転職エージェント悩み

転職エージェントを使わないほうがいいか解説【結論:状況次第です】

転職エージェントを使わないほうがいいか解説【結論:状況次第です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職エージェントを使わないほうがいいの?

 

結論からいうと、当然ながら転職エージェントを使わないでも転職はできます。

だけど、使わない方がいいというのは一概には言い切れませんし、使った方が転職の可能性が広がるのは間違いないです。

 

ここはどうしてもあなたの状況次第で変わってくるところなので、本記事で整理してもらえたらなと思います!

3分ほどで読み終わるかなと思います。

転職エージェントを使わないでもいい人の特徴

転職エージェントを使わないでもいい人の特徴まず、転職エージェントを使わないでもいい人の特徴が下記の通り。↓↓

  • 転職活動に具体的な期限がない
  • 自分のペースで転職活動を進めたい
  • 転職したいかどうか微妙

 

転職活動に具体的な期限がない

いつまでに転職をしたいのかの希望がない方、「いつまでに職がないと生活的にヤバい!」という焦りがない方は、特に転職エージェントを使わないでもいいかなと思います。

というのも、転職エージェントってずっと応募者をサポートすることはできないんですよ。

 

エージェントは1人で何十人の応募者を担当しているので、とにかく時間に追われることが多いんですよね。

1人の応募者に対して、定期的にずっと案件を打診し続けるのは不可能ですし、多くても2回くらいで、期間でいえば3ヵ月くらいがサポート期間になります。

 

もちろん、その3ヵ月は「エージェントとの面談、面接対策、企業へ紹介」の段階を一通り含めるので、最初のエージェントとの面談だけで何ヶ月も活用することはまず難しいですね。

なので、このスピード感が合わない状況の方はまだ転職エージェントは使わないでいいかなと思います。

 

転職する目的や希望する条件、いつまでに転職するかなどを決めてからでも遅くないので、まずはここを明確にすることが優先ですね!

 

自分のペースで常に転職活動を進めたい

転職エージェントを使うと、どうしてもお互いにペースを合わせる必要が出てきます。そうしないと企業にスムーズに紹介できないからですね。

面接日の調整や面接対策、履歴書等の作成など、エージェントが介入する分だけ早い対応が求められるわけです。

 

応募者の希望を基に行うわけですが、それでも自分のペースで常にいられるわけではないので、ここが苦手な方は転職エージェントは使わないでいいかなと思います。

もちろん、エージェントが介入することで給料額の交渉や入職時期の交渉などで役立つことはありますけどね。

 

転職したいかどうかが微妙

「本当に転職したいのか気持ちがまだ定まらない」とか「いまの職場に残りたい気もするし、特にやりたい仕事もない」っていう思いがある方は、転職エージェントは使わないでいいかなと思います!

というより、まずは自己分析をしてみたらいいんじゃないかなと思いますよ。

 

自己分析をすることで得られる効果として、特に重要になってくるのがこちら。↓↓

  • 転職の必要性が理解できる
  • 自分の将来ビジョンを創れる

 

現在の仕事に対して満足しているのか。本当に転職しないといけないのか。この先どんなキャリアプランに向かっていくのか。

転職活動をするとしたらここが基盤になってくるので、あとあとに困らないようにとにかく時間をかけて考えるのがおすすめです!

 

特に、自分自身のキャリアプランと、入社後に転職先でどう貢献していくかという2つのキャリアプランは面接のときに聴かれることがありますからね。

自己分析が苦手な方は、スマホで簡単にできるこちらをやっておくといいかもです!

日本の人事部HRアワード2019最優秀賞「ミイダス」の無料診断はこちら

転職エージェントを使ったほうがいい人の特徴

転職エージェントを使ったほうがいい人の特徴逆に、転職エージェントを使ったほうがいい人の特徴がこちら。↓↓

  • 1ヵ月以内に転職したい
  • 既に転職活動に苦戦している
  • 未経験の職種にチャレンジしたい

 

1ヵ月以内に転職したい

先ほどもお話しましたが、転職エージェントは良くも悪くもスピード感があります。

なので、自分が応募したいと思う紹介先があれば、「エージェントを活用してから早くて2週間くらいで内定を貰えた」なんてこともあり得ます!

