転職エージェント悩み

転職エージェントに添削だけして貰うのは可能【多少の嘘が必要です】

転職エージェントに添削だけして貰うのは可能【多少の嘘が必要です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介しますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントに履歴書の添削だけしてもらうことって出来るの?

 

結論からいうと、転職エージェントに添削だけしてもらうことは可能です!

就職活動時に使用していたものと比べて、内容にあまり変化が見られない方は必ず修正するようにしましょう。書類選考で落とされることはよくありますからね。油断大敵です!

 

とはいえ、履歴書等を添削してくれるのは転職エージェントだけではないので、自分の目的に合った方法で修正することが重要です!

本記事にて5分で解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね!

エージェントに添削だけしてもらうことは可能

エージェントに添削だけしてもらうのは可能です転職エージェントに添削だけしてもらうのは可能です。なんですけど、そもそも本当に効果があるのか、注意点はあるのかについて最初に解説します。結論は下記の通りです。↓↓

【効果】企業人事が求めていることを理解している

【注意】紹介を受ける気がないのは印象良くない

 

【効果】企業人事が求めていることを理解している

なんで転職エージェントに添削してもらったほうがいいのかというと、「転職エージェントは企業人事が何をどう評価するのかを理解しており、相手に評価して貰いやすい添削ができるから」です。

特にエージェントから紹介して貰った企業に応募する場合は、一般応募よりもかなり有利になってきます!

 

ただ、今回の場合は添削だけしてもらいたいわけですよね。でも、「紹介して貰った企業に応募しないから効果がない」というわけではないのでご安心ください!

全く同じものを使うかは置いといて、それでもめちゃくちゃ参考になる添削をしてもらえます!

 

というのも、あらかじめ面談の際にどんな業界に行きたいのか、経験を活かす転職をするのか、未経験職種に応募したいのかなど、エージェントから色々ヒアリングをされます。

この情報に基づいてどの企業に紹介をするのか、そのためにどんな履歴書や職務経歴書にしないといけないのかが変わってくるわけですね。

 

もしも、この紹介された企業を受けないとしても、その企業に似たところだったり、同じような転職条件の企業相手には十分活用できるので、エージェントに添削して貰うのは有意義なわけです!

 

【注意】紹介を受ける気がないのは印象良くない

ここで注意点ですが、各転職エージェントのHPに進むとほとんどのところが「履歴書等の添削だけでもOK」と書いてあるかと思います。

なので、安心して添削だけしてもらって良いんですけど、「絶対に紹介を受ける気はないです」って意思表示してしまうのは避けて欲しいんです!

 

というのも、転職エージェントって紹介できないと給料が上がらないシステムになっているんですよね。紹介の可能性が全くないと分かったら手を抜くエージェントも少なくない。

自分の手柄含めて紹介が発生すると思って添削するのと、絶対に紹介はない利用者の添削をするのとでは、正直クオリティに差が出てもおかしくないです。

 

その良し悪しは置いておいて、損する可能性があることをわざわざする必要はないですよね。

なので、「良いところがあれば紹介も検討したいです」スタイルで面談に臨んで、その後に履歴書等を添削して貰うのが一番効果的な活用方法になります!

 

結論:多少の嘘が必要です

一旦結論ですが、転職エージェントは企業人事が応募者に求めていることを理解している分、企業にウケやすい履歴書等を作成することができます。

それは紹介された企業相手なら尚更効果はありますし、紹介された企業ではなく、自分が見つけた企業にでも充分に効果はあります!

 

ただし、そうしてもらうためには「絶対に紹介を受ける気はないと断言しないこと」が大切です。サポートの質が下がってしまう可能性があるからですね。

自分の転職がより良くなるために、転職エージェントを上手く操ってやろうくらいに思って活用するのがおすすめです!

 

とはいえ、こんな不安がある方もいるはず。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントから無理やり企業を紹介させられないか心配…。転職エージェント以外に使えるサービスないの?

 

これも結論からいうと、マジキャリという有料サービスがあります。

受講料は高額ですが、自己分析やキャリアプラン設計、転職サポートなど、今後10年間で必ず役に立ち続けるキャリア力を身に付けることができます!

 

何で有料なのか。転職エージェントと何が違うのか。本当に利用する価値があるのか。下記の記事で詳しく解説していますので、気になる方は是非参考にしてみてください。

【エージェントではなく自己投資】マジキャリの評判とデメリットを解説
【エージェントではなく自己投資】マジキャリの評判とデメリットを解説マジキャリは転職エージェントではなく、理想のキャリアを手に入れるための自己投資になります。費用も決して安いものではないので、「これから先の人生を本気で変えていきたい」という方にしかおすすめできません!...

 

最後に添削に向いている転職エージェントについてお話して終わりたいと思います。選定基準は「転職エージェントの質とサポート意識の高さ」です。

 

添削に向いている転職エージェントを紹介

添削に向いている転職エージェントを紹介今後、経験のある職種に就きたいのか、未経験職種に就きたいのかで履歴書の書き方は変わります。なので、その目的にあった転職エージェントを活用することが大切になってきます!

