転職エージェント悩み

転職エージェントは未経験職種希望だと相手にしないのか解説【本音】

転職エージェントは未経験職種希望だと相手にしないのか解説【本音】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
これまでの職歴とは違う未経験職種への転職を希望したら、転職エージェントって相手にしてくれないって本当??

 

結論からいうと、応募者が未経験職種を希望したときに相手にしてくれない転職エージェントもいます。

ご存知の通り、転職エージェントの給料システムがそうさせているわけでして、有名ところの転職エージェントを活用しても相手にされない可能性があるんですよ。

 

でも、全ての転職エージェントが相手にしないわけではなくて、逆に未経験職種への転職を得意としてるエージェントがいることも事実なんですよね!

なので、本記事ではここを深堀りします!3分ほどで読み終わります。

未経験職種希望だと相手にしないエージェントもいる

未経験職種希望だと相手にしないエージェントもいる未経験職種への転職を希望すると相手にしてくれない転職エージェントもいまして、ここの見極め方からお話していきます!

 

エージェントの特色で判別可能です

転職エージェントを活用したことない方からすれば、どのエージェントも同じに見えますよね。でも、未経験職種の転職を希望したときに相手にしてくれるかどうかの判別って意外と簡単なんですよ。

じゃあ、何を基準に判別するのかというと、下記の通りですね。↓↓

  • 宣伝にある応募者にとってのメリット
  • 応募者の過去と未来のどちらを見るか

 

応募者に対して、どんなメリットがあって、どんな特徴を宣伝しているのか。ここを見ることで未経験職種を希望したときに相手にしてくれるエージェントなのかは判別できます!

たとえば、自社の実績やキャリアアップを宣伝しているところだったり、応募者の過去をよく見るエージェントは相手にしてくれない可能性が高いですね。

 

リクルートエージェントだったり、dodaとかはこれまでの職歴を伸ばす転職を促す傾向にあるので、ここらへんは希望に合わないです。

「これまでの職歴を活かして、その職種でもっと待遇を良くしたい!」とかであればめちゃくちゃ良い転職エージェントなんですけどね。(笑)

 

逆に、比較的若めの応募者を対象としていたり、応募者の未来をよく見るエージェントは、
未経験職種を希望しても何ら問題ないです!

じゃあ、どんな転職エージェントが良いのか話なんですけど、ネタバレしてしまうと、リクルートが運営する「就職Shop」がかなりおすすめなんですよ。

 

ただ、どういう理由でおすすめなのかっていうのは、本記事の後半でお話させてください!

 

20代のうちに未経験職種に挑戦するべき

個人的に新しいことにチャレンジするのは何歳であっても関係ないと思うんですけど、企業に所属するとなると、やはり20代のうちにしておくのがベストなんですよね。

理由は下記の通り。↓↓

  • 20代は適職が分からず当然だから
  • 20代で未経験だと給料を抑えれるから
  • 30代以降のド新人は教育しづらいから

 

要は、企業側が「未経験職種からの転職を希望している応募者に対してどう考えるか」って話になってくるんですよ。

30代で適職が分からないとなると、「これまでちゃんと考えてこなかったの?」って思われる可能性が高かったり、「20代で未経験だったら30代よりも給料を抑えられるからいいね」って思われるわけですね。

 

30代の未経験者よりも、20代の未経験者のほうが圧倒的に採用されやすいので、チャレンジするなら早め早めが絶対に良きです!

 

良い転職エージェントを使えば可能性は広がる

じゃあ、いまのうちに転職するべきと分かったところで原点に戻ると、「結局、未経験職種希望のときは自力ですべきなの?転職エージェントを活用すべきなの?」っていう疑問が出てくると思うんですよね。

結論からいうと、良い転職エージェントを使えば可能性は広がります

 

エージェントを使えば絶対に受かるとは限らないですけど、自力で応募してたら書類選考が原因で面接まで進めなかったところが、転職エージェントを使うことで面接にこぎつけてくれることもあります。

転職エージェントが教えてくれる企業ごとの面接対策で受かりやすくなるなんてこともありますね。

 

エージェントを使えば絶対に受かるわけではないんだけど、未経験職種への転職に合ったエージェントを使えば転職の可能性は絶対に広がります!

