転職エージェント悩み

【固執厳禁】転職エージェントに面談して貰えないときの対処法を解説

【固執厳禁】転職エージェントに面談して貰えないときの対処法を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントが面談をしてくれない…。どうして面談すらしてくれないの?

 

結論からいうと、転職エージェントが面談をしてくれないのはよくあることなので、あまり固執してエージェントに相談しようとするのは良くないかなと思いますね。

エージェントが面談すらしてくれなくても対処法はありますし、これで転職活動が終わったわけではないですからね!

 

本記事を読み終わったころには希望が出てきていると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

4分あれば読み終わるかなと思います。

エージェントが面談をしてくれない理由

エージェントが面談をしてくれない理由エージェントが面談をしてくれない理由を大まかにいうと、「自分たちの利益に結び付かないからそこに時間をかけてられない」ということでして、ここを細かく解説すると下記の通りですね。↓↓

  • 紹介できる案件がないから
  • 他利用者の対応で忙しいから

 

紹介できる案件がないから

悲しいですけど、「紹介できる案件がないんだから、その応募者に時間をかけても仕方ないよね」っていうのが一番よくある理由ですね。

転職エージェントは利用者を企業に紹介しないと収益は得られないので、会社としては「収益が期待できないところに時間をかけるな」って思うわけです。

 

じゃあ、何をもって収益が期待できないって判断するのかというと、下記の2つの基準で判断されています。↓↓

  • 利用者に合う案件を所持しているか
  • 利用者の職歴に基づく紹介のしやすさ

 

利用者に合う案件を所持しているか

どちらかというとポジティブになれるのが「利用者に合う案件を転職エージェントが所持していないから」という理由で面談させて貰えないケースですね。

つまり、面談すらさせて貰えないのは転職エージェントの問題で、他の転職エージェントを活用してみれば一気に状況が好転するかもってことですね。

 

最近は職種を限定している転職エージェントもいますし、転職エージェントによってどの職種に強いかとかは変わってくるので、このケースはあまり悲観的になる必要はないです。

「こんなに良い人材を紹介できなくて残念だね」くらいに思っておけばいいかなと思いますよ!

 

利用者の職歴に基づく紹介のしやすさ

上記のケースとは逆に、少しネガティブになりやすいのが「利用者の職歴に基づく紹介のしやすさ」を基準に面談をしないと判断されたときですね。

転職エージェントを使えば必ず良い案件を紹介して貰えるわけではないですし、利用者の職歴とエージェントの特性が合わなければこういったことは起こります。

 

おそらく、これに関しては利用者側が「やっぱりか」というような感覚があるかなと思うんですよ。

というのも、僕も職歴がめちゃくちゃ不利なときに転職エージェントを活用したら、「この職歴だと紹介できるところはない」と言われた経験がありますから。

 

ただ、そんなことを転職エージェントに言われましたけど、そんな僕でもその後に期待以上の転職を成功させていますので、決して悲観的になる必要はないです!

本記事を読み進めて貰えれば必ず希望は出てきますので、引き続き僕にもう少し時間をください!

 

他利用者の対応で忙しいから

「新しく紹介先を探せば、もしかしたら紹介できるかもしれないけど、それをしている時間がない」という理由で面談すらして貰えないこともあります。

つまり、転職エージェント側が他利用者の対応で忙しいから面談すら進ませないということですね。

 

余程の怪しい転職エージェント、もしくは実績のない転職エージェント会社でない限り、上記理由で面談お断りの可能性はめちゃくちゃあります。

こういう転職エージェント会社であれば、実績を出すためにひたすら応募者に向き合いますからね。

 

ただ、問題なのは「面談をさせて貰えなかった理由が上記原因なんだと特定しづらい」ことなんですよね。

転職エージェントに聴いても返答してくれないと思うので、自分でポジティブにそう期待して、ササっと次の行動に移るしかないかなと。

 

でも、これも決して悲観する必要のないことなので「きっとこれから良いことが待っているぞ!」くらいに思っておくのが良いですよ!