 

もちろん、転職サイトだけを使っても1ヶ月転職はできるとは思いますよ。

なんですけど、転職サイトで応募するよりも、転職エージェント経由で応募するほうが企業側の対応は早くなりますし、面接対策を教えてくれる分、内定を貰える可能性も高まりますからね!

 

なので、「1ヶ月以内に転職したい!」であったり、「なるはやで転職したい!」という方は複数の転職サイトを徘徊しつつ、自分の転職条件に合ったエージェントを1つでも活用しておくと良いかなと思いますよ!

 

既に転職活動に苦戦している

「既に転職活動を始めているけど、どうも書類選考で落ちたり、一次面接で落とされてしまう」なんていう状況であれば、エージェントの修正力に期待アリです。

たとえば、下記のことをエージェントが一緒になって修正してくれます。↓↓

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接の指導
  • 自己分析の手伝い

 

転職活動に苦戦しているということは、上記3点で改善が必要なケースがほとんどなんですけど、これらって主観的ではなく、客観的に見ないと改善は難しいんですよ。

友達や上司などに手伝ってもらうのもアリですが、一番はプロに修正してもらうことかなと思いますね。

 

ちなみに、そもそも「書類選考に自信がない!」という方はリクルートが運営している「就職Shop」という転職エージェントを活用してみると良いですよ!

書類選考なしで使える転職エージェントなので、「職歴に自信はないけど、面接までいけばあとは自信ある!」っていう方におすすめですね。

 

下記の記事で活用するときのデメリットやメリット、活用方法までまとめてあるので、良かったら参考にしてみてくださいね!

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

未経験の職種にチャレンジしたい

未経験職種にチャレンジすることってワクワクがあったり、「これこそやりたかったことかも!」っていう気持ちがあると思うので、全然避ける必要はないと思うんですよね。

ずっと1つの職種にってほうが現代では珍しい感じありますしね。(笑)

 

とはいえです。

チャレンジする価値はめちゃくちゃあるんですけど、とはいえ、未経験職種への転職ってどうしても苦戦することが多いんですよね。

 

特に年齢面で苦戦することが多くて、未経験職種に転職できるのって30代前半がギリギリで、それ以上の年齢だと採用される可能性はかなり低くなっていきます。

もちろん、20代であっても門前払いされることもありますし、逆に余裕で受かるところは人の出入りが激しいブラックだったりするんですよね。

 

そこで役に立つのが転職エージェントでして、エージェントが介入することでまずは書類選考を突破しやすくなりますし、エージェントのコネでかなり優位に進められるなんてことが結構あります!

「未経験職種への転職こそ転職エージェントを使わないと難しい」というのはあるあるなので、エージェントは使っておいて絶対に損なしだと思いますね。

 

未経験職種への転職について深堀りした記事を貼っておくので、参考までに。

未経験の転職を成功させる方法を解説した記事はこちら

 

まとめ:転職エージェントを使わないほうがいい人もいる

エージェントとして普段から働いて、尚且つ転職経験のある僕からすると、上記が結論になってきますね。

無理して転職エージェントを使う必要はないですし、いま使っても効果が期待できないなんてこともありますから。

 

だけど、転職エージェントを活用すれば転職の可能性が広がりやすいですし、ここは正直どんな人でも有難い話なんじゃないかなと。

実際に、ここの可能性を広げずに、なあなあで転職先を決めてしまい、転職後に後悔している人はたくさんいますからね。

 

実のところ、過去の僕もその内の1人なんですよ。

なんとか転職するギリギリで採用を辞退し、ブラック企業に入社することは逃れられましたけど、転職エージェントで可能性を探るのをめんどくさがって適当に決めてしまったことをかなり反省しましたもん。

 

なので、「転職エージェントを使わないでもいい人はいるけれど、使って可能性を広げておいて損はないんだよ」っていうのが結論ですね!

 

本記事でご紹介した記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

未経験の転職を成功させる方法を解説した記事はこちら

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!皆さんのお力になれたら嬉しいです!