特徴がミスマッチだと、また派遣の案件を紹介されたり、何も紹介してくれないなんてこともあり得ます!

損しないように、しっかりエージェントを選んでいきましょう!

参考記事:おすすめの転職エージェント4社についてまとめ

 

とはいえ、「意外と派遣の仕事もいいかも」って感じている方もいますよね。そんな方に向けて、派遣の紹介を受けた時の対処法を最後に解説していきます!

 

派遣の紹介を受けたときの対処法

派遣の紹介を受けたときの対処法対処法は下記の通りです。↓↓

  • 必ず話を持ち帰る
  • 他社含めて派遣営業に相談する

 

必ず話を持ち帰る

正直、転職においてどんな形で雇用されるのかというのはあまり問題じゃありません。

本当に優秀なら雇用形態に関わらず評価されますし、契約社員からでもいずれ正社員までいけますしね。

 

大切なのは、みなさんが希望する転職の条件に叶うのかどうかということ。

そして、これを叶えるためには考える時間というのは必ず必要になってくるので、たとえいい話かもと感じたとしても、派遣ばかり紹介されたときは必ず話を持ち帰りましょう!

 

上手くいっていないときほど悪い話でも良い話に聞こえてしまうものなので、冷静に考えることが本当に大切ですよ。

1日、2日持ち帰ったからって募集することはそんなにないですし、正社員希望だった方は特に時間を置いたほうがいいです!

 

派遣でもいいならしっかり派遣営業と面談する

紹介を受けた転職エージェント含めて、派遣で就業を目指すなら他の派遣会社も検討しておくのがおすすめです!なぜかというと、派遣会社ってめちゃくちゃブラックなところが多くて、それに捕まると本当に面倒なんですよ。

面接のときに聴いた仕事内容と全然違うとか、交通費を出して貰えないとか、本当に即日から勤務開始を求められるとかですね。

 

こういうところは辞めたいと思っても中々辞めさせてくれないですし、話すらまともに聞いてくれないとかあるあるですよ。

こんなところに捕まったら損でしかないので、最初から避けるのがベストです。下記の記事でおすすめの派遣会社についてまとめてあるので、良かったら参考にしてみてください!

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

まとめ:即決したら損しやすいのが転職です

今回の話に限らずですが、転職活動においては転職先を即決したら損しやすい傾向にあります。

しっかり時間をかけて考えれば気付けるはずなのに、即決することで気づかないといけないところを見落としてしまう。

 

転職エージェントに相談して、正社員だろうが契約社員だろうが派遣だろうが、しっかり考えて決断すること。

いまの転職エージェントだけが選択肢でもないので、幅広く行動して後悔内容にするのが良いかなと思いますね!

 

完全無料&個人情報不要で派遣に関するお悩み相談受付中!

面接、顔合わせ、在職中、退職、どんな悩みでもOK!悩みをササッと解決していきましょう! 詳しくは下記のページを参考に!

派遣のお悩み解決ページ【完全無料&個人情報不要】

 

関連のおすすめ記事

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!