 

結論:エージェントが面談をしてくれないのはあるある

一旦話をまとめますと、転職エージェントが面談をしてくれないのはあるあるでして、その理由としては下記の3つが挙げられます。↓↓

  • 利用者に合う案件がない
  • 利用者の職歴だと紹介が困難
  • 他利用者を優先されている

 

なんですけど、本記事で大切なのはここからのお話。

何度もお伝えしているように、本記事を読み終わったころには希望が出てきまして、その希望の元になるのがこれからお話する「エージェントが面談をしてくれないときの対処法」についてです。

 

ということで、もう少しだけ僕にお時間をくださいませ!

 

エージェントが面談してくれないときの対処法

エージェントが面談してくれないときの対処法転職エージェントが面談をしてくれないときの対処法は下記の通りです。↓↓

  • 他の転職エージェントを活用してみる
  • エージェント以外に相談する
  • 無理にお願いするのは絶対に損します

 

他の転職エージェントを活用してみる

まず、選択肢の中に入れておいてほしいのが「他の転職エージェントを活用してみる」ということ。

さっきもお話したように、面談してくれなかった転職エージェント側が「利用者に合う案件を持っていなかった」という場合もあるので、そんなエージェントのせいでこれからの可能性を狭めるのはめちゃくちゃ勿体無いです!

 

たとえば、未経験職種へ転職したい方がリクルートエージェントを利用すると同じような目に合う可能性があるので、同じリクルート運営でも「就職Shop」を利用するほうがエージェントの特性に合っているのでおすすめですね。

ちなみに、就職Shopは書類選考なしという特徴もあったりしまして、もちろんデメリットもあるわけですが、気になる方は下記の記事で解説しているので参考にしてみてくださいね!

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

「転職エージェントなんかもう使わない!」って思うのは3社くらいを活用してからじゃないと、転職が成功する可能性を狭めることになるので、もう少しだけ勇気を継続させましょう!

そして、必ず自分の転職条件とエージェントの特性がマッチしているように。

 

エージェント以外に相談する

これは中々難しいかもですけど、かなりおすすめの対処法なんですよね。

まず、何が難しいのかというと「誰に相談するのか」という選択です。ここを間違えると未来が大きく変わってしまうので、絶対に安易に選択しちゃダメです!

 

たとえば、よくSNSで有料で相談に乗っている人もいれば、無料で相談に乗っている人もいたり、経歴が嘘っぽい人もいれば、かなり信頼性のある経歴の方もいますね。

じゃあ、どういう基準で相談相手を選べばいいのかというと「その人の発信に対して共感ができるかどうか」になってきます。

 

僕みたいに個人ブログで情報発信している人もいれば、Twitterとかで情報発信している人もいます。

その情報発信から「あ、この人の考え方とか生き方は参考になるな」って思ったら相談してみる価値はあるんじゃないかなと。

 

もちろん、その人が言っていること全てが正しいわけではないので、受け止めてから取り入れるものは必ず取捨選択していきましょうね!

誰かに相談すると精神的にもかなり落ち着くと思うので、エージェント以外でも全然問題ないと思いますよ。

 

ちなみに、無理にお願いするのは絶対に損します

ちなみにですが「転職エージェントに面談して貰えるように再度お願いしてみる」という選択肢はありません。

なぜかというと、それで転職エージェントが首を縦に振る可能性はめちゃくちゃ低いですし、それでしてもらえたとしても質が低いものになりやすいからです。

 

さらに、あまりしつこくお願いしてしまうと、二度とそのエージェント会社からのサポートを受けられなくなる可能性もあるので要注意ですね。

「今後、再度利用することがあれば、そのときは何卒宜しくお願い致します」くらいの距離間がおすすめです。

 

まとめ:エージェントに固執するのは良くないです

エージェントに固執しても良いことは全くありませんし、面談して貰えないならササっと他の選択肢を選べばいいだけの話です!

他の選択肢のほうが結果的に良い可能性もあるので、ネガティブになる必要もないですからね。

 

他の転職エージェントの活用を検討しながら、エージェント以外に相談できる相手がいないか探してみるのが一番良いかなと思います!

良いことに期待して、どんどん前向きに進んでいきましょう!

 

関連のおすすめ記事

ハローワークとエージェントの併用についてのまとめ記事はこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!