保険感覚くらいで使っておくのも良い考え方だと思いますね。使う分には損なしですので。

 

ちなみにですが、コロナ禍以降の転職では経験者採用が増えている傾向にあり、未経験者にとっては厳しい状況になっています。

しばらくは、「即戦力重視」のこの状況が続くはずなので、そういう意味でも転職エージェントを使っておくことは重要になってきますよ!

 

結論:目的に合った転職エージェントの選択が大切

リクルートエージェントだったり、dodaとかはこれまでの職歴を伸ばす転職を促す傾向にあるので、ここらへんは希望に合わないですけど、未経験職種に合った転職エージェントを活用すれば効果は大アリです。

コロナ禍の転職市場で成功するためには、今後はさらに「目的に合った転職エージェントをどう上手く利用してやるか」っていうのが重要になってきますからね。

 

ここを踏まえて、いざ、未経験職種への転職におすすめの転職エージェント「就職Shop」について最後にお話していきます!

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

未経験職種希望に合った転職エージェント

未経験職種希望に合った転職エージェント未経験職種への転職に合った転職エージェントをめちゃくちゃ厳選するとここしかないよねってなります。

 

リクルート運営の「就職Shop」がおすすめです

「就職Shop」の特徴って全部合わせると8個くらいあるんですけど、こちらも厳選してお伝えしていきます。

厳選した特徴がこちら。↓↓

  • 書類選考なしで利用可能
  • 正社員未経験の利用者多数
  • 応募者の希望に合った求人紹介

 

どれも未経験職種への転職を希望する方にとっては有難い特徴ですよね。

就職Shopは元々、「あなたの可能性はあなたが思うより大きい」をモットーとして掲げているので、こういった未経験職種へ転職したい方歓迎のサービス内容になっています!

 

取引先の企業が1万社を超えていて、そのどれもが未経験者歓迎ということ。そして、就職Shopを利用する応募者は20代が9割を超えていて、正社員経験がない方も多い。

ここまで未経験職種への転職に合っている転職エージェントってないんですよね。

 

とはいえ、デメリットも当然ながらありまして、それがこちら。↓↓

  • 人気のため予約を取れないときがある
  • 面談の必要がある ※現在はWEB対応
  • 18~30歳の若者に特化されている

 

未経験職種への転職が難しくなっているコロナ禍だからこそ、就職Shopを活用している人はめちゃくちゃ増えています。

だからこその人気ぶりと、そのせいで面談の予約がとりにくいときもあったりするので、そこは少しデメリットになりますね。

 

絶対的なデメリットとしては、30歳以降の方は利用できないというところなので、ここさえ問題なければ、利用してやる価値はありますよ!

就職Shop 

※↑公式サイトに飛べます。いきなり面談予約にはならないのでご安心を!

 

まとめ:未経験職種への転職はやり切りが大切

未経験職種へ転職したいとなると、「どこまで成功するために行動できるか。やり切れるか」ってことが大切になってきます。

ダラダラと無策に行動していたら苦労するだけですし、残念ながらいまの社会状況的にもその傾向は加速しています。

 

だからこそ、転職エージェントを利用してやる精神は必要ですし、ただエージェントを利用するのではなくて、目的に合ったエージェントを選ぶことが重要になってくる。

逆に、やり切れる人は必ず成功できるので、あとは自分次第ですね!

 

おすすめの転職エージェント

就職Shop

 

関連のおすすめ記事

就職Shopについてまとめた記事はこちら

転職エージェントは役に立たないと思った方向けの記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!