転職エージェント悩み

【現役の裏話】転職エージェントの紹介先がブラックばかりの理由2つ

【現役の裏話】転職エージェントの紹介先がブラックばかりの理由2つ

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントを活用してもブラックばかり紹介されるって本当…?

 

結論からいうと、転職エージェントから紹介されるところがことごとくブラックばかりなことはあるんですよね。

転職活動に慣れていなかったり、初めてエージェントを使う方からすると、「ほらね、転職エージェントってやっぱり噂通り使わないほうがいいじゃん!」ってなるわけですが、もちろんのこと解決策はあります!

 

そもそもなんでブラックばかり紹介されるのか、どうすればそういう転職エージェントを避けられるのか。

理由と解決策を4分くらいでお話していきます!

転職エージェントの紹介先がブラックばかりな理由2つ

転職エージェントの紹介先がブラックばかりな理由2つ早速ですが、転職エージェントからの紹介先がブラックばかりな理由は下記の2つですね。↓↓

  • 転職目的とエージェントが合ってない
  • 紹介が難しい職歴である

 

転職目的に対してエージェントが合ってない

まず、お伝えしたいのが、「どういう転職目的なのかによって使うべき転職エージェントは異なる」ってことですね。

「転職エージェントって全然使えないじゃん!」って思う方のほとんどは、ここでミスマッチを起こしている可能性大なんです。

 

というのも、転職エージェントによって、得意としている職種だったり、ターゲットとしている応募者像っていうのは異なるんですよ。

経験職種への紹介を得意としているエージェントもいれば、未経験職種への紹介を得意としてるエージェントもいるわけです。

 

たとえば、リクルートエージェントなんかは経験職種への紹介を得意としているので、ここに未経験職種への紹介を求めちゃうと効果は半減以下なんですよね。

逆に、同じリクルート運営でも就職Shopなんかは未経験職種への紹介を得意としています。

 

じゃあ、自分たちとマッチしない応募者が来たら、転職エージェントはどうするのか。ここで出てくるのが常に人不足であるブラック企業たちですね。

「せっかくの応募者を逃がすのは勿体ないし、人材が欲しい企業はあるんだから流せるなら流そう」って感じでブラック企業を紹介してくるわけです。

 

応募者にとっては個人的な転職活動ですが、転職エージェントにとってはビジネスなので、「少しでも売上を出すために紹介するだけ紹介してみる」なんてのが起こるんですよね。

だからこそ、原因である転職エージェントの特徴と自分の転職目的が合わないってことを避けるのが大切になってきます!

 

紹介が難しい職歴である

いわゆるホワイト企業っていうのは、求めている人材像が明確になっていることが多いです。

たとえば、「営業経験3年以上」だとか「求人には書けないけど、転職回数が3回以内」だとかですね。

 

何が言いたいのかというと、転職エージェントが所持しているホワイト企業には紹介するのが難しい職歴を持った応募者もいるということ。

「その職歴だと希望通りの良い企業を紹介するのは難しいな…」とエージェントが思って、結果的にブラック企業を紹介することになるわけですね。

 

自社の売りだったり、強みとマッチしない応募者にはそこまで対応せず、他の合う応募者を優先していく。

エージェントからすれば、あくまでもビジネスですので、ここらへんは仕方ないといえば仕方ないですね。

 

特化型エージェントは当てにならない

ちなみにですが、特化型エージェントに総合的な職種の転職サポートを期待するのはおすすめしません。

なぜかというと、特化型転職エージェントはあくまでも特化した職種への紹介が強みであって、それ以外の職種はブラック企業を中心にいつでも紹介できるところがほとんどを占めているからですね。

 

たとえば、IT系の転職に強い転職エージェントを活用しておいて、営業の仕事を紹介して貰おうとすると、紹介して貰えたところはブラック企業ばかりだったなんてことになるわけですね。

なので、「特化型エージェントはあくまでも特化された職種のみに使えるエージェント」って認識しておくのがおすすめです!

 

結論:エージェントの紹介先がブラックばかりはあり得る

一旦話をまとめますと、エージェントからの紹介先がブラックばかりはあり得まして、そうなる理由は下記の通りですね。↓↓

  • 転職目的とエージェントが合ってない
  • 紹介が難しい職歴である

 

ただ、ここまでのお話で感づいている方もいるかなと思うんですけど、対策次第でブラックばかり紹介されるエージェントとはお付き合いしなくて済むんですよね。

最後に、ここのお話をして終わります!もう少しだけお付き合いくださいね。

 

自分に合うエージェントを使うのが解決策です

自分に合うエージェントを使うのが解決策です対策はめちゃくちゃ簡単でして、自分の転職目的に合った転職エージェントを活用しようってことですね。

 

経験職種への転職はリクルートエージェント

本記事前半でもお話したように、リクルートエージェントは未経験職種への転職には効果半減ですが、経験職種への転職であればかなり有益なエージェントなんですよね。

案件数は業界で一番多いですし、ここのエージェントは交渉事が強い傾向にあるので、給与交渉だったり、入社日の調整などで調整したいときはめちゃくちゃ強い味方になります。

 

正直、経験職種への転職サポートはリクルートエージェントが別格でして、あとのマイナーの転職エージェント含め、他の転職エージェントはあまりおすすめできないんですよね。

小さい転職エージェントほど案件数は少ないですし、マイナーな転職エージェントが取ってこれる案件は限られていて、それこそブラックレベルは多くなりますからね。

 

なので、経験職種への転職を希望する場合は、まずはリクルートエージェントを利用してみることをおすすめします!

リクルートエージェントに関しては下記の記事でさらに細かくデメリットやメリットなどを解説してますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

 

未経験職種への転職は一択です

そして、未経験職種への転職の場合は一択でして、本記事前半でお話したリクルート運営の「就職Shop」がおすすめですね。

おすすめの理由は下記3つ。↓↓

  • リクルート運営の安心基盤
  • 丁寧かつ誠実なサポート
  • 未経験職種や第二新卒の転職特化

 

応募者のターゲットが被っているマイナビ20’sよりもサポートは丁寧で誠実ですし、より未経験職種や第二新卒の転職に特化しているので、めちゃくちゃおすすめなエージェントですね。

一番の特徴が「書類選考なし」なので、職歴に不安がある方も活用してみると良いですよ!

 

ただ、当然ながら就職Shopにもデメリットはありまして、下記の記事で詳しくまとめてあるので、良かったら参考にしてみてくださいね。

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:転職エージェントの選び方次第です

転職エージェントからの紹介がブラックばかりかどうかは、最初のエージェント選びがめちゃくちゃ肝心です。

転職目的や条件を明確にして、それに合うエージェントを活用すること。

 

ここを意識するだけでかなり変わってくるので、ぜひ実践してみてくださいね!

 

関連のおすすめ記事

リクルートエージェントについてまとめた記事がこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

転職エージェントが役に立たないと思う方向けの記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!