ということで、お話するのは下記のエージェントについて。↓↓

経験のある職種に転職する場合のエージェント

未経験職種に転職する場合のエージェント

 

経験のある職種に就きたいときの添削エージェント

これまでの職歴やスキルを活かして経験のある職種に転職し、待遇条件などを伸ばしたい場合は、それに特化されたエージェントを使わないと効果は激減します。

というのも、この転職の目的によって履歴書の書き方が変わってくるからなんですよね。

 

簡単にザックリ説明すると、経験を活かした転職の場合は、これまでの実績・経験から転職先で「即戦力でここまで成果を出せます!」って面接官や企業側に思わせる必要があります。

一方、未経験職種に転職する場合は、人間性やこれまでの職歴の継続性などを中心に「真面目に学んでいって数年後に成果を出してくれそう!」って思わせるようにすればOK。

 

経験を活かした転職の場合は、どうしても「即戦力で結論を出せるか」が重要になってくるので、「将来性の期待や学んでいく姿勢」をアピールしてしまうとかなりズレてしまうんですよね。

だからこそ、目的にあったエージェントを使わないといけないわけです!

 

そこで経験を活かした転職をしたい方におすすめするのが「リクルートエージェント」です。誰もが聴いたことのあるエージェントだと思いますし、最近CMでもよく見かけますよね。

リクルートエージェントは正にこれまでの職歴を活かして転職したい方向けのエージェント。紹介できる求人も未経験職種のものよりも経験がないと応募できないもののほうが多くなっています!

 

リクルートエージェントは交渉力が高いので、給料などの待遇条件向上に大きく期待できるのが強み。下記の記事でより詳しく解説してますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

【試すべき】リクルートエージェントのデメリットと活用方法を解説
【試すべき】リクルートエージェントのデメリットと活用方法を解説転職活動をしている人の8割が使用しているとされるリクルートエージェントでして、主にこれまでの経験を活かした転職をしたい方向けのサービスです。そんなリクルートエージェントのデメリットから活用の流れまで一気に解説!...

リクルートエージェントの面談予約はこちら【公式HPへ】

未経験職種に就きたいときの添削エージェント

未経験職種に転職したい場合は、先ほどもお話しましたが、人間性やこれまでの職歴の継続性などを中心に「真面目に学んでいって数年後に成果を出してくれそう!」って思わせるようにする必要があります。

人間性、忍耐性、信頼性などが必要になってくるわけですね。

 

じゃあ、どこのエージェントがおすすめなのかというと、「マイナビジョブ20‘s」がイチオシですね!

ここは20代の転職未経験者や、未経験職種に転職したい方向けのエージェントとなっているので、転職に慣れていない方に向けてしっかりとサポートしてくれます。

 

ここを活用するのであれば、紹介された企業を受けないとしても、しっかりと転職の相談に乗ってもらうのがおすすめです!

もちろん、相談する内容はある程度事前に考えておくのがベターですね。

【20代専用】マイナビジョブ20’sのデメリットと活用法を解説
【20代専用】マイナビジョブ20’sのデメリットと活用法を解説「転職活動が初めてで不安が大きい…」とか「初めての転職だから分からないことだらけ!」という転職初心者に向いているのが、マイナビジョブ20’sですね。デメリット含めて解説。...

マイナビジョブ20’sの面談予約はこちら【公式HPへ】

 

書類選考不要の転職エージェントもある

ちなみに、、そもそも書類選考がいらない転職エージェントをご紹介しておきます。

こちらはリクルートが運営している「就職Shop」というサービスでして、未経験職種に転職したい方や第二新卒に特化された転職エージェントになります。

 

なんで書類選考がないのかというと、先ほどもお話したような「未経験職種に転職したい方に求めるのは”真面目に学んでいって数年後に成果を出してくれそうな人材”」という評価軸に対して、人間性と信頼性で応募者を見極めましょうってしているからなんです。

もちろん、紹介先である企業もそれを理解したところだけ。

 

なので、書類選考で変に悩む時間もなくなりますし、その分応募できる企業の幅も広がるので、未経験職種に転職したい方や職歴に自信がない方は一度活用してみても良いんじゃないかなと思いますね!

下記の記事で詳しく解説しているので、良かったら参考にしてみてください!

就職Shopのデメリットと評判を解説【職歴に自信ない方は超有益】
就職Shopのデメリットと評判を解説【職歴に自信ない方は超有益】就職Shopの活用を迷っている方や気になっている方に向けて、特徴からメリット・デメリット、活用方法まで解説していきます!...

就職Shopの面談予約はこちら【公式HPへ】

 

参考記事一覧

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

マイナビジョブ20’sについてまとめた記事はこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

参考記事:マジキャリのリアル評判とデメリットについてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!